ISO全般に関する用語

是正処置とは

是正処置とは、ISOなどの規格が定める要求事項に不適合があった時に、その不適合に対策をすること。「再発を防止する」という意味合いで予防処置とは異なり、是正処置が不適合などの結果に対して行われる処置であるのに対して予防処置は発生を未然に防止す

続きを見る

リスクアセスメントとは

リスクアセスメントとは、事業所にあるリスクを洗い出し、そのリスクを評価し、評価内容に応じてリスクを除去・低減する一連の手順のこと。 目に見えたリスクに全て低減措置を行うのではなく、そのリスクの発生頻度や重要度を評価し、対策を決めるという点に

続きを見る

コミットメントとは

コミットメントとは、組織の内外に対してトップマネジメントが決意表明などの形で具体的に宣言すること。 コミットメントとは、もともと「ある行動しかとれないような実効性のある仕組みをつくること」という意味を持つが、企業のトップマネジメントが内外に

続きを見る

インプットとは

インプットとは、情報科学において「入力」のことであるが、外にあるものを内部に取り入れるというニュアンスを持ち、しばしば「記憶する」「学習する」に親しい意味合いで用いられる。対義語はアウトプット。

続きを見る

アウトプットとは

アウトプットとは、情報科学において「出力」のことであるが、成果物や結果という意味で利用される。「アウトプットする」と用いられることもあるが、これは成果物を制作するという意味を持ち、内部に入っているものを外に出すというニュアンスがある。対義語

続きを見る

アウトソースとは

アウトソース(outsourcing)とは、業務などを独立した外部組織に委託する、または外部組織から労働サービスを購入すること。正しくはアウトソーシングという。類似する言葉としては外注、外製。 Sourceは資源という意味であるが、「外の資

続きを見る

監査員とは

監査員とは、ISOやPマークなどの第三者審査認証を採用する規格にて、規格が定める要求事項に製品や企業が適合するかを監査する人のこと。

続きを見る

適用範囲とは

適用範囲とは、規格などの要求事項によって定められる改善すべき範囲のこと。適用範囲を明確にし、プロセスの起点と終点を指定することで改善する場所がどこにあるのか、どのようなところを改善できるのかということを明確にすることができる。

続きを見る

要求事項とは

要求事項とは、ISOやJISなどの規格において企業が実現すべき基本要件のこと。この要求事項に適合しているかどうかを評価することで、規格の認証が行われることになる。 要求事項は規格ごとに定められており、例えばISO9001の認証を取得するため

続きを見る