• ISO14001は環境マネジメントシステムを構築するためのガイドラインのようなもの
  • ISO14001認証取得は対外的アピールや社内改善に効果を発揮
  • ISO14001は商社との取引や官公庁の入札条件などの取引に活かせる

環境 マネジメントシステムの国際規格 である ISO 14001は、 品質ISO9001 とセットで取得されることが多い規格です。工場やごみ収集のトラックなどで目にしたことがある方は多いかもしれません。
草木や空気などの自然環境はもちろん、従業員や顧客など企業を取り巻くすべての環境に、悪影響を及ぼすリスクの低減や改善していく取り組みが求められています。
取引先からの要望や入札要件を満たすためだけでなく、海外の法令に準ずるためや環境への取り組みを対外的に示すために取得されることが多い国際規格です。

ここでは、ISO14001認証取得を目指す担当者向けに “分かりやすく”解説していきます。ISO14001の概要、認証取得の流れはもちろん、認証取得のメリット・デメリットも取り上げているので、ぜひ参考にしてください。

環境の規格「ISO14001」

ISO14001とは

ISO14001とは、国際標準化機構(ISO)が策定した環境マネジメントシステムの国際認証規格です。企業活動における環境リスクを分析し、そのリスクを低減するための仕組みを構築するガイドラインのような存在となります。
簡単に説明すると、環境にとって良い要因は伸ばし、悪い要因は低減・改善していく仕組みを作り、継続的に運用していきましょうというもので、組織の自主的な環境への取り組みを支援する目的で策定されました。

例えば、工場から排出される煙や工場排水は大気汚染や水質汚染の原因となり、近隣住民だけでなく工場付近の自然環境にも甚大な影響を及ぼす可能性があります。そういったリスクを低減するために、有害物質を除外する集じん装置や排水処理装置などを用いるルールを決めて運用していきます。
しかしルール通り運用していても、ヒューマンエラーなどで装置が上手く起動しないなどの問題も起こります。その際に同様のミスを繰り返さないように、構築したプロセスを見直し改善していくことで、より確実に環境リスクを低減できる仕組みにしていくのです。

このプロセスを記した仕様書の事をISO14001では「手順書」と呼び、問題点を改善する仕組みのことを『環境マネジメントシステム』といいます。
またISO14001では、環境に関する法令等への対応も求められています。

環境マネジメントシステムとは

環境とは

ISO14001における「環境」とは、森林や空気、水などの“自然環境”のことも指しますが、他にも企業と関係を持つ取引先や政府自治体、従業員や顧客など企業を取り巻く環境すべてのモノゴトを指します。
ISO14001では企業の行動で周囲にどのような影響を与えているのかを分析することが求められています。

環境とは

他のISO規格との違いとは?

ISO14001(環境マネジメントシステム)と比較されやすい規格として、ISO9001(品質マネジメントシステム)があります。また、近年、特に認証取得数が増加している規格としてISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)などがあります。

ISO14001は、環境マネジメントシステムに関する国際規格です。
ISO9001は、品質マネジメントシステムに関する国際規格です。継続的に良い品質を提供することで顧客のニーズに応え、顧客満足度の向上を目指します。
ISO9001とISO14001は異なる規格ですが、どちらもマネジメントシステムを構築し、企業活動を継続的に改善していくための大切なツールです。継続的な改善を通じ、顧客満足の向上や組織のイメージアップにもつながります。
どちらの規格も主な取得業種は、製品を作り出す製造業・建設業などが挙げられますが、華僑では商社が取得していることも多いように思います。

また、ISO27001は、情報マネジメントに関する国際規格です。IT化の広がりに伴い、その重要性が高まっています。主な取得業種は、情報サービス業や人材派遣業、金融業などが挙げられます。

