適用範囲とは、規格 などの要求事項によって定められる改善すべき範囲のこと。適用範囲を明確にし、プロセスの起点と終点を指定することで改善する場所がどこにあるのか、どのようなところを改善できるのかということを明確にすることができる。