ISO 認証 を取得したい!と考えてもISOに関してチンプンカンプン。そこで登場するのがISO取得を専門とする専門家集団であるISOコンサルティング会社です。
実は、このISOコンサルティング会社の選択は、会社のISO運用の今後を左右することがであり、見誤ってしまうと「当初のイメージと違った」や「コンサルが自社のことを理解せずに構築してしまった」などいわゆる『重いISO』になりかねません。
ただ“安い”という理由でISOコンサルティング会社を選んでしまうと、マイナスな結果を生み出してしまう可能性があるので、ISOコンサルティングの手法や種類を見極めて、自社にあったISOコンサルティング会社の選び方を理解しましょう。
ISO取得の最終目標は「顧客満足」と「企業価値」の向上です。自社でISO取得に対する再確認を行い、「コンサルの動きがどのようなものが理想的なのか」などポイントを抑えつつ、自社にとってベストなISOコンサルティング会社を選びましょう。

3種類のISOコンサルタイプを理解しよう

ISOコンサルティング会社はサポート内容や手法によってタイプが異なります。今回は、ISOコンサルティング会社の手法を「事務局型サポート(フルサポート)」、「事務局型サポート(テンプレート)」、「指導型サポート」の3種類に分けて比較してみましょう。

ISOコンサルティング会社の違い

事務局型サポート
(フルサポート)
事務局型サポート
(テンプレート)
指導型サポート
特徴 ISOコンサルティング会社がISO取得希望企業に対してピッタリなマネジメントシステムを構築してISOの取得サポートを行います。 マネジメントシステムを構築する際にISOコンサルティング会社が予め用意したテンプレートに当てはめて構築します。 事務局に属して企業のISO取得をサポートするよりも指導者として企業のISO取得を支援します
業務内容 企業のことを知り、企業に沿ったマネジメントシステムを構築します。 ISOコンサルタント会社がISOを構築します。テンプレートに合わせた質問をしてきます。 依頼企業に対してISOの教育や質問の受け答えなど指導者として会社のISO構築に参加します
メリット ISO取得希望企業に対し、マネジメントシステムを構築するので、無駄がなく運用しやすいものを提案します。 質問に回答するだけでマネジメントシステムを構築してくれるのでスムーズに進行する。 ISOを完全自社運用することができるので社内にISOの知見がある人間を育てることができる
デメリット コンサル側がISOを構築するため、規格要求事項を細かく理解することは難しくなります。 ISOコンサルタント会社の社員が構築を担当するので、規格要求事項を理解する必要がある。担当する社員がコロコロと変わりやすい ISO担当者を育てるリソース、ISO担当者の退社などに対応しないといけない
価格面 イチからマネジメントシステムを構築するので価格面では高くなる傾向にあります。 テンプレートに沿ったマネジメントシステムを構築するので価格面が安くなる傾向があります。 事務局型サポートと比較して指導するだけなので事務局型サポートと比較しても安いです。
利用目的 企業がISO取得のため、人材リソースを避けないのでアウトソースをする できるだけISOを安く入手したい人が利用する 第三者視点でその業界に精通しているコンサルタントから業界指導を受けたい場合に利用する
社内作業割合 約20% 約40% 約100%

コンサルタントの手法による自社コストの違い

ここでは、自社コストの違いについて見てみましょう。
月収30万円(諸経費~)のISO担当者が1ヶ月間ISO業務に携わった場合、3つのコンサルタントの手法別に見た場合、コストの違いに大きな現れが見られます。

事務局型サポート(フルサポート)
事務局型サポート(フルサポート)を利用した場合、ISOコンサルタントがほぼISO業務を行ってくれるので、自社のISO担当者が割くISO業務の割合は低いです。会社側で準備しないといけない書類などがあるので、全体のISO業務のうち約20%が自社コストと言われています。
事務局型サポート(テンプレート)
事務局型サポート(テンプレート)は、ISOコンサルタント会社が予め用意したテンプレートに沿って進行する手法なので、自社がやることとしては、フルサポートの事務局型サポート同様に会社側で準備しないといけない書類の準備に加え、ISOコンサルタント会社が用意したテンプレートに沿った回答も準備しないといけないので、費用面では安い反面、自社でやることが多くなるのでフルサポートの事務局型と比べると自社コストが若干高くなります。%が自社コストと言われています。
指導型サポート
指導型サポートは、基本的に自社で取得する動きをするので、ISO担当者は常にISOのために動く必要があります。ISOコンサルタント会社もあくまで指導するという立場なので、教育などの立ち回りとなります。

