ISOプロ講座

ISO9001やISO14001は、「マネジメントシステム」に対する規格です。このマネジメントシステムとは一体どのようなものなのでしょうか?本講座では、ISOコンサルタントが「マネジメントシステムとはどのようなものか?」ということについて解説しています。

「ISO逃れ」という言葉があるように、システムの有効性を維持できていないケースも見られました。しかし、2015年のISO規格の改定によってより有効性の高いISO規格に生まれ変わったのです。本講座では、2015年版ISOマネジメントシステムを活かして企業の経営を変革する方法について紹介していきます。

企業の最終目標は、企業価値の創造です。価値創造経営の基本はキャッシュフローの現在価値を最大化していくところにあります。本講座では、ISOコンサルタントがキャッシュフローをどのように改善・効率化していき、資本コストを高めるために何をすべきなのかということについて解説していきます。

ISOのマネジメントシステムは、規格に適合しているだけでなく、その規格をきちんと運用していくことが求められます。この講座は、ISOマネジメントシステム運用に有効なさまざまなマネジメントの手法を紹介し、プラス思考で創造的なマネジメントをしていくための方法論を示すものです。

ISO認証を取得するために、内部監査というものを行いますが、マネジメントシステムのパフォーマンス評価につながる内部監査とは、どういったものなのでしょうか。本講座では、ISOの内部監査についてその内容や考え方についてご紹介していきます。

ISOを保持することにメリットがないと判断してISO認証を返上する企業が増えています。しかし、ISOを返上するデメリットというものも存在します。この講座では、ISOを返上したほうが良い場合とはどのような場合か、また、何を変えればISOを保持することができるのかについて解説します。