【ISO22000入門】認証取得のキホンと規格要求事項を徹底解説

  • ISO22000は食品安全マネジメントシステムに関する規格である
  • ISO22000は品質マネジメントシステム規格のISO9001と食品衛生管理手法のHACCPを合わせた規格とも表現される

食品安全衛生管理に関わる人であれば、『HACCP』や『FSSC22000』、『ISO 22000』の導入を意識しているのではないでしょうか?このページでは、食品衛生管理に関する 規格 において『ISO22000』はどのような位置づけ7なのか。もし、ISO22000を取得する場合、何を理解すれば良いのか、どのような手順を踏めば良いのかなどを解説しています。基本的な情報を中心に記載しているので、簡単にISO22000を把握できる内容です。

img_iso9001_02
ISOとは世界基準のモノサシです。
ISO22000は『食品安全管理』を実施するための国際規格であり、食品工場や販売店、飲食店、生産者などの食品関連事業者が取り入れることで、消費者の口に届くまでの食品安全を守る仕組みづくりの基準のことです
ISO22000とは?
ISO22000が登場した背景として、フードチェーン(食品の一次生産から販売までの全ての工程)において『食の安全を守る仕組み』として品質管理のISO9001と食品安全管理のガイドラインであるHACCPの考え方が融合した国際標準化機構の規格です。危害要因などによるリスクを減らし、安全な食品を製造することを目的とした食品マネジメントに関する規格となります。
食品を取り扱う企業や組織は幅広く、企業や組織の数だけ食の安全を守る手段が異なります。関連する規格としてFSSC22000がありますが、こちらは具体的な基準がきちんと定まっていることから柔軟な対応が難しいです。その一方でISO22000は業種や企業、組織が柔軟に対応できる規格です。

FSMS(食品安全マネジメントシステム)とは

FSMSとは、FoodSafetyManagementSystemの略で、食品安全マネジメントシステムのことです。
HACCPの手法をベースに食品の安全を実現するために、食品安全を脅かす危害要因を適切に管理し、低減や除去をするためのマネジメントシステムです。

食安全の認証・規格

img_iso9001_02
ISO22000
HACCPを核とした食品安全マネジメント規格
FSSC22000
ISO22000をベースに追加要求事項が増え、より高度の食品製造環境を求めている。
JFS-A~C規格
日本版ISO22000とも称されるが要求項目により、一般的衛生管理を中心としたA規格から要求事項の高いC規格と3区分に分かれる。

ISO22000要求事項

要求事項とは、ISO22000を取得するために企業が実現すべき基本的な要件のことです。
これからISO22000を取得しようとする企業や既に運用している企業はこの要求事項の要件を満たしておく必要があります。
ISO22000の要求事項では、食品安全を守るためのプロセスがきちんと動いているのかを判断します。

1.適用範囲
2.引用規格
3.用語及び定義
4.組織の状況
  • PDCAのPにあたる部分で、組織における内外の状況の理解や利害関係者のニーズを理解した上で、食品安全マネジメントシステムの適用範囲の決定などを行っていきます。
5.リーダーシップ及び働く人の参加
  • PDCAのPにあたる部分で、食品安全目標の達成のために全員が積極的に参加している状況を作り出すことをトップの役割として、食品安全を確保するための計画の作成や必要な組織体制の確立、権限などを明確にしていきます。
6.計画
  • PDCAのPにあたる部分で、リスクや機会の活動計画策定や食品安全方針に従った目標設定などを行います。食品安全マネジメントシステムの変更の場合についても計画的に行うことが求められています。
7.支援
  • PDCAのPにあたる部分で、組織の文化や社風、仕事の環境、情報などの資源を特定・管理していきます。管理対象の文書化も求められています。
8.運用
  • PDCAのDにあたる部分でHACCPシステムの構築を中心に、製品や製造、サービスの計画や管理などについて定めています。不適合の製品が出た場合の誤って使用されない方法や不適合製品を出さない仕組み化も求められています。
9.パフォーマンス評価
  • PDCAのCにあたる部分で、監視測定の方法を明確にします。食品安全の確認や分析、運用状況が適正か自社内でのチェックも行います。トップによる運用などの確認・評価も求められています。
10.改善
  • PDCAのAにあたる部分で、顧客満足向上のために何を改善するか決めていきます。不適合の場合の対応や是正処置、是正処置が有効だったかを評価記録します。継続的な改善が求められています。
食品安全方針・食品安全目標
ISO22000を構築するにあたって、決定の基準となる『食品安全方針』と構築に向けて具体的に達成すべき『食品安全目標』の2つを定める必要があります。
食品安全方針は、食品を取り扱う事業者が実現したいと考える方針のことで、組織の内外の状況や取引先、顧客からの要求、経営方針などに基づいて決定されます。
食品安全目標は、食品安全方針と整合性の取れた組織が達成すべき具体的な目標のことです。この目標は食品安全方針を実現するためのものであり、食品安全計画を遂行することによって達成されます。