そもそもISOとは

ISOとは、スイスのジュネーブに本部を置く“国際標準化機構(International Organization for Standardization)”という非営利法人の名称です。この組織が定めた規格を『ISO規格』といい、ネジやクレジットカードの大きさなどを定めた「モノ規格」とISO14001のような企業活動における環境リスク管理の仕組み(マネジメントシステム)を定めた「マネジメントシステム規格」があります。
前述のとおり、ISO14001(環境)以外にもISO9001(品質)、ISO27001(情報セキュリティ)、ISO45001(労働安全衛生)などもマネジメントシステム規格として定められています。これらのISOマネジメントシステム規格を取得することで、国際基準レベルで管理・運用していることを対外的に示すことができます。国内外問わず取引を円滑に進めるツールとして活用できるため、マーケティング的な側面を理由に多くの企業が認証取得しています。

関連記事:【図解】ISOとは?サルでも分かるISO入門

ISO14001認証の取得方法

では、次に認証取得までの流れを3つのステップに分けて解説していきます。これからISO14001認証取得を目指す方は、ぜひ参考にしてください。

検討・準備

ISO14001認証の取得を決めたら、必要な体制を整えていきます。ここでは下記の3つを実行しましょう。

ISO担当者を決定する

まずはISO担当者を決めましょう。担当者を主体にISO構築をすることとなります。できれば2名は確保したいところです。

要求事項を入手する

要求事項をベースにマネジメントシステムを構築するため、日本規格協会グループが販売している要求事項を購入しましょう。また分かりやすくまとめられた本も書店などで購入できるので、そちらも検討してみましょう。

日本規格協会グループ:要求事項及び利用の手引

ISO14001を取得する範囲を決める

全社単位でなくても、事業所や部門単位でも取得できるため、認証を必要とする範囲を踏まえて決めましょう。

マネジメントシステムの構築・運用

準備ができたら、ISO14001の要求事項に沿ってマネジメントシステムの構築と必要に応じて文書化 を行います。構築したマネジメントシステムを運用し、PDCAを実行しましょう。

審査

PDCAサイクルを回したあとに、ISO審査機関の審査を受けます。ISO14001の要求事項に適合していると認められれば、ISO14001認証取得となります。
認証後、工場の看板や名刺などに「ISO14001認証取得」の記載をするなど、ISO14001認証企業として活動できるようになります。

ISO14001認証の主な理由

ISO14001が普及している背景

近年、環境保全に対する企業の意識は高まり続けています。EUでは、製品に含まれる有害物質を制限するRoHS指令 や化学物質の取り扱いを定めたREACH規制などの法令/制度が設けられています。
商社はそれらに対応するために取引のある製造業にも認証取得を求めるグリーン調達を行うようになり、ISO14001認証は普及していきました。
建設業では入札要件を満たすために取得することが一般的となり、環境保全への取り組みを対外的にアピールするために取得する企業も増えてきています。

実際にISO14001認証を取得した企業様にお話を伺いましたのでぜひ御覧ください。

穂高電子株式会社様

課題 自社取得の際にマネジメントシステムにムダな工数が発生し、運用しづらい「重いISO」になってしまった
業種 卸売業
規模 51~100名以下
規格 ISO14001
ISO14001を取得した理由 取引先のお客様に外部監査が入った際に、商品の仕入先として監査が入るなど、外部からのニーズに応える必要性を感じたため
インタビュー記事:穂高電子様

旭精工株式会社様

課題 お客様の要望があった
業種 製造業
規模 201~300名以下
規格 ISO9001、ISO14001、ISO45001
ISO14001を取得した理由 海外のお客様からの要望が強くあり、取引拡大のため。また、社会的ニーズに応える、社会的信用が得られる企業を目指すため
インタビュー記事:旭精工様

株式会社菜友様

課題 先にISO27001を取得していたが顧客が増え始めてきたことに伴い、より安心して利用していただくために、新たなるルール作りが必要になった
業種 コンサルタント業
規模 20名以下
規格 ISO9001、ISO14001、Pマーク
ISO14001を取得した理由 お客様のニーズが多様化し、他社の製品を販売する機会も増え始めていた中で、より良いものを提案できるようにするため
インタビュー記事:菜友様

企業がISO14001認証を取得する理由とは?

