よくあるご質問

よくあるご質問一覧

訪問しないことで、ISOの取得に支障はでますか?
基本的には支障はございません。ヒアリング方法は対面で行うものと変わりなく実施しています。お客様のデータが必要なときは画面共有などで拝見しますので、対面よりも効率が上がる一面もございます。
ITサービス業なのですが、訪問1回もせずに取得は可能なのでしょうか?
はい、可能です。現場確認など目視で確認が不要な場合は、オンライン上で必要な業務を済ませることができます。現場確認が必要かどうかはご相談ください。
担当者が在宅勤務でもISOを取得できますか?
はい、認証取得は可能です。ただし現場確認が必要な業態(製造業や建設業)では、現場での運用が確実に行われるようにするため、現場でご対応いただく必要な場合があります。
FSSC22000は改訂が多いようですが、都度対応しないといけないのでしょうか?
次の審査までに、自社が関係する箇所を修正していれば問題ありません。FSSC22000を承認しているGFSIは重大な食品事故などがあると要求事項の改訂を行います。GFSI承認スキームである、FSSC22000もGFSIとの同等性を維持するために改訂が必要となるため、FSSC22000認証を取得している企業も対応が必要となります。
FSSC22000を調べていると、GFSI承認スキームという言葉をよく目にしますが何のことですか?
食品安全を推進するGFSIという世界的に活動する団体が、独自に策定した食品安全に関する要求事項と同等性があると認めたスキーム(食品安全規格)のことをGFSI承認スキームと言います。FSSC22000、SQFなどがGFSI承認スキームとなっています。
HACCPとFSSC22000の違いを教えてください
HACCPはあくまで食品安全のための衛生管理手法で、FSSC22000のような認証制度がある食品安全規格ではありません。FSSC22000では、HACCPの衛生管理手法の実践を要求事項で求めています。カンタンにまとめると、HACCPは手法、FSSC22000はその手法も取り入れている食品安全規格という構図になります。
FSSC22000が取得できる業種は何がありますか?食品包装業なのですが取得できますか?
食品の容器包装業も取得可能です。その他には、食品製造、畜産・水産、動物の飼料製造、ケータリング、小売/卸売、輸送及び保管サービス、生化学製品の製造などの業種が取得することができます。反対に現段階では、農業や食品の仲買/取引、サービス、装置の製造などは対象外となっています。
FSSC22000はどうすれば取得できますか?
ISO22000の要求事項に加え、自社が該当するフードチェーンカテゴリ(業種)のISO/TS22002(前提条件プログラム)及び追加要求事項に沿った食品安全マネジメントシステムを構築、運用し、審査機関による審査を受けて合格すればFSSC22000認証の取得となります。
HACCP認証取得に必要な機材導入などありますか?

HACCPは衛生管理手法のことなので衛生管理ができていれば新しく機材を導入する必要はありません。

交通費はどうなりますか?

全国にコンサルタントを配置致しておりますので、極力、最寄りのコンサルタントを担当とするように致しますが、規格・時期・ご要望により、遠方のものが担当することもございます。

カテゴリから探す

インタビュー

タレント揃い!「人」にこだわるIT企業のISO導入成功の鍵

ISOプロ講座 HACCPプロ講座 HACCPセミナー マンガで分かるISOプロ お電話での問い合わせ コンサルタント募集
WEB相談