NSS株式会社 サービスサイト

各種ISO取得、運用サイト【ISOプロ】

Yahoo検索ランキング1位 イプロスカタログランキング1位

ISO9001取得の流れとメリット・デメリット

ISOプロ担当者

2

一貫した品質の製品やサービスを提供し、顧客満足度を高めるためのマネジメントシステム規格であるISO9001。この規格を取得することで、組織は「企業としての信頼」や「業務フローの統一・標準化」など様々なメリットを享受することができます。

ただし、メリットだけでなく「マニュアル文書作成コスト」などのデメリットも存在するので、両面ともしっかりと理解した上で組織活動に役立てていきましょう。

ISO9001取得の流れは?

それでは、ISO9001の概要と取得までの流れなどを理解していきましょう。

そもそもISO9001とは、一貫した品質の製品やサービスを提供し、顧客満足度を高めるためのマネジメントシステム規格のことです。

現在もっとも普及しているマネジメントシステム規格であり、世界170カ国以上、100万以上の組織が活用しています。

「品質」という言葉のイメージから、高品質な製品をイメージされがちですが、ISO9001は、「一貫した製品・サービスの提供」と「顧客満足の向上」を実現するための品質マネジメントシステムです。

つまり、「良い製品を作るためのシステム自体を管理すること」と認識しておくと良いでしょう。いわゆるプロセスアプローチであり、良い製品・サービスを提供するために、その製品・サービスという「結果」ではなく、提供されるまでの「プロセス」を重視しているのです。

取得までの流れは、まず「システム構築・運用」、そして「認証取得」、その後に「システム運用・認証維持」という流れになります。システム構築・運用フェーズでは、PDCAを回転させ、マネジメントシステムを一定水準まで高めつつ、認定組織に対して事前相談を行い、審査登録の契約まで行います。認証取得時に登録審査を経て、登録証が発行され、その後システム運用・認証維持フェーズにおいて定期審査・更新審査が行われます 。

ISO9001取得のメリット

ISO9001を取得するメリットは複数あるので、一つひとつ確認していきましょう。

最も代表的なものは「企業の安心感・信頼感の醸成」でしょう。ISO9001取得組織は、自社ホームページや製品のパンフレットなどに規格実績を記載します。

そうすることで、企業としての安心感・信頼感を示すことになり、同業他社との差別化に繋がります。前述の通り、ISO9001は商品の品質を保証するものではなく、「仕事の質」自体を保証するものなので、対象はあらゆる業種です。ちなみに、この規格を認証取得するためには、100以上の項目の確認が必要ですが、その中には「当たり前」のように思えるものも散見されます。

しかし、「当たり前」のことを当たり前にできる組織の商品が信頼されるのは、それこそ当たり前のことといえるのではないでしょうか。

また、製品の製造工程における作業手順を明確化できるというメリットも大きいでしょう。誰もが同じ手順で製品を作ることができるため、作業の標準化が行われ、無駄がなくなり、製品の品質維持に繋がります。無駄がなくなることで生産性が高まり、作業工程の均一化と検査回数の減少が見込めます。

作業工程の曖昧な部分をなくすことができるので、例えば、「二人の先輩に仕事を教わったけど、それぞれやり方が違う。どっちの方法を信じればいいのか分からない」というような事態もなくなるでしょう。 また、一つひとつの作業工程が整備されることで、現場の統一感が増し、社員のモチベーション向上にも繋がります。

そのほか、社員教育の時間を短縮し、技術の作業工程の均一化が図れるというメリットもあります。「仕事は先輩から口伝えで教わった」というケースも少なくないと思いますが、あらゆる作業工程が決まっており、詳細まで全てマニュアル化されていれば、新入社員を効率的に即戦力へと転換することが可能です。仕事内容が明確になれば、新入社員も安心して仕事に取り組めるので、離職率の低下も見込まれるでしょう。

ISO9001取得のデメリット

一方で、取得や維持のために管理責任者・担当者に大きな負担がかかるというデメリットもあります。

信頼性の高いマネジメントシステムだからこそ、規格の取得・運用にはある程度のリソース、コストをかけなければなりません。また、一般的に文書・記録系の作業が増えるというデメリットもあります。マニュアルや文書がない状態で作業を行っていた場合、規格取得後に文書・記録系の業務が増えるため、煩わしさや手間を感じてしまうケースも少なくないようです。

また、会社によっては、「できる社員」「経験のある社員」を中心にその業務を回されることがあります。そのような状況でISO規格を導入すると、これまでの流れややり方が崩れ、業務処理のスピードが一次的に遅くなることがあります。

ただし、このように属人的な作業はISO規格が定める「標準化」とは真逆なので、「誰でも適切な工程を踏めば標準的な製品が作れる」という目的に基づけば、一概にデメリットともいえないでしょう。また、すぐに効果が出ないという点も、デメリットといえるかもしれません。単にマニュアル通りに作業し記録をとっても、作業が増えるだけで以前と変わっていないというケースもあるようです

まとめ

さて、ここまでの説明で顧客満足度を高めるためのマネジメントシステム規格であるISO9001の概略、取得の流れ、そしてメリットとデメリットをご理解いただけたと思います。

ISOプロは、ISOの各種認証取得や運用、マニュアル作成など幅広くサポートしており、企業様に合わせたムダのないご提案を心がけています。既に認証を取得しているお客様においても、ISOの専門家としてのご提案が可能なので、さらに詳しくISO認証後の運用を知りたいという方は、お気軽に資料請求、またはお問い合わせください。

ISOプロでは月額3万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額3万円からご利用いただけます。

関連する記事・ページ

TOP