ISO認証の取得にコンサルティングは必要か?

10297

ISO規格は、時代によって定期的な改訂が行われます。ここでは、なぜISO規格が改訂されるのか、改訂後の移行は具体的にどのように進むのか、そして企業担当者がISO改訂に関して知っておくべき「マネジメントの共通要素」「追加要求事項」に関して説明していきます。理解を深めることで、移行審査に臨む際、具体的で正確な行動が取れるようになるでしょう。

ISO認証の取得にコンサルティングは必要か?

ISO規格は、簡単に認証取得できるわけではなく取得後も継続的な審査などに労力がかかるものの、社内的にも対外的にもそのメリットは大きいものです。商品・サービスの品質維持や業務の効率化が進み、ビジネスを安定的に推進するためには有効な手段といえるでしょう。

ISO取得の専門コンサルティングサービスをご存知でしょうか。ISO取得サービスを提供している専門コンサルタントで、その支援体制には種類があります。

最初から最後までコンサルタントがフルコミットで取得の伴走してくれるサービスもあれば、文書ひな形の提供・初期教育・成果物のチェックなどの支援に留まるケースもあります。

共通するのは、コンサルタントが入ったとしても、社内のことがすべてわかるわけではないため、依頼する側の企業のメンバーも積極的に参画し、業務改革や向上などに向けて共に動かなければならないという点です。

まず、自社がどのようなISO取得の方法を選ぶのかを明確に理解した上で、必要なコンサルティング会社を探すという流れが適切です。

ISOは自力で取得できる?自力認証取得について

企業が自力でISOを取得することは不可能ではありません。しかし、前述の通り、ISO認証を受けようとする場合、その基準に則ったさまざまな資料の作成や調査、運用など、膨大なタスクが待っていることを忘れてはなりません。

まずは担当者を一人つけ、ISO規格が要求している内容を正確に理解する必要があります。

その後、現時点で満たしている・満たしていない事項を把握し、自社に欠けている部分への対策を講じます。この際、要求事項を満たすマニュアルを作ることもタスクの一つです。

ISO規格の知見やノウハウが全くない状態でこれらの作業を行うのは、非常な時間を要します。また、ISO規格が要求するルールに拘りすぎて、運用しづらいマネジメントシステムを構築してしまうことがあるので注意しましょう。

ISOコンサルティングを選ぶポイント

ISO取得を専門とするコンサルタントを選ぶポイントはいくつかあります。

まず、会社の規模感ですが、ある程度大きく、信用度の高いコンサルティング会社を選ぶことが重要です。いくつかの業者を比較する場合は、会社の実績、経営理念、代表者の考えなどを調べ、自社の方針や課題解決に合致する企業を選びましょう。

料金面では、そもそもコンサルティングサービスは、料金の差が大きいことを理解しておく必要があります。

どうしても料金が安いサービスを選んでしまいがちですが、料金とサービスの質は比例すると考えておいたほうが無難です。安いコンサルタントに頼んで初期費用を抑えても、ISO認証取得後に業務負担が増えてしまったり効率が悪くなったりしては、結果的に得したとはいえないでしょう。安直に、料金だけでコンサルタントを選ぶことはお勧めしません。

依頼したいISOコンサルティングが絞れてきたら、次はコンサルタントがどの程度コミットしてくれるか調べましょう。例えば、ISO取得まで何回自社に訪問してくれるか、どの程度寄り添ってくれるか、重要な判断ポイントです。また、最終的な文書作成はコンサルタントに任せられるのか確認しておきましょう。

ISO認証の維持にコンサルティングは必要か?

ISO取得後の運用において大切なことは、そのマネジメントシステムが「適合性」と「有効性」を兼ね備えているかどうかです。

その点で考えても、ISO規格の認証を受けた後の「維持」はとても重要なポイントです。

ISOシステムが組織に根付き効果が見えてくるには、ある程度の時間がかかるものです。そのため、認定取得後もシステムの精度向上のために、内部監査教育や目標展開、継続的改善に向けて動く必要があります。

ISO専門コンサルティングサービスの多くは、システムがPDCAを回しレベルアップしているか、取得認定後の確認もサービスの一環としています。良いコンサルタントは、ISO認定取得を代行して終わりではなく、経営改善のためのISO構築を実現してくれるのです。

このような運用後の支援にもいくつかのパターンがあります。例えば、一年間の顧問契約で、3ヵ月に1回程度の訪問で運用への指導をするなど、コンサルティング会社によって支援体制は異なります。

事前に確認し、コンサルティング会社を選定する際のポイントとして押さえておきましょう。可能であれば、直接対面して話すことをお勧めします。

まとめ

さて、ここまでの説明でISO認証の取得におけるコンサルティングサービスの必要性、コンサルティングサービスを選ぶポイントなどをご理解いただけたかと思います。

ISOプロは、ISOの各種認証取得や運用、マニュアル作成など幅広くサポートしており、企業様に合わせたムダのないご提案を心がけています。既に認証を取得しているお客様においても、ISOの専門家としてのご提案が可能なので、さらに詳しくISO認証後の運用を知りたいという方は、お気軽に資料請求、またはお問い合わせください。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

関連するおすすめ記事