規格認証 キカクニンショウ

著者:ISOプロ担当者
投稿日:
更新日:2020年05月21日

ISO認証の仕組み

規格認証 とは、ISO9001を始めとするマネジメントシステム が要求するシステム(要求事項)に組織や製品が合致しているかどうかを第三者が審査し、登録すること。審査の対象は、マネジメントシステム(ISO9001やISO14001)、要因(ISO22000)、製品の3つに分かれる。

なお、「認証」は「認定」と混同されがちであるがこれらは別のものであり、英単語では 認証はcertification、認定はaccreditationという。認定とは国際的な機関が審査機関に対して行うものであり、認証は審査機関が一般的な企業などに対して行うものである。――つまり、認定を受けた機関が審査し、認証されることで「ISO取得済」ということを公言できるようになるのだ。

記事に戻る

ISO取得・運用ガイド

ISOを初めて取得する方や運用中の方のお悩みを基礎知識から実際の取得・構築・運用・継続や更新についてステップ形式で解説していきます。気になる費用などの情報も満載です。

こんな方に読んでほしい

  • ISOを初めて取得する方
  • すでにISO運用中の方

自社取得、自社運用、アウトソーシングをするための基礎知識や流れをご説明します。

インタビュー

選んだのは“変わること”。町工場 60年目の挑戦

ISOプロ講座 HACCPプロ講座 HACCPセミナー マンガで分かるISOプロ お電話での問い合わせ コンサルタント募集
WEB相談