HACCP認証取得費用はISO9001と比べてどれぐらい?

cb0d2989095c35eaf071b90a4247158f_s

食の安全性が求められているいま、HACCP(ISO22000)の取得が必要になってきています。食品を流通するにあたって、より多くの人々からの信用を得ることが大切だからです。

中小の食品製造業でも導入したいHACCP(ISO22000)

HACCP(ISO22000)は食品安全に関するマネジメントです。今まではHACCP単独での衛星や安全管理を行っている企業が多かったですが、HACCPだけでは食の安全を完全に保証することが難しいというのがあります。

その理由の1つに、HACCPのシステムは各国で採用するのに独自のルールがありました。そのため、標準的なルールに則った安全確認になっていないケースもあり、衛生面においては各企業によってマチマチということも多々あります。

また、食の安全についてはきちんと守ることができても、品質まで管理できないという問題がありました。そのためHACCPだけでなく、品質管理を含めた国際標準規格を作ることが求められ、ISO22000が作られました。

ISO9001の品質管理というマネジメントが加わることで、食品製造業だけでなくフードチェーンすべての環境において考えることができる規格となっています。

HACCPでは、食品の製造や加工、さらには輸送までの間に起こり得る食中毒のハザードを分析した上で、重要管理点と呼ばれるハザードへの対応策を特定します。対応策をしっかり考えることで、食品における問題を事前に防ぐことができるのは利点です。

しかし、HACCPだけでは食品衛生の対策までが限界で、品質マネジメントまでは考えることができていませんでした。ISO22000が考えるのは安全品質のコントロールではなく、その業界に関わる商品や人、企業のすべてを見直していくことでマネジメントするのが一番の目的です。

品質マネジメントとは何を指すかと言えば、具体的には食品管理のマニュアル作りやその遵守を実施するための人材育成、品質管理のための意識の共有や情報の水平化などを行います。

商品自体を問題にするよりも、商品を管理するためのシステムをしっかり築き上げることによって、会社全体の改革を行います。それにより、恒久的に会社が食品管理を行えるようにするのがHACCP(ISO22000)の発想です。

ISO9001に比べてHACCP(ISO22000)の審査費用は?

ISOを取得するには、機関から審査を受けて試験に合格する必要があります。同時に、審査費用と呼ばれるものを収める必要があるのです。費用は、審査する部署や支社支店、工場、従業員などの数によって料金は一律ではありません。

HACCP(ISO22000)の審査ではHACCPのハザード分析を含め品質マネジメントの要求事項もあり、ISOの中でも要求している内容が多めになっています。そのため、ほかのISOの審査費用よりも高めになることが多いようです。平均しても50万から100万円になるのが相場になっています。

また、これは認証取得をするための費用で、別途3年後の更新審査や、1〜2年目までの維持審査を受けるときにも費用が掛かってきます。更新審査では約60万円、維持審査は約30万円。

これに比べてISO9001ですが、こちらの審査費用は約30万〜50万円になっています。更新審査は約10万円で、維持審査は20万円ほどです。

ISO9001は品質マネジメントを主にしたもので、顧客の満足度を高めることを目的としています。製品を顧客から満足されるものにするために経営方針や製造するためのプロセスを計画し、それをきちんと実行するための記録書を作って文書化するのが主です。

食品の衛生管理に比べると見る場所や企業に要求することがやはり少なくなってくるので、審査も少なめになっていることが見てとれます。

費用に見合うだけの効果はあるのか

今ではさまざまな企業がISOの取得を始めており、中小企業や下請け企業でも費用を払って認証を受けようとしています。その中には食品製造業も含まれており、ISOを手に入れるために要求事項を文書化して遵守することに努めています。

ISOの認証を受けるためにコンサルタントを入れるケースもあるほどです。ISOを導入するのは、顧客からの信頼という点だけではなくて他社との差別化を図るといった狙いもあります。ISOの導入をしておけば、他社よりも食品の扱いについてはきちんとしているのが明瞭になってきます。

また、仕事を振ってくれる会社から個人情報に関する委託書の契約などをする際にも、自社において個人情報に関するISOやPマークを導入しておけば、面倒な手続きを踏むことなくスムーズに仕事の契約に漕ぎ着けられるメリットもあります。

すべてのISOが仕事につながるわけではありませんが、国際標準規格であるISOを導入することで、社会からの信頼を得るだけでなく仕事の契約面でも有利に働くことは確かです。

審査費用や更新費用などを除けば、基本的には運用費用などが出ることはありません。むしろ、そうした無駄なコストを無くすのもISOを通してやるべきことになってきます。

ISOで食品の衛生や品質だけでなく、会社全体の見直しを行うことが理想と考えます。

ISOプロからのお知らせ:セミナー開催!

今回ISOプロではHACCPをはじめとした食品安全マネジメントシステムのセミナーの開催を予定しております。

消費者の食品に対する安全・衛星への要求が高まってきている現代で、厚生労働省が食品製造業を対象にHACCP導入の義務化の動きが出てきています。
今のうちからできる事や費用感であったり、セミナーを通じてHACCPの導入のあれこれを細かく解説していきます。

関連するおすすめ記事