品質管理責任者(QMR)の役割とは

著者:ISOプロ担当者
投稿日:
更新日:2020年02月06日

品質 における責任を負う品質管理責任者(QMR)とは、どのような仕事を行う人なのでしょうか?ISO9001を取得する企業では、品質管理責任者はシステムを維持し、改善する役割を担うとされていますが、品質マネジメントシステムを維持し、改善するとは具体的にどのような作業を行う必要があるのでしょうか?

今回は、品質管理責任者の役割とその業務内容についてご紹介していきたいと思います。

品質管理責任者とは?

品質管理責任者とは、品質において全ての責任を負う管理者のことを指します。とりわけ、医薬品や医療機器などの薬機法規制下にある製品分野においては、品質管理責任者は社内の人間であり、社内に常駐している者でなければならないという法規制もあり、非常に重要な役割を果たすポジションであるといえるでしょう。

品質管理責任者の役割とは?

品質管理責任者は、「顧客満足」というものを達成するために、顧客が望む製品を提供し続けられるように組織の内部から様々なアプローチをしていくことが主な役割になります。

ここでいう顧客満足とは、品質マネジメントシステムにおける顧客満足のことで、ザックリ言ってしまうと「顧客が期待する製品を届けること」によって顧客満足を得ることができるのですが、これは非常に複雑なものです。

例えば、不良品は「顧客が望む製品」とは真逆にあるものであると考えられます。このため、不適合製品が出ないように内部から改善を促すしていくことも品質管理責任者の役割であるといえるでしょう。

内部から改善を促すとはどういうことか

さて、ここで注意しておきたいのが、「内部システムから改善していく」というフレーズです。これはどういうことでしょうか?

例えば製品を出荷する前に内部の検品作業が不十分であり、不良品を市場に出してしまったとします。このときに「不良品が出ないように検品作業を強化しろ」という命令を出したとしても、それは再発防止につながるとは考えにくいです。今いる従業員は「ミスをした」という記憶があるためミスがあった部分を改善することができるかもしれませんが、新しく新人が入ってきた場合はどうでしょうか?

つまり、組織の中でも流動的なリスクをしっかりと理解した上で改善策に取り組む必要があるのです。

個人の技量や好ましくない状況に対応する必要がある

品質管理責任者は、組織が置かれている状況を理解した上で、どのようなリスクがあり、そのリスクはどのようにすればシステマチックに防止することができるのかということを検討し、その改善策を実行していく必要があります。

システマチックに防止するということは、「誰がやっても、どのような状況にあっても(もしくは状況をコントロールして)顧客が満足する製品やサービスを届ける」ということです。

例えば前述の検品漏れが品質に影響を与えているのであれば、「その検品漏れがなぜ発生したのか」を把握し、それに対する適切な措置を講じる必要があるのです。
検品を誰がやっても漏れがないようにするためには、チェックリストを作成し、そのチェックリストが正しく運用されるように改良したりする必要が出てきます。

こういった管理手法を用いて、品質を改善し、最終的に顧客満足を達成することが、品質管理責任者の役割なのです。

まとめ

今回は、品質管理責任者の役割についてご紹介してきました。品質管理責任者は、ISO9001においても非常に重要な役割を果たすポジションです。また、ISO9001は品質を改善していく上で組織の一助となるものでもあります。

社内でISO9001を取得する予定がなかったとしても、品質改善という目的でISO9001を一読することはとても重要なことかもしれません。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

ISO9001入門

【ISO9001入門】規格の詳細から要求事項・取得のノウハウ…

インタビュー

これぞ従業員の意識改革!製造販売業が取り入れた総合マネジメントシステム

ISOプロ講座 HACCPプロ講座 HACCPセミナー マンガで分かるISOプロ お電話での問い合わせ コンサルタント募集
WEB相談