【ISO45001入門】認証取得のキホンと規格要求事項を徹底解説

  • ISO45001は労働安全衛生にまつわる国際認証規格
  • ISO45001の導入によって、94%の事業所で労働災害やヒヤリハット体験が減少した

労働安全衛生にまつわる国際規格「ISO45001」。これから取得を考えている人からしてみれば、何を理解し、どのように進めれば良いのかわからず、不安を抱いている方も多いかと思います。
日本では昨今の労働問題から、労働安全衛生に対する関心は高まってきており、ISO45001を取得することで労働災害削減への取り組みを対外的アピールすることも一つの取得目的になっています。
このページでは、ISO45001をこれから学ぼうとする人向けに基本的な情報を抜粋して簡単にISO45001を理解できる内容になっています。これからISO45001を取得するにあたって何をどのように理解すれば良いのか解説していきます。

img_iso9001_02
そもそもISOとは世界基準のモノサシです。
ISO45001は企業に勤務している従業員に対して労働災害など危険源を排除する仕組みを構築するガイドラインのことです。
ISO45001とは?
ISO45001とは、国際標準化機構による規格のひとつです。『労働災害など、危険源を排除する仕組み構築のためのガイドライン』のことであり、製品やサービスが働く人々に与えるリスクを評価し取り組むための規格です。
この規格は労働安全衛生に関連する法令やその他要求事項を順守することはもちろん、組織が独自に労働環境を改善することを目的としています。

労働安全衛生マネジメントシステムって何?

労働安全衛生マネジメントシステム(OHSMS)とは、組織の労働環境を認識し改善するためのシステムです。つまり、労働安全衛生の実現をするための「組織の仕組み」が労働安全衛生マネジメントシステムです。
無理に高価な安全器具などをを導入しようとしてもうまくいきません。労働安全衛生マネジメントシステムを導入することで、継続的な改善を円滑に実行することができるのです。

ISO45001の導入で労働災害やヒヤリハット体験が改善!?

img_iso9001_02
平成22年の厚生労働省の統計(労働安全衛生基本調査)によると、労働安全衛生マネジメントシステムの導入によって、労働災害やヒヤリハット体験が「減少した」と回答した事業所は、39.5%、「ある程度減少した」と回答した事業所は54.5%となっており、合わせて94%の事業所が効果を実感していることがわかります。
労働安全衛生マネジメントシステムを導入することは、マネジメントシステムの本来の目的である「労働安全衛生上のリスクの低減」の他にも、様々なメリットが考えられます。

ISO45001要求事項

要求事項とは、ISO45001を取得するために企業が実現すべき基本的な要件のことです。
これからISO45001を取得しようとする企業や既に運用している企業はこの要求事項の要件を満たしておく必要があります。
ISO45001の要求事項では、製品やサービスの仕組みや管理方法などのプロセスがきちんと動いているのかを判断します。