食品業界全体におけるISO22000の重要性

食品の流通は、食品を食べる消費者の健康を守るため、安全が確保されたものを流通させなければいけません。食の安全を守るため、食品業界は自社だけではなく一次生産から販売までの一連の流れで考えないといけないのです。そのため、食品安全の国際規格であるISO22000は重要な存在になっています。
例えば、大手食品事業者であれば、FSSC22000を取得しており、自社が提供する食品のフードチェーンを監視する役割があるので、一次生産から販売までの工程に関わる食品事業者にISO22000の取得を求める場合があります。大手食品事業者以外でもスーパーで販売する食品はISO22000を取得した卸売業者や食品加工業者から仕入れること、食品加工業者などもISO22000を取得した生産者から仕入れることで全体的に食の安全を守りながら消費者の元へと届けることができます。

食品の安全には「絶対」はありません。このようなリスクを減らすためにPRP(一般衛生管理)をベースにOPRP (危害の低減)とCCP(危害の除去)を徹底することで食品業界全体で食の安全を守り、消費者が安心して口にできるものを提供する流れを作ることにISO22000の考え方が重要となります。

OPRPとCCPの違いって!?
オペレーションPRP(OPRP)とCCPは何が違うのでしょうか。
OPRPはCCPのような管理基準を持たないものの危害を低減させるため目視検査やマグネットによる金属除去などの手法を用いることで危害を低減させます。
一方でCCPの場合は、管理上絶対にミスが許されない重要管理点のことで、一定の管理基準を持ち、モニタリングや全量検査、担当者記録など検査をすることが大前提となります。
このような違いから管理手段によってOPRPもしくはCCPで管理するのか決めます。

どのような目的で取得されるのか

ISO22000は食品関連のあらゆる業種対応可
製造業・農業・包装資材・食品流通業等の業種にて取得可能。
大手量販等流通事業者の取引先への取得要請
サプライヤーに対して、昨今認証取得を要請事例も散見される。
特に新規商談時などに未取得の場合の取得要望調査や時期について意向を問われる場合もある。商圏の拡大に伴い取得要請の動きは加速しつつある。HACCP制度化に伴い(最長2021年6月)何らかの意思表示は必要。
加工原料製造メーカーのISO22000取得の動き
顧客に加工食品メーカーの加工原料供給(液糖・農産加工品・調味料エキス類等の業者間取引)は顧客要請に基き認証取得の動きが拡がりつつある。加工食品メーカーの認証取得の場合は尚更、仕入れ原料の安全管理は必須なため、拍車がかかっている。
加工食品の輸出取扱い企業
輸出国の要請及び輸出品内容により、必要条件として認証を求められる場合がある。今後益々要請が活発になると言われている。
ISO22000は食品関連の事業者が広く業種を問わず取得可能な要求構造になっています。特に主要取引先の要望事項によって取得を決められる企業も増加しています。取引先とは流通販売企業はもとより、原料として供給を受ける製造メーカーからも要求が増加している状況です。
又、輸出を考える食品製造業者は、対象相手国によっては認証取得を求められる場合もあります。そのような事業者毎の事情に応じて認証取得を迫られるケースが増えてきました。
ISO22000はどんな業種が導入しているの?
ISO22000は食品関連の様々な業種で取得されています。
食品製造業、農業、包装資材、食品流通業等などの業種が挙げられます。

ISO22000取得の流れについて

ISO22000の内容を把握したら次はISO取得の流れについて理解してみましょう。
流れを理解することで、取得までの全体像の理解や最初はどこから着手すれば良いのかなど知ることができます。

ISO認証 取得までの基本的な流れは各規格同様となっています。
ISO取得のための準備を行い、ISO規格の要求事項に沿ったマネジメントシステムを構築、運用しましょう。その上で審査を受け、通過することでISO規格の認証取得となります。詳しい詳細はこちらのページで確認できます。

ISOプロからのお知らせ:セミナー開催!

今回ISOプロではHACCPをはじめとした食品安全マネジメントシステムのセミナーの開催を予定しております。

消費者の食品に対する安全・衛星への要求が高まってきている現代で、厚生労働省が食品製造業を対象にHACCP導入の義務化の動きが出てきています。今のうちからできる事や費用感であったり、セミナーを通じてHACCPの導入のあれこれを細かく解説していきます。

この記事の監修者情報
清水正敏 ( ISO マネジメントシステム構築運用コンサルタント /ISO 品質システム&食品安全システム審査員 )
平成15年ISO品質システム審査員登録、平成20年からQMS 審査員としていくつかの審査機関の審査に従事。システム論と問題解決技法とを統合したマネジメント手法によるマネジメントシステム構築と運用の支援を標榜し、コンサルタント及び研修講師、審査員を勤める傍ら、取材・文筆など多方面で活躍。主な著書は『竹輪の頭はどっち?!』(メタブレーン)『ISO 審査革命』(オンブック)など。

ISO取得・運用ガイド

ISOを初めて取得する方や運用中の方のお悩みを基礎知識から実際の取得・構築・運用・継続や更新についてステップ形式で解説していきます。気になる費用などの情報も満載です。

こんな方に読んでほしい

  • ISOを初めて取得する方
  • すでにISO運用中の方

自社取得、自社運用、アウトソーシングをするための基礎知識や流れをご説明します。

インタビュー

タレント揃い!「人」にこだわるIT企業のISO導入成功の鍵

ISOプロ講座 ISOプロ講座 HACCPプロ講座 HACCPセミナー マンガで分かるISOプロ お電話での問い合わせ コンサルタント募集
WEB相談