よくあるご質問 - 初めての方

よくあるご質問一覧

OSHMSとOH&S MSの違いは何?

労働安全衛生マネジメントシステム(Occupational Health and Safety Management System)はOSHMS、OH&S MS、OHSMSなどの複数の略称がありますが、それぞれは呼び方が異なるだけで同じ意味を持ちます。

ISO認証を取得するためにはどれくらいの期間が必要ですか?

ISOの認証を取得するためにはマネジメントシステムを構築した上で審査を受ける必要がありますが、構築したマネジメントシステムをしばらく運用する必要もあります。このため、マネジメントシステムの構築からする場合は最短で6ヶ月程度の期間を要します。

小規模な会社が環境マネジメントシステムに取り組む価値はありますか?

環境マネジメントシステムは組織が組織を取り巻く環境(自然環境や取引先、近隣住民など)に与える環境影響を分析・評価し、その中でも大きな環境影響を与える環境側面を分析し、影響を低減することで組織の持続的発展を目指すための規格です。つまり環境マネジメントシステムに取り組むことで中長期的に事業継続が困難になるようなリスクを回避することができるため、事業規模に関わらず十分に取り組む価値はあるといえます。ただし、スケールメリットのためやはり規模の大きい事業者のほうが取り組みによって得られるメリットは大きいことは事実です。

ISO9001を取得すると品質は上がりますか?

ISO9001を取得したからといって直接的に品質が向上することはありませんが、ISO9001規格の品質マネジメントシステムをしっかりと運用することで継続的な品質の改善は見込めます。ISO規格では、「その時点で品質が高いか」よりも「継続的な改善ができる状態にあるか」ということが評価されるため、ISO9001は中長期的に品質を改善していくためのツールであると認識しておきましょう。

ISO27001を取得しているのはどのような業種?

ソフトウェアやアプリケーション開発を受託するSES企業やSIer、未発表情報を扱う広告・PR業では特に需要が高いです。また、顧客のクレジットカード番号や口座情報など、漏洩することが許されない情報を取り扱うEC事業、金融事業を抱える事業者はPマークと合わせて取得していることが多いです。

ISO45001を取得すれば労働災害は減少する?

ISO45001はマネジメントシステム規格ですので、取得することで直接的に労働災害が減少することはありません。ただ、ISO45001規格の労働安全衛生マネジメントシステムを構築することで、間接的に労働災害を減少させることはできるでしょう。実際に厚生労働省の統計ではISO45001を取得した企業の約94%が「労働災害やヒヤリ・ハットが減少した」と回答したことがわかっています。

ISO45001を取得すべき業種とは?

ISO45001は労働安全衛生マネジメントシステムに関する規格ですので、「肉体労働事業者」というイメージがあるかもしれませんが、規格は「働く人が身体的・精神的に労働に従事できるように管理する」ことを目的としているため、どのような業種であっても取得を目指したほうが良いことに変わりはありません。ただ、認証の取得によって得られるメリットが大きいのは製造業や建築・建設業であるといえるでしょう。こういった業界では取引先から認証取得の要求があったり、官公庁案件の入札加点対象となったりするためです。

PマークとISO27001はどっちの認証が良いの?

PマークとISO27001では、マネジメントシステムが対象とする情報の範囲が異なるため、一概にどちらが優れているかという判断を下すことはできません。個人情報に特化したマネジメントシステムを構築する場合はPマーク、個人情報を含む組織内の情報資産全体の保護を目指すならISO27001が適しているでしょう。

ISO27001を取得すれば、セキュリティは強化されますか?

ISO27001規格は、組織の情報セキュリティ水準を向上させるマネジメントシステムを構築するための規格ですので、取得したからといってセキュリティがすぐに強化されるわけではありません。ISO27001規格の情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を構築し、しっかりと運用することで組織のセキュリティ水準の向上を目指すことができるのです。ISO27001は取り急ぎのセキュリティ対策というよりは抜本的な改革という属性が強いです。

CSR活動とは何ですか?

CSRとは、Corporate Social Responsibilityの略称のことで、日本語では「企業の社会的責任」と訳されます。CSR活動は慈善事業と混同してしまいがちですが、必ずしも慈善活動だけがCSR活動に当てはまるものではありません。企業が社会的役割を果たすこと、つまり社会から求められる組織としての責務を果たす活動のことをCSR活動と言うのです。その具体的な活動内容は環境保全活動や動植物の保護、近隣住民との関係構築など多岐に渡ります。

カテゴリから探す

インタビュー

ISO返上から再取得へ~穂高電子が目指した「会社のためのISO」~

ISOプロ講座 HACCPプロ講座 HACCPセミナー マンガで分かるISOプロ お電話での問い合わせ コンサルタント募集
WEB相談