1.適用範囲
2.引用規格
3.用語及び定義
4.組織の状況
  • 4.1組織及びその状況の理解
    組織は労働安全衛生マネジメントシステムを確立するために、内部・外部の課題を特定します。「意図した成果」とは労働に関する怪我や病気を防止して安全で健康的な職場を働く人に提供することです。
  • 4.2働く人及びその他の利害関係者のニーズ及び期待の理解
    組織で働く人(代表も含めます)と利害関係者を特定します。特定されたニーズと期待の中で組織として順守すべき法令や顧客の要求事項を正しく理解することを求めています。
  • 4.3労働安全衛生マネジメントシステムの適用範囲の決定
    4.1項の「内部・外部の課題」、4.2項の「利害関係者」、さらに労働安全衛生マネジメントシステムに影響する活動を考慮して「適用範囲」を決定し、文書化します。
  • 4.4労働安全衛生マネジメントシステム
    組織の特性に応じて労働安全衛生マネジメントシステムの要求事項に適合したPDCAサイクルを運用することを要求しています。
5.リーダーシップ及び働く人の参加
  • 5.1リーダーシップ及びコミットメント
    労働安全衛生マネジメントシステムにトップマネジメント自身が関与して、リーダーシップのもと13(規格のa~m)のコミットメントを実施することを求めています。
  • 5.2労働安全衛生方針
    労働安全衛生方針は組織の労働安全衛生マネジメントシステムの目的や方向性を示す活動の枠組みを文書化します。この方針は組織内に伝達し、また利害関係者が入手できるようにします。
  • 5.3組織の役割、責任及び権限
    労働安全衛生マネジメントシステムを運用するために各階層で必要な役割を定めて、責任及び権限を割り当てます。トップマネジメントはマネジメントシステムの機能について責任を持ちます。
  • 5.4働く人の協議及び参加
    労働安全衛生マネジメントシステムにおける開発、計画、実施、パフォーマンス評価及び改善のための処置は、働く人による協議(意見を出し合うこと)及び参加(意思決定に関与すること)するプロセスを確立することを求めています。
6.計画
  • 6.1リスク及び機会への取組み
  • 6.1.1一般
    「4.1組織及びその状況の理解」、「4.2働く人及びその他の利害関係者のニーズ及び期待の理解」「4.3労働安全衛生マネジメントシステムの適用範囲の決定」を考慮し、リスク及び機会を決定します。
  • 6.1.2危険源の特定並びにリスク及び機会の評価
  • 6.1.2.1危険源の特定
    危険源(ケガや病気の原因)は継続的に先取りして特定し、インシデント(労働によるケガや病気)を未然に防止します。
  • 6.1.2.2労働安全衛生リスク及び労働安全衛生マネジメントシステムに対するその他のリスク評価
    危険源から生じるリスクやマネジメントシステムに関するリスクを評価する手法を確立します。
  • 6.1.2.3労働安全衛生機会及び労働安全衛生マネジメントシステムに対するその他の機会の評価
    労働安全衛生機会(パフォーマンスを向上させたり、作業環境を良くしたり、改善など)を評価するプロセスを求めています。
  • 6.1.3法的要求事項及びその他の要求事項の決定
    労働安全衛生マネジメントシステムに適用される法的及びその他の要求事項を決定します。決定に際してその法令の入手方法や適用方法、対象などを決めて文書化し、最新版にしておきます。
  • 6.1.4取組みの計画策定
    リスク及び機会、法的要求事項等、緊急事態について活動計画を策定します。
  • 6.2労働安全衛生目標及びそれを達成するための計画策定
  • 6.2.1労働安全衛生目標
    関連する部門と階層で目標を設定します。
  • 6.2.2労働安全衛生目標を達成するための取組みの計画策定
    目標を達成するための活動内容、必要な資源、責任者や達成期限を定めます。また結果の評価方法も決めて文書化します。
7.支援
  • 7.1資源
    組織の経営資源に関する事項で、人的・インフラストラクチャ・技術及び資金など必要な資源を決定し、提供することが求められます。インフラストラクチャの例では建物、設備、情報システムなどが含まれます。
  • 7.2力量
    「5.3組織の役割、責任及び権限」で規定された内容が十分な機能を果たせるように必要な力量を定めてその力量を持った人が当該業務を実施することを要求しています。一般に教育訓練の計画、実施、評価、改善といったPDCAを組み込むことが大切です。
  • 7.3認識
    働く人に対し、労働安全衛生に関する方針・目標、有効性に対する自己の貢献などの認識を持たせることを要求しています。
  • 7.4コミュニケーション
    「7.4.1一般」はコミュニケーションに必要なプロセス(内容・実施時期・対象者・方法)を確立させ、「7.4.2内部コミュニケーション」は組織内(従事者・委託)でのコミュニケーションの設定し継続的改善に寄与できること。「7.4.3外部コミュニケーション」は顧客や法的な要求事項も合わせて労働安全衛生マネジメントに関する情報についてコミュニケーションを行います。
  • 7.5文書化した情報
    「7.5.1一般」は労働安全衛生マネジメントで要求される管理対象の【文書化した情報】を定めています。【文書化した情報】はマニュアルや手順書などの「文書」と報告書などの「記録」があります。
