土木建築会社のISO9001は負担が増えるきっかけになりやすい

6fea1b0179550d864b1281e3e7755e6f_s

国際的規格を導入することで、多くのメリットに期待できるISO9001は、土木建築や建設業界では定番的な存在となっています。

ですが、かならずすべての会社にとってメリットとなるかは分かりません。

そのため、一般的な風潮や世間体に流され過ぎず、会社の現状を考えた上での導入が好ましいです。把握すべき点をまとめました。

 

会社の規模が小さければ小さいほど負担が増える

ISO9001は、独自の規格を導入実施することにより、品質マネジメントが実現できるシステムです。品質とは一概に製品そのもののみならず、組織や意識面など全体を指します。

そのため、ひとつの会社自体のレベルを底上げすることにも繋がります。ですが、だからといってかならずしも良い方向に進むとは限りません。特に注意すべきなのが、会社の規模が小さい場合です。そして、小さければ小さいほど負担が増えるという風潮すら存在しています。

ではいったい、なぜそういったことになってしまうのでしょうか。

理由は、9001のシステムがかなり細かく複雑な点にあります。

確かに、ISO9001は世界的にも認められたシステムであるため、有効性はかなりのものです。取得している事実があるだけで、高水準な印象を与えることができ、さらに世界展開をも視野に入れた運営をおこなうことが可能です。

ですが、それだけの効果を目指すには、やはり多大なプログラムを実践する必要も出てきます。

大きい会社であれば、そうした部分に時間や労力を割いてもメリットが感じられるでしょう。ところが小さい会社の場合、それによって本来業務に当てるべき時間や労力までをも大幅に費やす結果となってしまい、負担となってしまいます。

確かに、世界的にも認められた規格ではありますが、会社規模によっては、そうした部分も踏まえた上で慎重に検討することが大事となってきます。

それでもISO9001を取得した方が良い理由

さて、検討する上での慎重さは大事ですが、だからといって取得は避けるべきという意味でもありません。むしろ、しっかり準備を整えた上で運用するのであれば、進んでおこなうべきですらあります。

理由は、前述でも軽く触れたようなメリットにあります。

まずひとつに、9001を取得していることで得られる信頼です。

世界的な基準として定められているISO9001は、ただ持っているだけで、そして社名の横に表示できるだけで、取引先や第三者への信用度アップが期待できます。

すでに多くの土木建築会社が有しているため、逆に取得していないと通常レベルより劣っているとさえ思われるかもしれません。

 

次に、世界的な展開も可能となる部分です。昨今は、まさにグローバル化盛り上がる時代です。

和製品のみならず、日本の技術力が盛り込まれた土木建築における施工サービスもまた、魅力的なコンテンツとして展開できます。たとえ中小企業であったとしても、そのメリットは大いに活かせます。

現在国内のみで展開している会社でも、そういった風潮に伴い、今後は海をも越えて需要を高められる可能性が考えられます。

また、特に重要な部分として、受注や入札におけるメリットも忘れてはなりません。ISO9001は、ただ取得の事実によりステータスが得られるわけでなく、取引先や顧客、行政から提示される取引条件を満たせる、入札を有利に進められるなどの具体的なメリットにも繋がります。

収益にも直結してくるため、欠かせない特徴といえるでしょう。

このように、負担が大きくなりがちな小さい規模の企業であっても、9001を取得する理由は多く存在します。状況を見つつ、しっかり準備した上で、検討してみてはいかがでしょうか。

 

上手に運用するために大切なこと

ポイントは、ISO9001と本来の業務ルールを切り離して考えないということです。

9001の規格は、しっかり社内ルールに浸透させ、組織全体で共有できてこそ機能するシステムです。そのため、別物の特別な存在と考えていると、本来の有効性には繋がりにくいです。

最終的な目標である「顧客満足」を念頭に置き、社員の誰もが無理なく自然に実践できる、そんな状態を目指して取り入れることで、負担に感じられる部分を抑えることが可能となります。

ISOの9001は、世界的水準に沿って会社全体の品質を高められる、メリット豊富な存在です。取得の事実を押し出すだけで、取引先から第三者まで、あらゆる人の印象を高められるので、取っておくに越したことはありません。ところが、規模の小さい会社においては、良い面ばかりでもありません。

取得や導入、反映における負担が、既存の業務を遮る存在ともなってしまうため、メリットを感じる以前にマイナスな影響に繋がってしまう場合があります。なぜなら、9001は複雑で多大なシステム内容となっているためです。

事前に、スケジュールやバランスをしっかり考え準備しておく。また、特別な規格であると構えすぎず、柔軟に既存のルールへと浸透させる。

そんなスタンスを意識しながら、上手に運用していくことが大切です。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

関連するおすすめ記事