食品安全マネジメントシステムの国際規格 である ISO 22000。 FSMS に関する規格はISO22000の他にも多数ありますが、その中でもISO22000を取得するメリットとはどのようなものなのでしょうか?

今回は、ISO22000を取得するメリットと、デメリットに関してご紹介していきましょう。

ISO22000を取得するメリットとは

ISO22000を取得するメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • ・取引先や顧客からの信頼感向上
  • ・取引先、顧客の拡大
  • ・競合との差別化
  • ・取引先からの監査条件の緩和
  • ・工程管理の可視化によってスピーディーな対応が可能に
  • ・従業員の意識改革や教育改革
  • ・食品安全リスクの低減
  • ・作業効率の改善

以下では、これらのメリットについて詳しく解説していきたいと思います。

信頼感の醸成

ISO22000を取得するためには、食品安全マネジメントシステムを構築する必要があります。ISO22000規格の食品安全マネジメントシステムは、HACCPとISO9001 を組み合わせたようなマネジメントシステムと表現されることがあります。つまり、食品の安全だけでなく食品の品質 にまで自主的な取り組みを行っている組織であることを、認証を用いることで対外的にアピールできるのです。これは、取引先や顧客からの信頼感に繋がります。

取引先の拡大

事業者によっては、ISO22000を取得している組織を取引先として選択する会社もあります。また、食の安全が叫ばれる現代では、顧客でさえもISO22000の認証を取得しているかどうかということを気にする人もいるでしょう。認証を取得しなければ機会損失となっていた商機会も、認証を取得することで損失せずにすむかもしれません。

競合との差別化

HACCPの制度化によって多くの組織がISO22000や他の食品安全マネジメントシステム認証の取得を目指していますが、それでも普及率はまだまだ少ないのが現状です。こういったタイミングで認証取得をしておくと、競合との差別化が図れて一歩リードすることができます。

工程管理の可視化

マネジメントシステムを構築するにあたっては、「工程管理」というものを行うために工程を可視化する必要が出てきます。これはわざわざ認証を取得しなくてもできることですが、ISO22000規格に従うことでこれは実現可能となります。工程が可視化されると、工程トラブルの減少、顧客クレームへの迅速な対応、食品安全リスクの予防処置につなげることができるため、事業の持続的発展を可能にします。

従業員の意識改革や教育改革

ISO22000を取得するにあたっては、組織が食品安全衛生に対してどのような理念を持ち、どういう目標を達成したいのかということを組織の構成員に浸透させる必要がありますが、このプロセスによって従業員の食品安全に対する意識改革や、教育による力量向上を期待することができます。従業員の力量向上、意識改革はソフトな部分での食品安全リスクの低減にも寄与するでしょう。

食品安全リスクの低減

食品安全マネジメントシステムは食品安全水準を継続的に改善していくための組織を指揮する仕組みです。当たり前かもしれませんが、組織を適切に指揮することができれば、食品安全リスクというものは低減していきます。

作業効率の改善

先程の工程管理の可視化と少しかぶるかもしれませんが、ISO22000規格の食品安全マネジメントシステムでは、工程管理を行い、さらに計画の実行を監視し、レビューを行います。これを強制的に組織にやらせることは、工程上の問題を洗い出すことにも繋がります。

ISO22000のデメリットとは?

逆に、ISO22000のデメリットにはどのようなものがあるでしょうか?

  • ・マネジメントシステム認証の取得や維持に費用がかかる
  • ・ISO22000よりも厳密な食品安全マネジメントシステムがあるため、事業規模によっては他の規格のほうが適切な場合もある

例えばSQFやFSSC22000という食品安全マネジメントシステム認証がありますが、こういった規格はISO22000よりもより厳密な食品安全衛生管理を行うための規格と言われています。

規格に優劣はありませんが、事業規模が大きい場合はこういった認証の取得を目指すほうが多くのメリットを享受することができるかもしれません。ISO22000の取得を目指す場合は、こういった類似規格の存在についても確かめておくほうが良いかもしれません。

ISOプロからのお知らせ:セミナー開催!

今回ISOプロではHACCPをはじめとした食品安全マネジメントシステムのセミナーの開催を予定しております。

消費者の食品に対する安全・衛星への要求が高まってきている現代で、厚生労働省が食品製造業を対象にHACCP導入の義務化の動きが出てきています。今のうちからできる事や費用感であったり、セミナーを通じてHACCPの導入のあれこれを細かく解説していきます。