有効性監査 ユウコウセイカンサ

投稿日:

ISOプロ担当者

最終更新日: 2019年08月05日

有効性監査とは、マネジメントシステムが目的を達成するために役立っているかどうかということを確認すること。例えば品質マネジメントシステムは顧客満足度向上のためにあるべきであるが、マネジメントシステムが顧客満足度の向上に寄与していればそのマネジメントシステムは有効であるといえる。逆に有効でないマネジメントシステムは機能するように改善・是正を行う必要がある。

このマネジメントシステムの有効性を確認するために内部監査では、「不適合製品を減らすために何をすべきか」「環境リスクを低減するために何をすべきか」「従業員が情報セキュリティの意義を認識し、ルールを守っているか」ということを確認していく。


記事に戻る

関連するおすすめ記事