ISO 45001規格 の労働安全衛生マネジメントシステム では、危険源 を特定してその危険源がどの程度の影響を持つのかということについて調査し、評価する必要があります。この一連のプロセスはリスクアセスメントと呼ばれるものですが、初めてマネジメントシステムを構築する場合、リスクアセスメントが何の目的で実施されるものなのかということをわからないかもしれません。

ということで、今回はISO45001におけるリスクアセスメントはどのような役割を持っており、どのようにして行われるものであるのかということについて、解説していきたいと思います。

リスクアセスメントとは

リスクアセスメントとは、リスク特定 (どのようなリスクがあるかを発見)し、リスク分析(リスクの重要度や影響範囲を調査)。リスク評価 (リスクがどの程度の頻度で発生するのかを想定し、重要度や影響範囲を考慮してリスクのレベルを決定する)する一連のプロセスのことを言います。

ISO45001では、リスクとは働く人職場 で怪我や疾病をする要因のことです。

つまりわかりやすく言うと、「働く人が、労働災害に見舞われる可能性のある要因を見つけ出し、そのリスクについて調査した上で10点満点中何点なのかを採点する」ことがリスクアセスメントです。

リスクアセスメントは何のために行われるのか

労働安全衛生という視点で物事を見ると、リスクというものは非常に多くあります。例えば長時間労働というのもリスクですし、化学薬品が体の中に入ってしまうこともリスクです。この他にも、ちょっとした段差が怪我をさせる原因になってしまうことも考えられますよね?

しかし、細かいところまで気にしていると何もできなくなってしまいます。このため、「そのリスクに対しては本当に対策を講じる必要があるのか?」「そのリスクはどのように対処すべきか?」ということを、合理的に判断する必要が出てきます。

この「合理的判断」を行うためにリスクが一定の基準を満たしているかということを評価する…これがリスクアセスメントの目的です。

リスクアセスメントはどのように行われるのか

リスクアセスメントは、

  • リスク特定
  • リスク分析
  • リスク評価

の3つのプロセスによって実施されます。

リスクアセスメントの流れ

リスク特定

リスク特定は、リスクを発見するプロセスです。このリスク特定では全てのリスクを特定する必要はありませんが、顕在化しているリスクを見ないふりしたり、リスクであると認識すべきなのにリスクであると認識しなかったりしてはいけません。

マネジメントシステム構築の初期段階で定めた労働安全衛生方針からブレないように心がけると良いでしょう。

リスク分析

リスク特定によって発見したリスクがそれぞれ、

  • どの程度影響のあるものか
  • どの程度の影響範囲があるのか
  • どの程度の頻度で発生するのか

ということを分析します。可能であれば定量的な基準を持ってリスクを分析することが望ましいでしょう。

リスク評価

物事を合理的に判断するためには、それらをバイアスのかからない状態で平等に見る必要があります。このためリスク基準を定め、その基準値からどの程度離れているかということを評価していくプロセスが必要になります。

リスク評価の方法は様々でありますが、その手法を規格は縛っていません。望ましいと思う評価プロセスを決定し、そのプロセスに基づいて評価を行いましょう。

リスクアセスメントを行ったら

リスクアセスメントを行ったら、その結果については文書化しておきましょう。

  • リスク特定によって発見した危険源のリスト
  • リスク評価の結果
  • リスク分析の結果

これらはマネジメントレビューでも活用することができる文書です。

また、リスクアセスメントは一回行ったらそれで終了というわけではありません。組織の状況の変化によってリスクは変化するためです。定期的にリスクアセスメントを行うためにも、文書化して過去の記録として残しておくことが望ましいでしょう。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。