食品安全マネジメントシステム認証 規格 である ISO 22000を取得するためには、内部監査 を実施する必要があります。この内部監査では、組織の内部の人間やコンサルタントによって組織が構築した食品安全マネジメントシステムの有効性 と規格適合性をチェックしますが、初めて内部監査を行う組織にとっては、「何をチェックすれば良いのか」がわからないと思います。

ということで、今回は、ISO22000における内部監査ではどのようなポイントをチェックすれば良いのかということを解説していきたいと思います。

内部監査とは?

内部監査とは、組織が構築したマネジメントシステムが、ISO22000の要求することを満たしているか、またマネジメントシステムが有効な状態――つまり継続的改善を行うことができる状態にあるかどうかということを組織の構成員がチェックすることを言います。

内部監査は認証取得の本審査の前に実施するものでありますが、それ以外にも定期的に実施し、常にマネジメントシステムが適合性と有効性を満たしている状態にあるかをチェックしていく必要があります。

ISO22000の内部監査でのチェックポイント

ISO22000では、以下のようなポイントを内部監査でチェックしていきます。

適合性について

適合性とは、規格の要求事項を満たしているかどうかということを意味します。ISO22000は食品安全マネジメントシステムを構築するためのガイドラインのような役割を持ちます。このガイドラインに沿ってマネジメントシステムが構築されていなければ、それはISO22000規格のマネジメントシステムであるとは言えません。

  • 法的要求事項を満たしているか
  • 国外と取引を行っている場合は、その国の法令を順守しているか
  • 食品安全方針や食品安全目標を定め、適切にレビューを行っているか
  • リスクを洗い出し、そのリスクをレビューし、対応の方法を決定しているか
  • 食品の安全を脅かすリスクは、既に洗い出しており、本当にそれ以外のリスクはないか
  • 食品安全方針や食品安全目標は組織の構成員に伝達されているか
  • 前提条件プログラムは満たしており、HACCPシステムを構築できているか
    • 上記のようなポイントをチェックしておくと良いでしょう。

      有効性について

      有効性とは、マネジメントシステムが「ちゃんとした状態にあるか」のことを言います。ちゃんとした状態とは、マネジメントシステムが意図した成果を達成できる状態にあるかということです。

      ISO22000が意図するマネジメントシステムの成果とは、例えば「お客様が安心して口に入れられることができる食品を提供する」といったようなものです。この意図した成果を達成するためには、規格の要求事項を満たすだけでは足りません。マネジメントシステムの運用に真摯に取り組む必要があります。

      マネジメントシステムの有効性を確かめるためには、

      • 仕事のプロセスは見える化されているか
      • 食品安全計画は円滑に実行されているか
      • 組織の構成員に対して適切な教育は行われているか
      • 食品安全目標は食品安全方針と整合性が取れているか
      • 食品安全目標は計測可能で、正しくレビューを行えるか
      • マネジメントレビューを実施しているか
      • データ収集の方法は適切か
      • 何らかの測定器によってデータ収集している場合、測定器の保守はできているか

      上記のようなポイントをチェックするようにしましょう。

      内部監査によって新たなリスクが発見されることも

      マネジメントシステム構築段階では発見することができなかったリスクが内部監査によって発見されることもありますし、未来のリスクに気づくこともあるでしょう。こういったリスクについては、是正処置予防処置 を行うことで継続的改善を目指します。

      ISOのマネジメントシステムでは、「現在対応できているか」ということよりも、「継続的に改善していくことができるか」ということが重視されます。こういった規格が本来意図するマネジメントシステムの形についても意識して内部監査を行うことも重要です。

      このため、内部監査員はマネジメントシステムの規格について理解を深めておく必要があります。

      組織はマネジメントシステム構築段階から、内部監査員を養成していくように心がけましょう。

ISOプロからのお知らせ:セミナー開催!

今回ISOプロではHACCPをはじめとした食品安全マネジメントシステムのセミナーの開催を予定しております。

消費者の食品に対する安全・衛星への要求が高まってきている現代で、厚生労働省が食品製造業を対象にHACCP導入の義務化の動きが出てきています。今のうちからできる事や費用感であったり、セミナーを通じてHACCPの導入のあれこれを細かく解説していきます。