ISO 9001は品質 マネジメントシステム の国際規格 であり、企業や組織が提供する商品やサービスの品質を向上させ、最終的に顧客満足度を高めることを目的としています。企業や組織が ISO9001 の取得を目指す理由として「取引先からISO9001の取得が求められている」ことがありますが、ISO9001を取得すれば「企業としての信頼」はもちろん、「業務フローの統一・ 標準化 」などいくつものメリットを受けることができます。
今回はISO9001を取得する必要性についてメリット、デメリットを交えつつ解説していきたいと思います。

ISO9001認証取得の流れは?

それでは、ISO9001の概要と取得までの流れなどを理解していきましょう。

そもそもISO9001とは、一貫した品質の製品やサービスを提供し、顧客満足度を高めるためのマネジメントシステム規格のことです。

現在もっとも普及しているマネジメントシステム規格であり、世界170カ国以上、100万以上の組織が活用しています。

「品質」という言葉のイメージから、高品質な製品をイメージされがちですが、ISO9001は、「一貫した製品・サービスの提供」と「顧客満足の向上」を実現するための品質マネジメントシステムです。

つまり、「良い製品を作るためのシステム自体を管理すること」と認識しておくと良いでしょう。いわゆるプロセスアプローチであり、良い製品・サービスを提供するために、その製品・サービスという「結果」ではなく、提供されるまでの「プロセス」を重視しているのです。

取得までの流れは、まず「システム構築・運用」、そして「認証 取得」、その後に「システム運用・認証維持」という流れになります。システム構築・運用フェーズでは、PDCAを回転させ、マネジメントシステムを一定水準まで高めつつ、認定 組織に対して事前相談を行い、審査登録の契約まで行います。認証取得時に登録審査を経て、登録証が発行され、その後システム運用・認証維持フェーズにおいて定期審査・更新審査が行われます 。

ISO9001認証取得のメリット

ISO9001メリット

企業の安心感・信頼感の醸成

ISO9001を取得するメリットの最も代表的なものが「企業の安心感・信頼性の醸成」ではないでしょうか。ISO9001は品質(顧客満足)にまつわるマネジメントシステムなので、ISO9001を取得することはすなわち、品質(顧客満足)の国際基準をクリアした製品やサービスなど顧客満足を提供できる企業として取引先やお客様から見られることになります。自社のホームページや製品のパンフレット、製品を製造する工場であれば工場入口などにISO取得ロゴマークを記載している企業も多く見られます。

作業手順の明確化

作業手順の明確化はISO認証取得時にマネジメントシステムを構築することで従来の作業で発生していた“ムダ”を発見することができ、効率的な作業手順を明確にすることができます。これにより製品やサービスの品質維持に繋がり、生産性を高めることができます。また、作業工程の曖昧な部分をなくすことも可能です。

従業員教育の効率化

マネジメントシステムを構築することで従業員に教育する内容も効率化が進むので、例えば「2人の先輩に仕事を教わったけど、それぞれやり方が違う。どっちの方法を信じればいいのか分からない」という事態も解消されるでしょう。また、一つひとつの作業工程が整備されることで、現場の統一感が増し、社員のモチベーション向上にも繋がります。

品質の継続的な改善

品質マネジメントシステムではPlan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(確認)のPDCAサイクルを回しながら現場の仕事を進めていくので、もし製品製造の工程で問題が発生した場合は問題を確認し修正を行います。これを繰り返すことで製品の品質(顧客満足)を継続的に改善していく流れを構築することができます。

取引先の拡大

ISO9001の認証取得を行い、企業が提供する製品やサービスの品質(顧客満足)を高めていくことで、「この企業ならこの仕事を依頼できる!」と行った安心感が生まれ、取引先の拡大にも繋がります。取引先企業の中にはISO9001を取得していることを前提にしている企業もあるので、同業他社と比較して強みになる場合もあります。

ISO9001認証取得のデメリット

ISO9001を認証取得するデメリットとしては、ISO担当者の負担増大になるパターンがあるということです。
ISOは企業や組織の業務効率化に繋がるものですが、ISO構築を誤ってしまうと「重いISO」になってしまい、業務効率化のためにISOを取得したのに返って業務効率化を妨げる要因になってしまいがちです。

ISOを構築する際に“ISOを取得することを目的”にISO9001を取得してしまうとこの状況に陥りやすいです。ISOはあくまでも“企業や組織の業務効率化”のために取得するものであり、ISOを構築する際に無駄だと判断できるものに関しては省いていきましょう。

自社取得を行う場合はISO構築の必要不必要の判断が難しいため、ISOの専門家であるISOコンサルティング会社に頼るのも一つの手段ではないでしょうか。「重いISO」を運用し続けると企業体力を無駄に浪費してしまうことになり、最終的にISOが邪魔になってしまうケースもあります。
これからISOを取得する場合はこのようなデメリットもあることを前提に考えていきたいポイントです。

まとめ

ISO9001認証取得をメリットとデメリットに分けて解説しました。ISO9001を取得すれば取引先様やお客様の信頼に繋がりますが、自社取得をした場合はISO担当者に対する負担は大きくなるデメリットもあります。このようなISO担当者の負担を減らすためにもISOコンサルタント会社があるので、こちらの利用も検討してみてはいかがでしょうか?

ISOプロでは月額4.4万円(税込)から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4.4万円(税込)からご利用いただけます。