ISO45001コラム一覧

ISO45001コラム一覧ページです。 OSHMS認証の取得や運用に関する情報を 「わかりやすく」をテーマに発信しています。自社のOSHMS認証の取得・運用にお役立てください。

ISO45001コラム一覧(新着順)

ISO45001を取得したほうが良い業種とは?

労働安全衛生マネジメントシステムの国際認証規格であるISO45001。認証を取得することで官公庁入札案件の加点対象となったり、組織の採用活動での優位性をアピールすることができたりと、様々なメリットがある規格でありますが、具体的にISO450…

ISO45001におけるリスクアセスメントの流れについて理解しよう

ISO45001規格の労働安全衛生マネジメントシステムでは、危険源を特定してその危険源がどの程度の影響を持つのかということについて調査し、評価する必要があります。この一連のプロセスはリスクアセスメントと呼ばれるものですが、初めてマネジメント…

ISO45001の労働安全衛生目標・労働安全衛生方針とは?

ISO45001規格の労働安全衛生マネジメントシステムを構築するためには、労働安全衛生方針と労働安全衛生目標を決定する必要があります。この労働安全衛生方針と労働安全衛生目標は、ISO45001規格の労働安全衛生マネジメントシステムの基軸とな…

ISO45001の対象者の定義や範囲はどこまで?

労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格であるISO45001。この規格は、適用範囲というものを決定する必要がありますが、近年の働き方の多様化によって、その境界線は曖昧になってきています。 一方ISO45001では、「職場」や「働く…

ISO45001におけるトップマネジメントの役割とは

労働安全衛生マネジメントシステムの認証規格であるISO45001。この規格は労働安全衛生を継続的に改善していくための枠組みを提供しています。これはISO規格に共通することですが、トップマネジメントの役割というものは複数あります。 今回…

労働安全衛生方針ってどんなもの?

「労働安全衛生方針」は、労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)の認証取得有無に関わらず、事業場全体で安全衛生管理・労働災害防止活動に取り組む際に重要になります。事業者(経営者)は、国内における労働環境や労働災害状況、労働安全衛生に関…

ISO45001における「危険源」とはどのようなもの?

ISO45001における「危険源」という用語は、リスク管理プロセス(リスクアセスメント)や各組織によってその定義に多少の違いがあり、リスク=危険源と定義し単純に読み替え可能なものもあれば、リスク≠危険源というケースもあります。ここでは、IS…

OHSASとは?概要を分かりやすく解説

近年の日本では、働き方改革関連法の施行など、政府の動向も後押しして労働問題が顕在化し始めました。2019年からは有給休暇消化の義務化などが全事業者を対象として義務付けられるなど、企業の負担が増すばかりですが、それでも「労働安全」は企業の義務…

【初めての人向け】OSHMSとは?分かりやすく解説

近年の日本は様々な労働問題が顕在化しており、企業が気を配らなければならない労働者の健康の範囲はますます大きくなってきています。しかし、ただ単純に日本の法律を守るだけでは、その労働安全衛生水準は「最低限」のものにしかなりません。そんな中注目が…

労働安全衛生マネジメントシステムの有効性とは

ISO45001の認証審査では、労働安全衛生マネジメントシステムの有効性というものが評価されます。——この有効性とはどういった意味を持ち、どのような状態が「有効性がある」とみなされるのでしょうか? 今回は、労働安全衛生マネジメントシス…

1 2 3 4
インタビュー

これぞ従業員の意識改革!製造販売業が取り入れた総合マネジメントシステム

ISOプロ講座 HACCPプロ講座 HACCPセミナー マンガで分かるISOプロ お電話での問い合わせ コンサルタント募集
WEB相談