認証とは、ある組織のマネジメントシステム や製品、要員などが規格要求事項 に合致しているかどうかを第三者機関(認証機関)が審査し、登録すること。よく似た言葉に「 認定 」というものがあるが、認定は審査機関が認定機関(日本ではJAB)から審査を受け、「認証審査を行う適正がある」ということを登録することを言う。