NSS株式会社 サービスサイト

各種ISO取得、運用サイト【ISOプロ】

Yahoo検索ランキング1位 イプロスカタログランキング1位

ISO9001のセミナーは受けるべき?ISO9001のセミナーで行われる事

ISOプロ担当者

ISO9001を導入するには、その内容をよく把握しておかないとなりません。自社で勉強会を開催するのも良いですが、セミナーも開かれているため、参加して学んでいくという方法もあります。ただセミナーを受けるべきかどうか迷っている会社の社員もいるでしょう。実際のセミナーではどのようなことが行なわれるのでしょうか?

ISO9001の用語について

まず基本として、ISO9001関連の用語の説明から始まります。ISO90001は、品質マネジメントシステムの国際規格ですが、用語として知っておくべき事はそれだけではありません。

ISOの準備段階から運用、そして審査に至るまで、いくつもの用語が出てきますので、それらの意味を覚えなければなりません。管理状況を証明するためにも、関連文書の保管も義務づけられ、そこにも用語は関わってきます。

もっとも一般的なのは品質管理のための規格であり、これをQMSと言います。この言葉は多くの場面で使われることが多いです。マネジメントシステムの運用状況を監査する内部監査、不適合の原因を除去して改善する是正措置、マネジメントシステムを達成するための環境目標、などと大まかな用語だけでも数多くあります。

このような用語のそれぞれの意味をセミナーでは説明されます。用語1つにしてもそれには意味がありますので、受ける方はそれをセミナーで知り学んでいきます。

ISO9001の要求事項について

ISO9001の要求事項、これも認証取得していくためには、とても重要な事柄と言えます。要求事項なので、要求されている事柄と言うことになりますが、ISOにはいくつか種類があり、それぞれで要求事項が違ってきます。さらに具体的に言うと、企業が実現すべき事柄とも言えます。

そのために、ISO9001を取得していくには、要求事項を満たさねばならず、これに沿って準備を進めていきます。ISO9001の要求事項は以下があります。

  • 一般要求事項
  • 文書化に関する要求事項
  • 品質方針
  • 作業環境
  • 製品関連プロセス
  • 監視および測定

要求事項のほんの一例を挙げましたが、大分類で5つ、そしてその中に中分類と小分類があり、細かく要求される事柄があります。認証取得していくには、これらの事項に適しているかどうか判断が下されます。そこでセミナーでもこれらについて細かく説明があります。

たとえば「文書化に関する要求事項」の項目があります。この場合は、それぞれに関して文書化して管理されているかをチェックし、適合しているか検査されます。ISO9001での要求事項は、すべて適合しているかチェックされますので、必ずすべての内容を知っておき、準備段階で準備出来るように把握しておかないとなりません。

リーダーシップとコミットメントについて

ISO9001ではリーダーシップとコミットメントについても触れています。リーダーシップとはトップマネジメントが自ら行なうことを意味し、コミットメントとはトップマネジメントとして果たすべき役割を意味します。つまりリーダーシップとコミットメントというと、経営者などのトップマネジメントが、品質マネジメントシステムの有効性の説明責任を負うことを意味します。

そうして、審査ではトップマネジメント自信が、自分の言葉でこのことについて語る必要があります。と言っても小難しい用語でISOでは規格がされておりますが、会社の業務に当てはめると以下のようなことになります。

  • 会社の方針や目標は何ですか?
  • 各部門の目標は何ですか?
  • ISOのためでなく、お客様のために仕事をしていますね?
  • 目標に対する行動は何ですか?
  • 目標に対する途中経過を見せてください。
  • 従業員の教育はどのようにしていますか?
  • 部門責任者は決めていますか?

このようなことを、経営のトップが答えれば良いです。セミナーでも具体的に説明がありますが、あまりに詳細で理解が難しい場合は、わからない部分は質問した方がいいでしょう。そして、上記のように簡単に言えば、企業経営を行なう上で、必要なことを審査時には聞かれますので、正しく経営していれば、問題ないはずです。

普通に仕事をしていれば、ISO9001の要求事項にも当てはまりますので、業務を大幅にISOに合わせて改善する、などのことも必要ありません。

ISO9001のセミナーでは、大まかに分けて基本の用語や要求事項から、トップマネジメントが果たす役割や、審査ではどのようなことが行なわれるかなどが説明されます。ISOの管理責任者や審査員を目指す方、規格を学びたい方などに向いているセミナーです。セミナーは内容が豊富なので、半日かけて行なわれることが多く、また場合によっては2日3日と分けて行なわれることもあります。参加する方には、テキストが配布され、それを元に説明が行なわれます。全国各地で行なわれていますので、受ける方は近くのセミナーに参加すると良いでしょう。

ISOプロでは月額3万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額3万円からご利用いただけます。

関連する記事・ページ

TOP