NSS株式会社 サービスサイト

各種ISO取得、運用サイト【ISOプロ】

Yahoo検索ランキング1位 イプロスカタログランキング1位

ISO22000取得の流れとメリット・デメリット

ISOプロ担当者

HACCP導入が義務化されるようになった背景

ここでは、衛生面を含めた食品安全管理を実施するためのマネジメントシステムであるISO22000について紹介していきます。主に食品製造業者が取得する規定ですが、このISO規格を取得することで、近年度々ニュースになる食品関係の事故の防止や顧客クレームの減少のほか、「食品安全に対して意識が高い」というブランディングにも繋がります。それでは、ISO22000とは何か、基本的な取得方法とそのメリット・デメリットを理解していきましょう。

ISO22000取得の流れは?

ISO22000は、衛生面を含めた食品安全管理を目的とした、マネジメントシステムの規格です。対象は、フードチェーンに関与するすべての組織で、農業・畜産業・漁業・養殖業などの一次生産者およびその材料の加工・配送業者などが含まれます。当然ですが、食品製造業者の認定取得が目立ちます。

相変わらず食品製造業者による食品安全関連の事故を目にしますが、こうした事件を起こしてしまうと、企業として説明責任が求められることから、ISO22000取得の意識が高まってきているようです。ISO22000を取得していることで、「食品安全に対する意識が高い」というブランディングにも繋がり、エンドユーザーの獲得、ビジネスの拡大などが見込めるのです。

取得には、他のISO規格と同様の工程が必要です。まず、システム構築・運用のためにPDCAを回転させます。その後認証取得に関する情報収集や方針の策定、手順、規定類の作成を行い、マネジメントシステムを運用して活動を記録し、分析・評価を行い、マネジメントレビューを実施します。認定取得は二段階に分かれており、ファーストステージ審査とセカンドステージ審査があります。

ファーストステージとセカンドステージの間隔は原則として最短1ヵ月、最長6ヵ月。審査が完了すると、それぞれに登録証が発行されます。この時点で審査判定会にて登録の可否が判定されるという流れです。

ISO22000取得のメリット

ISO22000のメリットを社内的なものと対外的なものに分けてご説明していきましょう。

まず社内的なものですが、最も大きなものは、食品にまつわる事故防止でしょう。加えて、食品安全ハザードを明確化することで、食品製造工程のトラブルや顧客のクレームの減少、予防措置の標準化を進めることができます。

また、従業員の意識変化、企業としての意識の統一などもメリットの一つといえるでしょう。ISO22000を取得することで、企業としての方針を明確にでき、その理念を社員一人ひとりに浸透させ企業全体として食品安全に対する意識の変革を促し、食品安全リスクの低減を実現させるのです。

さらに、製造工程を可視化することで、作業のムダを排除し効率を改善させることができます。つまり、業務効率の改善や組織体制の強化、業務・工程の可視化による業務継承の円滑化、継続的な企業価値の向上などが期待できるのです。

対外的なメリットとしては、やはり「信頼感」の醸成でしょう。安心・安全な製品・サービスを提供するための仕組みづくりを確立することで、消費者や取引先から「食品安全のプロフェッショナル」として信頼されるようになります。

さらに、サプライチェーン全体の危機管理コミュニケーションの円滑化や、海外企業を含む取引要件の達成などもメリットとして挙げられるでしょう 。納入先の信頼を得ることで、より大きなビジネスチャンスを掴むきっかけになるほか、消費者への食品安全のアピールになるため、意識の高い顧客を取り込むことにも繋がるのです。

ISO22000取得のデメリット

ISO22000をはじめとするISO取得の一般的なデメリットとして、「人中心」の業務フロー・体制が崩れるというものがあります。食品製造・流通業務においても、「この業務にはこの人が適任」というような形で属人的に最適化されていることがありますが、マニュアルを導入することで作業は均一化されます。

特に衛生面の確認業務においては、「当たり前」のことの実施を厳密に義務付けることがあるため、業務が滞るという話も聞きます。また、すぐに結果が出るものではないため、「何のためにISO22000を取得したのか」という話になりかねません。あくまで長い目で見て、企業の信頼を獲得していくことに焦点を当てましょう。

まとめ

さて、ここまでの説明で衛生面を含めた食品安全管理を実施するためのマネジメントシステムであるISO22000の概略、取得の流れ、そしてメリットとデメリットをご理解いただけたかと思います。

ISOプロは、ISOの各種認証取得や運用、マニュアル作成など幅広くサポートしており、企業様に合わせたムダのないご提案を心がけています。既に認証を取得しているお客様においても、ISOの専門家としてのご提案が可能なので、さらに詳しくISO認証後の運用を知りたいという方は、お気軽に資料請求、またはお問い合わせください。

ISOプロからのお知らせ:セミナー開催!

今回ISOプロではHACCPをはじめとした食品安全マネジメントシステムのセミナーの開催を予定しております。

消費者の食品に対する安全・衛星への要求が高まってきている現代で、厚生労働省が食品製造業を対象にHACCP導入の義務化の動きが出てきています。
今のうちからできる事や費用感であったり、セミナーを通じてHACCPの導入のあれこれを細かく解説していきます。

関連する記事・ページ

TOP