重要管理点 ジュウヨウカンリテン

投稿日:

ISOプロ担当者

最終更新日: 2019年08月12日

重要管理点(Critical Control Point)とは、食品衛生管理手法であるHACCPにおいて、危害要因(Hazard)を除去・低減するために不可欠であると定められた管理点(Control Point)である。省略してCCPと呼ばれることもある。

例えば、食中毒リスクを低減させるためには、

  • 作業者は手をアルコール消毒する
  • 90℃以上の熱湯で3分以上加熱する
  • 作業場の清潔を保つ
  • 雑菌が混入しないように廃棄場と作業場を遠ざける

といった管理点が必要であると考えられるが、この中でも特に「90℃以上の熱湯で3分以上加熱する」というものが重要であるとすれば、それが重要管理点となる。

HACCPではこの重要管理点を適切に運用することが求められる。


記事に戻る

関連するおすすめ記事