国際規格のISO22000とHACCPのいろいろな種類

41387ea0019aba827975e528d01267cc_s

 

食べ物とは直接口にするため、誰もが少しでも安全な食べ物を選びたいと考えるものです。衛生面に気を遣うことは、食品に関わる会社にとって極めて重要です。そのため、HACCPに沿った衛生管理を導入し製造を行う会社が増えています。

衛生管理の手法としてHACCPやISO22000などがあります。

これらは目にする機会の多いワードですが、特にHACCPのことは分からないもの。こちらでは近年の食品製造に欠かせないHACCPについて解説致します。



元となるHACCPはひとつ

 

食品に異物が混入したというニュースが度々起こっています。

食品は健康に直結していることから消費者の誰もが安全な食品を選んでいるのです。

そこで、多くの食品メーカーが採用しているのがHACCPです。食品の製造工程や加工工程には、微生物汚染、物理的汚染、化学的汚染などのリスクがあります。

こういったリスクを分析し、管理方法を定めることで汚染のリスクを避けることが出来ますが、HACCPとはそのガイドラインなのです。食品の安全にとって特に厳重に管理する必要がある工程で管理する基準を決め、さらに継続的に監視を続けることで安全性を確保します。 

安全な食品製造のためにHACCPの考え方は欠かせないものです。

HACCPはNASAで宇宙食の安全性を確保する方法として考えられた衛生管理の手法です。

宇宙食は宇宙空間で食べられるものですので、安全性の高いものでなければならなかったためです。

その後、HACCPは食品規格委員会(Codex)からガイドラインとして発表され、HACCPの安全性の高さが評価され、国際的に認められました。今日では世界中の衛生管理の手法となっています。 

それでは、HACCPに取り組むことでどういったメリットがあるのでしょうか。

何より安全性の高い食品が製造出来るということでしょう。食の安全が叫ばれている世の中だからこそ、より効果的と言えます。さらに、消費者にとってアピールにもなりますので、消費者に選んでもらえるでしょう。

そして、製造工程の見直しを行いますので作業効率を向上させることにも繋がります。また、不良品の発生も抑えることが出来るので、コストダウンにもなることでしょう。

世界中の様々なHACCPと国際規格となったISO22000

 

HACCPは世界中に幅広く採用されており、食品の製造業において欠かせないものとなっています。しかし、HACCPの対象となっているのは主に食品の製造や加工だけなのです。

さらに、HACCPは規格が統一されておらず、明確な基準がありませんでした。

そこで登場したのがISO22000という国際規格です。 

この国際規格は国際標準化機構が2005年の9月に定めたもので、食品安全マネジメントシステムと呼ばれます。 

この国際規格の特徴のひとつとして対象は食品の製造や加工だけではありません。

農業、肥料や動物用医療品製造業、材料や添加物製造業、食品製造機械メーカーなども含まれます。さらに、規模の大小も問いません。

HACCPは明確な基準が定められていなかったことから、これまでHACCPにしたがって製造を行っていた食品メーカーが、国際規格であるISO22000の取得を目指すケースも増えています。

ISO22000ではHACCPの考え方の多くをそのまま要求事項として採用された規格です。それに加え、食品安全の仕組を有効に機能させるためにマネジメントの概念を有します。そのため、国際規格のISO22000を取得することで高い安全性を確保することが出来るのです。

どの食品メーカーでも安全についての取り組みを行っていると思いますが、その取り組みを証明することは困難でした。しかし、国際規格を取得することによって安全についての取り組みを証明することが出来るのです。

消費者は常に安全な食べ物を求めています。国際規格を取得することが安全性の評価につながり、安心感が高まりますので消費者に選んでもらえることでしょう。

ISO22000はこれからの食品に関わる会社にとって欠かすことの出来ない国際規格となります。

日本でのHACCP

多くの食品メーカーは安全性の高い食品製造を行っていますが、そこではHACCPの手法にしたがうことがほとんどです。

日本にもいくつもの種類のHACCPがあり、それぞれのHACCPによって基準は異なっています。

代表的なものは厚生労働省の定めるHACCPや都道府県や市などが定めるHACCP、食品業界の団体が定めるHACCPなどです。

もちろん、すべてのHACCPが食中毒や異物などによる危害を未然に防止し、製品の安全を確保するためにありますが、取得するHACCPの種類によって基準が異なる場合もあるため安全性の証明が弱かったのです。しかし、国際規格のISO22000であれば世界中で共通の要求事項が決められているので、信頼性の高い食品安全の証明になります。

それでは、この国際規格を取得するにはどうしたら良いのでしょうか。何より大切なことは製造工程や製造する場所の作業環境を見直すことです。菌や化学物質、異物などの混入を防ぐための環境を作りましょう。そして、具体的にどういった管理をするのか、社内に食品の安全確保の仕組みを構築し、改善していくことが求められます。

ISOプロからのお知らせ:セミナー開催!

今回ISOプロではHACCPをはじめとした食品安全マネジメントシステムのセミナーの開催を予定しております。

消費者の食品に対する安全・衛星への要求が高まってきている現代で、厚生労働省が食品製造業を対象にHACCP導入の義務化の動きが出てきています。
今のうちからできる事や費用感であったり、セミナーを通じてHACCPの導入のあれこれを細かく解説していきます。

関連するおすすめ記事