    「7.5.2作成及び更新」および「7.5.3文書化した情報の管理」では業務を行う上でどの程度の文書化が必要か、どこまでの詳細な記録が必要かを決めて、組織に見合った文書管理を行います。一般に組織が大きくなるほど規定類や作業手順書などが細分化され、公式化していきます。
8.運用
  • 8.1運用の計画及び管理
  • 8.1.1一般
    「6計画」で定めた事項のプロセスを計画、実施により運用を確実にすることを要求しています。
  • 8.1.2危険源の除去及び労働安全衛生リスクの低減
    危険源の除去及びそのリスクに対する対応の優先順位について要求しています。管理策の優先順位とは①除去(危険源を取り除く)、②代替(より安全なものに置換える)、③工学的対策(危険源から分離する)、④管理的対策(教育訓練)、⑤個人用保護具(マスクなど)の順位で検討します。
  • 8.1.3変更の管理
    プロセス等に変更が生じた場合、労働安全衛生パフォーマンスに悪影響を与えないよう処置することを求めています。
  • 8.1.4調達
    製品及びサービスを調達するプロセスの管理を要求しており、調達を「8.1.4.2請負者」と「8.1.4.3外部委託」に分けて規定しています。
  • 8.2緊急事態への準備及び対応
    「6.1.2.1危険源の特定」で定めた起こりうる緊急事態の対応手順を策定し、その手順が有効に機能するかテストの実施を求めています。
9.パフォーマンス評価
  • 9.1モニタリング、測定、分析及びパフォーマンス評価
  • 9.1.1一般
    労働安全衛生マネジメントシステムの意図した成果が達成されたかを評価します。
  • 9.1.2順守評価
    「6.1.3法的要求事項及びその他の要求事項の決定」した事項について評価をするために必要なプロセス(評価頻度、評価方法、順守状況など)を確立します。
  • 9.2内部監査
    「9.2.1一般」及び「9.2.2内部監査プログラム」では組織の労働安全衛生マネジメントが規格に適合しているか、運用状況が有効性のあるものかを自社内でチェックします。
  • 9.3マネジメントレビュー
    トップによって実施されるレビューで労働安全衛生マネジメントの運用やパフォーマンスを確認・評価して次の改善につなげる要求事項です。
10.改善
  • 10.1一般
    労働安全衛生マネジメントシステムの意図した成果を達成するために改善の機会を定めて必要な取組みを行うことを要求しています
  • 10.2インシデント、不適合及び是正処置
    インシデント及び不適合を定めて管理するプロセスを確立し、是正処置を行います。また、是正処置を実施する前に、危険源に関連するリスク評価も行います。
  • 10.3継続的改善
    労働安全衛生マネジメントの適切性、妥当性、有効性を継続的に改善することを求めています。継続的改善はPDCAをスパイラル的に回してパフォーマンスを向上させていきます。
附属書A
  • 付属書Aはこの規格に規定する要求事項の誤った解釈を防ぐために設けられました。この規格の要求事項に対して、ある箇条の要求事項と他の箇条の要求事項との間に相互関係を示している部分もあり、他と切り離して解釈しないよう包括的な観点で参照することを意図しています。
    「A5.1リーダーシップ及びコミットメント」では以下のことが記述されています。
    労働安全衛生マネジメントシステムが成功するため,及びその意図した成果を達成するためには,組織のトップマネジメントの認識、対応、積極的なサポート及びフィードバックを含めたリーダーシップとコミットメントが不可欠である。したがって、トップマネジメントは、自身が個人的に関与又は指揮することが必要な特定の責任がある。
    組織の労働安全衛生マネジメントシステムを支える文化は、トップマネジメントによって概ね決定されるものであり、労働安全衛生マネジメントシステムに対するコミットメント、並びに労働安全衛生マネジメントシステムのスタイル及び習熟度を決定する個人及びグループの価値観、姿勢、管理の慣習、認識、力量及び活動パターンの産物である。その文化は、これらに限定されないが、働く人の活発な参加、相互の信頼に基づく協力とコミュニケーション、労働安全衛生機会の発見への積極的な関与による労働安全衛生マネジメントシステムの重要性に対する共通の認識、及び予防・保護処置の有効性への信を特徴とする。トップマネジメントがリーダーシップを実証する重要な方法は、インシデント、危険源、リスクと機会の報告を働く人に奨励すること、及び報告したときに解雇の脅迫又は懲戒処分等の報復から働く人を保護することである。】
    組織の経営計画の中に他の経営と両立して労働安全衛生マネジメントシステムに関わる活動が組込まれています。トップマネジメントの強いリーダーシップのもと、全員が自ら活動の主体として取組むことが労働安全衛生マネジメントシステムの構築の鍵といえます。
労働安全衛生目標・労働安全衛生方針
ISO45001を構築するにあたって、決定の基準となる『労働安全衛生方針』と構築に向けて具体的に達成すべき『労働安全衛生目標』の2つを定める必要があります。
労働安全衛生方針は、企業や組織で働く人の労働に関する負傷や疾病を予防し、安全で健康的な職場を提供する方針のことです。構築時には労働が安全で行われる環境を保つように維持しなければいけません。
労働安全衛生目標は、労働安全方針を実行するために定める具体的な目標のことです。よくある話として目標が認証取得が目標になりがちですが、あくまでも目標設定は労働安全衛生を保つことであり、働きやすい環境を向上させることです。認識のブレに注意しておきたいところです。