企業がISO14001認証を取得する理由は大きく3つに分けられます。

取引に活かせる

「取引先からの取得要求」「官公庁の入札加点や参加条件にISO14001が必要」といった取引や売上に繋げるために取得する企業が圧倒的に多いです。先で説明した法令順守のために商社から求められて、というのが正に「取引先からの取得要求」に当たります。ISOプロへ寄せられるご相談でも「取引に活かすため」という理由をよく耳にします。

対外的アピール

国際基準レベルでの環境への取り組みを行っている第三者機関の証明があるため、取引先やお客さまからの信頼を得られるなどマーケティング的な側面を理由に取得する企業も多くいます。CSR活動(企業の社会的責任)の一環としても取り組めるため、企業価値の向上にも繋がります。

社内改善

全社的な取り組みとして社内統制や業務の標準化、効率化を目的に取得する企業もいます。環境マネジメントシステムを構築する時に、社内の仕組みやルールを明確にすることで業務を整理できます。また環境に関する法令を把握する必要もあり、全社的に取り組む中で従業員の環境に対する意識の向上にも繋がります。

ISO14001の規格要求事項とは?


ISO14001を取得するには、要求事項を満たした環境マネジメントシステムを構築・運用・改善しながら、PDCAサイクルでシステムを回していく必要があります。ここでは、ISO14001の要求事項について解説します。

  1. 適用範囲
  2. 引用規格
  3. 用語及び定義
  4. 組織の状況
  5. リーダーシップ
  6. 計画
  7. 支援
  8. 運用
  9. パフォーマンス評価
  10. 改善
  11. 1.適用範囲~3.用語及び定義

    「1.適用範囲」~「3.用語及び定義」は、ISO14001の概要について解説している部分のため、よく理解するようにしましょう。具体的な要件は「4.組織の状況」以降で述べています。

    4.組織の状況

    「4.組織の状況」では、組織内外の現状や課題を明らかにする必要があります。また、利害関係者のニーズを理解したうえで、ISO14001の適用範囲を決めることが求められています。
    このように環境マネジメントシステムの具体的な組織体制を確立し、構築すべきと規定しています。また、環境(労働環境含む)に組織は何かしらの影響を与えている前提として、環境に対する課題を決定することになります。すでにあるものの中から、どこが課題なのか決定するということです。

    5.リーダーシップ

    「5.リーダーシップ」では、まずトップマネジメントを明らかにします。取得単位によっては、社長だけでなく役員、工場長などになる場合があります。
    責任者や担当者を決め、役割を明確にすることで、従業員が積極的に取り組む環境を作り出すことが必要だと要求しています。また、環境でも方向性を指し示し、方針を策定することが求められています。

    6.計画

    「6.計画」では、環境に与えるリスクや機会を特定・分析・評価(リスクアセスメント)しなければなりません。また、取り組むべきリスクや機会、そのプロセスについて文書化する必要があります。PDCAのP(計画)の部分にあたり、法的な順守義務 なども踏まえ計画を立てます。ここでも、方針を具体化した目標を定め、取り組む必要もでてきます。 

    7.支援

    「7.支援」では、環境マネジメントシステムを運用するために、必要となる経営資源を明確にし、管理する必要があります。従業員の教育や内外におけるコミュニケーションの確立なども含まれます。また、管理する対象の文書化も求められています。

    8.運用

    「8.運用」では、ここまでの計画を実施するために、具体的なプロセスを決定することが求められています。PDCAのD(実行)にあたります。緊急事態へ備え、訓練を実行することも必要です。

    9.パフォーマンス評価~10.改善

    「9.パフォーマンス評価」および「10.改善」は、適用範囲内で計画・運用している環境マネジメントシステムを評価する指標やプロセスについて定め、改善していくための要件です。PDCAのC(評価)、A(改善)にあたります。

    ISO14001取得の際には、要求事項をよく理解してから取り組みましょう。有効な環境マネジメントシステムを構築・運用するためには、特に、自社のシステムとの適合性を高めることが必要です。

