【ISO14001入門】規格の詳細から要求事項・取得のノウハウまで徹底解説

環境の国際規格である『ISO14001』。グリーン調達など環境に配慮している企業が対外的アピールのために取得している規格です。
これからISO14001の取得を考えている担当者は、その情報量や進行の仕方などに頭を悩ませているのではないでしょうか?
このページでは、ISO14001の基本的な情報を抜粋して全体像を簡単に把握できるようにまとめています。これからISO14001を取得するにあたって何をどのように理解すれば良いのか解説していきます。

img_iso9001_02
ISOとは世界基準のモノサシです。
ISO14001は自然環境や職場環境など『環境』に関わるもので、環境リスクを減らす国際標準化機構による基準です。

ISO14001とは?

ISO14001とは、国際標準化機構による規格のひとつです。
『環境に影響するリスク低減を実現する仕組み構築のためのガイドライン』のことであり、製品やサービスが環境に与える影響を評価し取り組むための規格です。
この規格は環境に関連する法令やその他 要求事項 を順守することはもちろん、組織が本業を通じて改善することを目的としています。

環境マネジメントシステムって何?



環境マネジメントシステム(EMS)とは、企業が活動をすることで、“環境”に対して与える影響を認識し、改善するためのシステムのことです。

例えば、「自然環境」のために電気代削減や紙などの資源を大切にする動きをしたとしても「組織環境」にとってメリットがなければ意味がありません。

環境マネジメントシステムが目指すところは、「自然環境」にも「組織環境」にもメリットがあるシステムであり、残業を減らす動きをすれば、電気代を削減にも繋がり、従業員の作業効率も向上するという両方にメリットがある状況を作ります。

環境マネジメントシステムの環境って何!?

ISO14001の目的とするものは、環境に対する良い環境を増大させ、悪い環境を低減させる継続的な改善の仕組みのことです。では、具体的に“環境”とはどのようなものを指すのでしょうか?ここでは『環境』について学んでいきましょう。
img_iso9001_02
環境とは、企業を取り巻く要素すべてを意味します。具体的に何をすることが、環境への影響を認識し改善するということか見ていきましょう。
例えば製造業であれば、不良率を低減させることで、無駄なコストを抑制することができます。
無理に紙・ゴミ・電気を削減しようとするならば、極論、会社を潰して何も仕事をしなければ良いとなってしまい、組織の目指す方向とズレてしまいます。
組織の目指す方向と一致した内容で活動内容を設定することが重要なポイントです。

ISO14001要求事項

要求事項とは、ISO14001を取得するために企業が実現すべき基本的な要件のことです。
これからISO14001を取得しようとする企業や既に運用している企業はこの要求事項の要件を満たしておく必要があります。
ISO14001の要求事項では、製品やサービスの仕組みや管理方法などのプロセスがきちんと動いているのかを判断します。

1.適用範囲
2.引用規格
3.用語及び定義
4.組織の状況

PDCAのP にあたる部分で、組織における内外の状況の理解や利害関係者 のニーズを理解した上で、環境マネジメントシステムの適用範囲 の決定などを行っていきます。

5.リーダーシップ

PDCAのP にあたる部分で、環境目標 の達成のために全員が積極的に参加している状況を作り出すことをトップの役割として、環境方針 の作成や必要な組織体制の確立、権限などを明確にしていきます。

6.計画

PDCAのP にあたる部分で、リスクや機会の活動計画策定や環境方針に従った目標設定などを行います。環境マネジメントシステムの変更の場合についても計画的に行うことが求められています。

7.支援

PDCAのP にあたる部分で、組織の文化や社風、仕事の環境、情報などの資源を特定・管理していきます。管理対象の文書化 も求められています。

8.運用

PDCAのD にあたる部分で、計画通りに運用していくことが求められています。緊急事態への備えや訓練を実行することも必要になってきます。

9.パフォーマンス評価

PDCAのC にあたる部分で、監視測定の方法を明確にします。順守評価の確認や分析、運用状況が適正か自社内でのチェックも行います。トップによる運用などの確認・評価も求められています。

10.改善

PDCAのA にあたる部分で、何を改善するか決めていきます。不適合の場合の対応や是正処置 、是正処置が有効だったかを評価記録します。継続的な改善が求められています。

