SDGs 導入コンサルティング サービス内容

ISOプロの特徴

SDGsの概要

SDGsの概要
SDGs(Sustainable Development Goals「持続可能な開発目標」)とは、2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2015年から2030年の15年間で達成するために掲げた持続可能でよりよい世界を目指す国際目標のことです。
最近ではCSR活動の一環として、取り組む企業も増えていきました。その反面、明確なルールや指標がないこともあり、掲げるだけで実態が伴っていないSDGsウォッシュも少なくありません。

SDGsを取り巻く状況

金融市場のGHG(CO2)排出量の開示
金融市場のGHG(CO2)
排出量の開示
国際的なイニシアチブ、企業連合に参加
国際的なイニシアチブ、
企業連合
に参加
カーボンニュートラルを宣言
カーボンニュートラル
宣言
SDGsは国際的な取り組みであり、経済的、社会的、環境的側面に横断的に関わる課題を広く内包しています。そのため様々な方面に影響を及ぼし始めています。
例えば、2022年4月の東証(JPX︓日本取引所G)再編により、「プライム市場」の上場企業は、TCFDによるGHG(CO2)排出量の開⽰が求められるかもしれません。現在、⾦融庁は開⽰の義務化を検討しています。
国際的なイニシアチブである「SBT(Science Based Targets)」や「RE100(事業を100%再エネ電⼒で賄う」、「TCFD(気候関連情報開⽰の枠組み)」に参加することにより、「パリ協定に整合する持続可能な企業であること」等を、ステークホルダー(取引企業、環境NGOや機関投資家等)に対してアピールできるメリットも生まれ始めています。
また2020年10月には、菅前総理が「我が国は、2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを、ここに宣⾔いたします」と所信表明演説の際に発言しています。
SDGsは企業にとって事業成長の機会を見出し、リスク全体を下げるために活用されています。

SDGs導入のメリット

  • 企業イメージの向上
    企業イメージ
    の向上
  • 金融機関、取引先への信頼度向上
    金融機関、取引先への
    信頼度
    向上
  • 採用の優位度向上
    採用の優位度
    向上
SDGsの導入は、企業イメージを上げ企業価値向上に繋がります。17の目標、169のターゲットがあるため、企業が取り組みやすいブランディング施策といえます。実態が伴わないSDGsウォッシュにならぬよう、対外的な見せ方や根拠もあるとより効果的なブランディングができます。
企業イメージの向上は、売り上げや採用、資金調達など、さまざまな効果をもたらします。
  • ISOプロのサポート内容、規格概要資料で取得・運用のイメージを掴めます。
  • ISOプロの料金やサポート内容をお客様の状況を踏まえて、ご相談できます。

サービスご利用までの流れ

STEP01
まずはご相談ください
まずは当サイトよりお電話、またはWEBフォームよりお問い合わせください。 ISOプロのサービスや料金についてご案内します。 お客様の状況やご要望なども伺えれば、より具体的なご説明も可能です。
STEP02
ご訪問・お打ち合わせ
コンサルタントが無料で訪問し、さらに詳しい状況の確認やご要望を伺います。
※事前に詳しい内容を伺えれば、ISOプロと審査機関の審査費用の見積もりも併せてご用意することも可能です。
STEP03
プランご提案
ヒアリングした内容をもとに、御社の実情に合わせたプランをご提案します。 ISOプロと審査費用の見積もりもご用意します。
START
ご契約・サービス開始
ご契約後、サービス開始となります。 コンサルタントにてマニュアル作成などISO取得に向け動き始めます。
※上述の新規取得スケジュールをご確認ください。
ISOプロでは、お客様がスムーズにサービスをご利用いただけるようスピーディーな対応を行っています。 即日スピード対応はもちろん、事前に詳しい情報をいただければ、お打合せまでに見積もりもご用意が可能です。また企業様の根幹であるマネジメントシステムを構築し続けた実績がありますので、お客様の企業に合ったSDGsの取り組みを実現します。
  • ISOプロのサポート内容、規格概要資料で取得・運用のイメージを掴めます。
  • ISOプロの料金やサポート内容をお客様の状況を踏まえて、ご相談できます。