OHSAS18001のISO45001移行

ISO45001は、これまでOSHMSのスタンダード規格であった、OHSAS 18001をベースとして構築された規格です。このOHSAS 18001は、2019年10月に新規認証取得の申し込み受け付けを終了し、2021年3月からは登録失効する予定となっており、OHSAS取得企業はISO45001への移行が求められています。
OHSAS18001とISO45001との違いとは
OHSAS18001とは、ISO45001が発行される前に存在していた労働安全衛生に関するマネジメント規格です。大筋での要求事項は同じですが、ISO9001:2015など他の規格と同じ構成にして2018年に発行されたものがISO45001:2018です。
OHSAS18001をすでに認証されている企業はISO45001に移行するための審査を受けなければいけません。

どのような目的で取得されるのか

取引先からの信頼感醸成
ISO45001は世界で評価される国際規格です。このため、取得しているだけで「この会社の品質はしっかりしている」ということを取引先に示すことができるのです。
公共事業の入札加点に
公共工事の中にはISO45001を取得していることが参加条件となることがあります。そうでなくても、とりわけ建設関係の企業は入札加点の対象となることもあります。
業務効率化
ISO45001を取得するにあたって、作業工程の見える化を行います。その過程でこれまで見えなかった業務の無駄などを削減することができるため、業務効率の見直しを行うことができるのです。
社内の意識改革
ISO45001を取得する過程で組織図や業務の割り振りを整えていきます。こうすることで、社員各々の役割や目指すものが明確になり、一人ひとりの意識が変わっていきます。
取引や契約を優位にする・社内の改善が主な理由

ISO45001を取得する目的は企業によってさまざまです。
主な理由としては、取引先からの信頼獲得、公共事業の入札加点、業務の効率化、社内の意識改革などがあります。
取引や契約を優位にするためや社内整備などに重きを置いていると考えられます。

ISO45001はどんな企業が取得しているのか?
現在では建設業や製造業といった高所作業など危険な場所での業務が発生する企業が取得されていることが多いです。
労働者の安全に対する意識が高まってきていることもあり、今後はサービス業などでも取得する企業がでてくるかもしれません。

ISO45001取得の流れについて

ISO45001の内容を把握したら次はISO取得の流れについて理解してみましょう。
最初はどこから着手するのか、全体像を把握することで取得に向けた動き方が理解できます。

取得のスケジュール例

ISO認証 取得までの基本的な流れは各規格で同様です。
ISO取得のための準備を行い、ISO規格の要求事項に沿ったマネジメントシステムを構築し、実際に運用をします。その上で審査を受け、通過することでISO規格の認証取得となります。詳しい詳細はこちらで確認できます。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

この記事の監修者情報
残田康平 ( ISOコンサルタント )
約5年間ISOコンサルティング会社で累計200社以上のISO構築に携わってきました。現在はISOプロのISOコンサルタントとして活動中。企業の得意・不得意を引き出しつつ、自社にピッタリなISOを構築することが得意です。これからISOに携わる人々にわかりやすい言葉で情報発信をしています。

ISO取得・運用ガイド

ISOを初めて取得する方や運用中の方のお悩みを基礎知識から実際の取得・構築・運用・継続や更新についてステップ形式で解説していきます。気になる費用などの情報も満載です。

こんな方に読んでほしい

  • ISOを初めて取得する方
  • すでにISO運用中の方

自社取得、自社運用、アウトソーシングをするための基礎知識や流れをご説明します。

インタビュー

これぞ従業員の意識改革!製造販売業が取り入れた総合マネジメントシステム

ISOプロ講座 HACCPプロ講座 HACCPセミナー マンガで分かるISOプロ お電話での問い合わせ コンサルタント募集
WEB相談