重要管理点 ジュウヨウカンリテン

投稿日:

ISOプロ担当者

最終更新日: 2019年08月12日

重要管理点(Critical Control Point)とは、食品衛生管理手法であるHACCPにおいて、危害要因(Hazard)を除去・低減するために不可欠であると定められた管理点(Control Point)である。省略してCCPと呼ばれることもある。

例えば、食中毒リスクを低減させるためには、

  • 作業者は手をアルコール消毒する
  • 90℃以上の熱湯で3分以上加熱する
  • 作業場の清潔を保つ
  • 雑菌が混入しないように廃棄場と作業場を遠ざける

といった管理点が必要であると考えられるが、この中でも特に「90℃以上の熱湯で3分以上加熱する」というものが重要であるとすれば、それが重要管理点となる。

HACCPではこの重要管理点を適切に運用することが求められる。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。


記事に戻る

関連するおすすめ記事

ISOプロ講座
HACCPプロ講座