    ISO14001認証取得のメリット、デメリット

    ISO14001には、先の取得理由でも説明した「取引先の要望に対応ができる」ことや「社内改善」などのメリットがある一方で、デメリットもあります。ここではISO14001のメリットとデメリットについて説明します。

    ISO14001認証のメリット

    ISO14001認証取得のメリットは先ほど説明した取得理由に近しく下記が挙げられます。

  • 取引先に向けて対外的アピールができる
  • 顧客や取引先の信頼が得られる
  • 環境マネジメントシステムに対する企業内ルールの明確化と改善ができる
  • グリーン調達への対応ができる
  • 省エネルギーによるコストの削減

ISO14001認証を取得するメリットとして、コスト削減や顧客・取引先からの信用を得られる点が挙げられます。また、環境負荷の少ない商品を調達する“グリーン調達”をする商社との取引を目指す場合、ISO14001認証を取得することで取引先として選ばれやすくなるメリットもあります。

ISO14001認証のデメリット

ISO9001認証取得のデメリットは、「取得と維持にコスト」が発生することや「従業員の負担が大きくなる」などがあります。

  • 取得・維持にコストが発生する
  • 新しい作業プロセスを従業員に覚えてもらう必要がある
  • 自社の状況に合わないマネジメントシステムを構築すると従業員の負担が増える

ISO14001は取得の時だけでなく、維持・更新のために毎年審査を受ける必要があり、その度に費用が掛かる点はデメリットと言えます。
また、自社の実情に合わないマネジメントシステムの構築は、ISOのためだけの業務が本業に加わるため従業員への負担が大きなものとなります。新ルールを従業員が覚える工数も決して軽いものではありません。結果、従業員に定着せず、ISOの返上に至る企業も少なくないのです。

関連記事:なぜISO認証を返上する組織が増えているのか

ISO14001を上手く活用するには

ISO14001を上手に活用するには、自社の実情に合ったマネジメントシステムを構築するに尽きます。基本的に全社で環境マネジメントシステムの導入を進めるので、従業員への浸透は重要課題の一つと言えます。自社の実情に合わせることで従業員が取り組みやすいマネジメントシステムとなり、浸透しやすい状況を作ることができます。

マネジメントシステムの構築は今後の運用に大きく影響を与えるものです。しっかりと自社の状況に合わせて構築をし、継続的に改善をしていくことでISO14001取得による多くのメリットを受けることができます。

まとめ

今回は“ISO14001とは”について初心者の方向けにポイントを押さえて解説しました。担当者の方にとってISO認証取得の取っ掛かりとなれば幸いです。
ISO14001は、グリーン調達や海外の法令順守のために取引先に取得を求める商社との取引や官公庁の入札条件を満たすなど「取引に活かせる」とても有効なツールです。またCSR活動の一環や社内改善に活かせることから、日本でも多くの企業が取得してきました。その反面、従業員の負担が大きくなりすぎて返上する企業も少なくなかったのも事実です。
これからISO14001取得する方には、企業の実情に合ったマネジメントシステムを構築し、取得のメリットを最大限に享受してほしいと考えています。今後の取得の取り組みに向けて、下記もぜひ参考にしてください。

関連記事:【ISO14001入門】認証取得のキホンと規格要求事項を徹底解説

ISO14001認証取得には主に、「人件費」「審査費用」「コンサルタント費用」の3つのコストがかかります。下記の記事では、各費用の相場もお伝えしているのでぜひ参考にしてください。

関連記事:ISO認証取得に必要な3つの費用を徹底解説

ISO14001認証取得には、自社の力だけで構築する『自社取得』とISOコンサルタントへ依頼する『コンサル取得』の2種類の方法があります。目的に応じてどちらかを選びましょう。

関連記事:ISO取得の流れを「自社取得」と「コンサル取得」を徹底比較

ISOプロでは月額4.4万円(税込)から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4.4万円(税込)からご利用いただけます。