環境目標・環境方針ISO14001を構築するにあたって、決定の基準となる『環境方針』と構築に向けて具体的に達成すべき『環境目標』の2つを定める必要があります。
環境方針は、顧客に信頼されるための方針を決めることです。構築時には環境リスクの低減を保つようにレビューを行い、維持しなければいけません。
環境目標は経営層のトップマネジメントが目標を設定する必要がありますが、ここでよくある勘違いとして、どうしても認証取得が目的になってしまいがちです。あくまでも目標設定は環境リスク低減の向上でであり、結果的に取引先相手へのイメージ向上や社内の環境意識向上が目的になります。
順守義務(法令、その他要求事項)“順守義務”とは、iso14001:2015の要求事項に組み込まれている項目です。環境マネジメントシステムを構築する上で、環境関連の法規制や業界団体、取引先とのルール作りに関連するものとなります。
例えば、工場を運営する企業であれば、ボイラーからの排ガスや有害大気汚染物質などが『大気汚染防止法』に触れる項目なので、運用にあたって排ガスや有害大気汚染物質の処理に対してルールを決めないといけません。他にも工場関連であれば、『水質汚濁防止法』や『土壌汚染対策法』、『騒音規正法』など複数の環境に関する法に触れることになります。

環境側面とは

企業を取り巻く環境


ISO14001の要求事項に登場する『環境側面』とはどのようなものでしょうか。

環境側面を理解するためには、『環境』とは何かを理解が必要です。環境を意味するものとして、空気や水などの“自然環境”と人々が構成する“組織環境”があります。

企業が製品の製造やサービスの提供など活動を行った際に“環境”に対して何かしらの影響を与える可能性があるものを“環境側面”と言います。

例えば、製造業の企業が製品を生産すると工場を稼働させることとなり、工場機器を動かせば電力の使用、排気ガスの排出、汚水の排出など自然環境に対して悪影響を与えることとなります。これらの影響が甚だ大きい場合『著しい環境側面』であり、要求事項の中にも登場するキーワードです。

この著しい環境側面を解消するために、環境目標の設定や維持管理が企業に求められています。

環境側面はネガティブなものだけではなく、ポジティブなものもあり、『製品の品質を高める』という企業活動に対して、『不良品の削減』という本業とつながった環境側面が生まれます。

どのような目的で取得されるのか

取引先からの信頼感醸成

ISO14001は世界で評価される国際規格です。このため、取得しているだけで「この会社の品質はしっかりしている」ということを取引先に示すことができるのです。

公共工事の入札加点に

公共工事の中にはISO14001を取得していることが参加条件となることがあります。そうでなくても、とりわけ建設関係の企業は入札加点の対象となることもあります。

業務効率化

ISO14001を取得するにあたって、作業工程の見える化を行います。その過程でこれまで見えなかった業務の無駄などを削減することができるため、業務効率の見直しを行うことができるのです。

社内の意識改革

ISO14001を取得する過程で組織図や業務の割り振りを整えていきます。こうすることで、社員各々の役割や目指すものが明確になり、一人ひとりの意識が変わっていきます。

取引や契約を優位にする・社内の改善が主な理由

ISO14001を取得する目的は企業によって様々です。
主な理由としては、取引先からの信頼獲得、公共工事の入札加点、業務の効率化、社内の意識改革などがあります。
取引や契約を優位にするためや社内整備などに重きを置いていると考えられます。

ISO14001はどんな業種が取得しているのか環境に対する仕組みであるISO14001は建設業や商社での取得が目立ちます。
商社での取得は、RoHS指令、REACH規則などのEU法に対応するためといった理由が多いです。
もちろん製造業での取得も多く、サービス業でも取得する企業が増えてきている規格でもあります。

ISO14001取得の流れについて

ISO14001の内容を把握したら次はISO取得の流れについて理解してみましょう。
最初はどこから着手するのか、全体像を把握することで取得に向けた動き方が理解できます。

ISO認証取得までの基本的な流れは各規格で同様です。
ISO取得のための準備を行い、ISO規格の要求事項に沿ったマネジメントシステムを構築し、実際に運用をします。その上で審査を受け、通過することでISO規格の認証取得となります。詳しい詳細はこちらで確認できます。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

ISO取得・運用ガイド

ISOを初めて取得する方や運用中の方のお悩みを基礎知識から実際の取得・構築・運用・継続や更新についてステップ形式で解説していきます。気になる費用などの情報も満載です。

こんな方に読んでほしい

  • ISOを初めて取得する方
  • すでにISO運用中の方

自社取得、自社運用、アウトソーシングをするための基礎知識や流れをご説明します。

インタビュー

【コニカミノルタジャパン】ITソリューション事業の積極展開へ向けISO取得

ISOプロ講座 HACCPプロ講座 HACCPセミナー マンガで分かるISOプロ お電話での問い合わせ コンサルタント募集
WEB相談