SQFとHACCPとの関係性

投稿日:

ISOプロ担当者

最終更新日: 2019年10月02日

photo-1498837167922-ddd27525d352 (1)

2020年のオリンピックに向けて食の安全というものへの関心は高まっています。2018年に義務化が決まったHACCPによる衛生管理の導入はその最たる例でしょう。

しかし、せっかくHACCPというマネジメントシステムを構築するのですから、PマークやISO9001のように認証を受けたいと考える事業者の方も多いかもしれません。そんな認証基準の一つがSQFと呼ばれるものです。

今回は、SQFとは何なのか、またHACCPとはどのような関係性にあるのかということについてご紹介していきたいと思います。

SQFとは

SQFとは、Safe Quality Food(安全で高品質な食品)の略称で、オーストラリアで開発された食品の製造過程・製品認証基準のことです。その考え方はHACCPに基づいて策定されており、HACCPとは異なり製品認証を得ることができます。

SQFから認証された製品には、SQFマークの使用が許可されることになり、このSQFマークを得るためには重要管理点(CCP)と重要品質点(CQP)を確実に管理していることが認められる必要があります。つまり、SQFマークを取得している製品は第三者から「食品の安全性」を認められているという証になるのです。

SQFを構築する要素

SQFは食品の安全だけでなく、食品の品質についても求められることになりますが、基本的に大部分はHACCPの考え方に基づいています。

SQFのプログラムを構築するにあたっては、まずはGMP(適正衛生規範)・SSOP(衛生食品作業手順書)を整備し、土台を作り上げていきます。これらによって、衛生的な作業手順を整え、その上でHACCPの7原則12手順に基づく衛生管理手法を導入していきます。これらが終わった後にISO9001などにも共通する品質マニュアルを構築していくのです。

HACCPとSQFの違い

NASAが開発した食品衛生管理システムであるHACCPとSQFの最も大きな違いは、SQFにはCCP(重要管理点)だけでなく、CQP(重要品質点)が求められる点です。

SQFプログラムは、「食の安全」だけでなく、「食の品質」についても求められることになるため、HACCPよりも高次の食品衛生管理システムであるといえるでしょう。

また、HACCPは市区町村や企業が認証を与えることがあったとしても、国際的な第三者認証プログラムではありません。つまり、海外への輸出や全国へ幅広く取引先を開拓していく上で、HACCPを導入したからといって、そこまで大きなマーケティング的なメリットは得られないでしょう。

一方でSQFは国際的な規格として第三者による定期的な検査が義務付けられており、1年に1度再登録が行われます。このため、SQF認証を取得することで、「第三者機関が食品の安全と品質を認めた」ということがみなされるため、大きなマーケティング的なメリットがあるといえます。

CQPとはどのようなもの?

SQFで求められるCQPは、Critical Quality Pointの略称で、食品の品質を維持するために重要な管理点のことを指します。HACCPでもおなじみのCCPは、Critical Control Pointの略で、食品のリスクを低減するために管理すべき重要な製造工程を指します。

CCPは例えば、食品を加工する段階でノロウイルスを取り除くために、「90℃以上の温度で90秒間加熱する」といった管理点のことを言いますが、CQPは品質における管理基準です。CQPは「ここを管理できなければ、食品の品質が著しく低下してしまう」というポイントのことを指します。

いかに食品の安全が確保されていたとしても、食品の味が落ちてしまっては取引先や顧客からのクレームを受けることにもなります。つまり、実際の現場では「安全」なだけでは不十分であり、品質に関しても管理しておく必要があるのです。

SQFはHACCPとISO9001の要素を組み合わせたもの

まとめると、SQFはHACCPの衛生管理手法とISO9001のような品質管理システムの要素を組み合わせたようなマネジメントシステムです。SQFでは食品の安全性と同じレベルの品質の維持を求められることになります。

これだけ聞くと、認証取得の敷居は高く感じてしまいますが、マネジメントシステムとは常にPDCAサイクルを回し、改善していくものです。つまり一度SQFシステムを構築して運用していくことで、食品の品質や安全性は導入以前に比べて格段に改善されていくことになるはずです。

ISOプロからのお知らせ:セミナー開催!

今回ISOプロではHACCPをはじめとした食品安全マネジメントシステムのセミナーの開催を予定しております。

消費者の食品に対する安全・衛星への要求が高まってきている現代で、厚生労働省が食品製造業を対象にHACCP導入の義務化の動きが出てきています。
今のうちからできる事や費用感であったり、セミナーを通じてHACCPの導入のあれこれを細かく解説していきます。

人気記事( HACCP(ハサップ))

1 693
2 pexels-photo-533360 (1)
3 study-2208047_1280 (1)

OPRPとは?PRPと何が違うの?

2019年05月01日

15,907 Views

4 photo-1422919869950-5fdedb27cde8 (1)
5 pexels-photo-545014 (1)
6 888889
7 844f59623d38bc4e8d34ced15eedbbb3_l
8 photo-1479142506502-19b3a3b7ff33 (1)

関連するおすすめ記事