マニュアル化 マニュアルカ

著者:ISOプロ担当者
投稿日:
更新日:2019年08月05日

マニュアル化とは、作業の工程を画一化し、誰もが同じ手順や効率で作業できるように業務を最適化したり、作成手順などを作成したりすること。

PDCAサイクルを回していく上で、作業の一つひとつがマニュアル化されているほうが問題点を見つけやすいし、改善も容易だと考えられる。マニュアル化がされていなければ、ある問題に対して「Aさんのミスで問題が発生した」ということにどうしても着眼してしまう。しかし本来組織なら「Aさんの工程でミスが発生しないためにはどうすれば良いか? あるいはミスが発生してもカバーするためにはどうすれば良いか?」ということを考えるべきである。

このため、継続的な改善が求められるISO規格では、文書化(マニュアル化)が求められる。

記事に戻る

ISO取得・運用ガイド

ISOを初めて取得する方や運用中の方のお悩みを基礎知識から実際の取得・構築・運用・継続や更新についてステップ形式で解説していきます。気になる費用などの情報も満載です。

こんな方に読んでほしい

  • ISOを初めて取得する方
  • すでにISO運用中の方

自社取得、自社運用、アウトソーシングをするための基礎知識や流れをご説明します。

インタビュー

自社リソースはお客様のために!ISO取得のアウトソーシングという選択

ISOプロ講座 HACCPプロ講座 HACCPセミナー マンガで分かるISOプロ お電話での問い合わせ コンサルタント募集
WEB相談