コラム

ISO各種規格の基本的な情報から自社取得、内部監査などの専門的な情報など状況別にコラムとして掲載しています。

プロ講座

より専門的にISO各種規格やHACCPをコンサルタント目線で自社取得、内部監査、専門的な情報などを状況別にコラムで解説しています。

ISOプロ講座
ISOプロのコンサルタントによる専門家コラム。取得・運用のトレンドや課題をテーマにコンテンツ発信中。
HACCPプロ講座
ISOプロの食品安全に詳しいコンサルタントによる専門家コラム。HACCP構築や運用のトレンドや課題をテーマに解説。

コラム(新着順)

経審(経営事項審査)とは?点数の上げ方や仕組みを解説

国や地方公共団体などが発注する公共工事を請け負いたいと考えている企業は、入札参加を希望し、経営事項審査を受けなければなりません。競合他社との競争に勝つためには、経営事項審査において高い評価を受けることが必要です。 そのためには、経審につい…

ISO13485とは?ISO9001との違いや要求事項を解説

ISO規格には、マネジメントシステムに関するさまざまな規格があります。代表的なものとしてはISO9001、ISO14001、ISO27001などがありますが、ISO13485については一般的にはあまり知られていない規格かもしれません。 し…

IATF16949とは?ISO9001との違いや要求事項を解説

品質管理に関する国際規格であるIATF16949とISO9001ですが、その内容は異なります。ISO9001は品質マネジメントシステムにおける規格であり、IATF16949は自動車に関わる業界で使われている規格です。 自社における品質管理…

SBT(Science Based Targets)とは?SBT認定取得のメリットや概要を徹底解説

企業に求められる社会的な役割は、時代とともに変わり、今では環境問題においても積極的に取り組むことが求められています。特に、地球温暖化による環境問題は深刻で、世界的に対策が進められています。 こうした動きの中、2015年に行われたパリ協定に…

【2022年10月25日発行】ISO/IEC27001の改訂内容とは?

2022年10月25日(スイス時間)に、情報セキュリティに関する国際規格であるISO/IEC27001:2013を改訂したISO/IEC27001:2022が発行されました。約10年ぶりの改訂となります。今回の改訂は、2022年2月に改訂さ…

SDGsブランディングとは?社会課題と事業を両立させる方法を解説

SDGsを活用したブランディング方法があることはご存知でしょうか。最近、新たな企業ブランディング方法として、SDGsブランディングが注目されています。SDGsを活用したブランディングとはどのようなものなのでしょうか。 この記事では、S…

企業がSDGsに取り組むメリット・デメリットとは?

SDGsへの取り組みは、企業イメージの向上や売上高拡大などさまざまなメリットをもたらします。一方で、SDGsの目的に適していない施策や、自社に合わない施策を実施していると、必要以上に従業員の負担が増えたり、コストがかかったりするなどのデメリ…

ISO規格における文書管理の目的や実施するポイントを解説

ISOとは国際標準化機構(International Organization for Standardization)の頭文字を取った用語のことで、国際規格を定めている機関です。各種ISO規格の要求事項には、文書管理の項目が設けられていま…

ISO14001とSDGsの違いは?活用するための枠組みを解説

ISO14001とSDGsは、異なる立ち位置にあるものの、親和性が高いと言われています。 この記事は、ISO14001をすでに取得しており、SDGsへの参入を検討している企業向けの内容です。ISO14001とSDGsの違いや関連性が高…

ISO9001取得の要求事項にある文書管理とは?概要から押さえたいポイントまでを解説

ISO9001とは、組織が提供する製品やサービスの品質マネジメントシステム規格です。 製品やサービスの品質管理のためのルールが定められており、その中には組織が扱う文書に関する管理方法が定められています。 品質管理マネジメントを構築・…

123456»
インタビュー 審査はリモートで実施!柔軟に進化するシステム開発会社の2規格認証

審査はリモートで実施!柔軟に進化するシステム開発会社の2規格認証

磯山まどかの「快活」営業レポート ISOプロ講座 取引先にISO取得を求められたら何をすべきか?? コンサルタント募集
WEBからもご相談受付中
お電話でのご相談・お問い合わせはこちら
1,000超えのノウハウで最適なISO取得運用を 1,000超えのノウハウで最適なISO取得運用を