マニュアル化とは

マニュアル化とは、作業の工程を画一化し、誰もが同じ手順や効率で作業できるように業務を最適化したり、作成手順などを作成したりすること。

PDCAサイクルを回していく上で、作業の一つひとつがマニュアル化されているほうが問題点を見つけやすいし、改善も容易だと考えられる。マニュアル化がされていなければ、ある問題に対して「Aさんのミスで問題が発生した」ということにどうしても着眼してしまう。しかし本来組織なら「Aさんの工程でミスが発生しないためにはどうすれば良いか? あるいはミスが発生してもカバーするためにはどうすれば良いか?」ということを考えるべきである。

このため、継続的な改善が求められるISO規格では、文書化(マニュアル化)が求められる。


記事に戻る

関連するおすすめ記事

記事はありませんでした