一ヶ月間におけるISO業務のコスト比較

一ヶ月間におけるISO業務のコスト比較

※ISOコンサルタントや会社規模によって金額やISO業務割合は異なります。

ミスマッチなコンサル会社は「重いISO」を作り出す

重いISOとは

重いISOとはISOコンサルティング会社の選定は、“自社とマッチしていること”が大前提となります。もし、自社とミスマッチしているISOコンサルティング会社を選んでしまうと「重いISO」を生み出すことになります。そのため、ISOを取得する目的を明確にした上で、どのようなISOを実現するのか事前にイメージを作っておきましょう。

「重いISO」とは、ISOコンサルティング会社が依頼してきた会社の業務に最適化を行わず、ISO取得だけを目的としたISOのことです。
具体的には、ISOの要求事項を満たすためにISO構築をするので、業務内容に関して考慮をおこないません。その結果、ISO認証取得ができたとしてもISO運用のために業務がどんどん追加することとなり、運用することが重くなってしまうのです。
本来業務上不必要な業務もISO運用に含まれてくるので、ISOの形骸化などを引き起こし、ISO運用自体に不具合や不正などトラブルに発展する場合があります。そのため、自社の業務内容や状況にあったスリムで円滑に動かしやすいISO運用が望ましいのです。

自社と一致したコンサルでスリムなISOを実現

「重いISO」を避けるためにもISOコンサルティング会社を適切に選定することで「スリムなISO」を構築することが可能です。マッチしたISOコンサルティング会社を入れることで、無理、ムダがない会社にとってベストなISO構築を実現できます。

自社と一致したコンサルでスリムなISOを実現

コンサルティング会社選定のポイント

コンサルに依頼する前に自社の状況を整理しよう

ISOコンサルティング会社の選定に入る前に自社の状況を整理してみましょう。目的や取得期間など予め明確にしておけば、ISOコンサルタント会社の選定も明確になります。

チェック項目

説明
会社がISO取得をする目的、理由が明確になっている 社内のマネジメントシステムを見直したい!お客様から言われてISOを取得したい!など今回のISO取得に対して目的や理由が明確にしておいた方がスムーズなマネジメントシステムの構築が可能です
取得希望時期は定まっている XXXX年○○月までに取得したいなど明確なISO取得希望時期が定まっていた方が取得スケジュールが組み立てやすいです。
ISO担当者の時間確保が可能 ISO認証取得はISOコンサルタントだけの力ではなく、企業のISO担当者の力も必要です。スムーズなISO取得スケジュールを組み立てるには、ISO担当者が通常業務以外にISO業務のために時間を確保できるのか確認しておきましょう。
ISO担当者に該当規格の知見がある 社内のISO担当者に取得するISOの知見があるのか確認しておきましょう。ここもISOコンサルタントの動き方が変わる要因になる場所です。

コンサル会社を選定する5つのポイントを整理しよう

自社状況の整理が終わればコンサル会社の選定です。間違ったコンサル会社選びをしないために下記のポイントを参考にしてみましょう。

チェック項目

説明
コンサル会社のサービス内容、過去の実績などが充実しているのか 自社とマッチするコンサル会社を選定する前提として、サービス内容、過去の実績など確認しましょう。目的と反れるサービス内容であれば、意図しないマネジメントシステムを構築する場合があります。
コンサルタントの対応範囲は充実しているか(自社負担がどのぐらいなのか、部分採用なのか、全採用なのか) ISOコンサル会社によってサービスする対応範囲は異なります。自社がどのようなものをISOコンサル会社に求めているのかで判断しましょう。
ISO審査機関を複数選ぶことができる ISOコンサル会社によっては、ISO審査機関が指定されている場合があります。ISO審査機関は自由に選択できるので、ISO審査機関が選択できるのか選定ポイントにしましょう。
取得までのスケジュール作成で会社の融通を聞いてくれるのか ISO取得スケジュール作成もISOコンサル会社の役割ですが、取得スケジュールに会社の融通も入れないといけません。
コンサルタントはどのような体制でISO取得をサポートするのか フルサポート型なのかテンプレート型なのかで自社ISOの今後を左右させます。コンサルタントに問い合わせる際にどのような体制でサポートをするのか聞いてみましょう。

おすすめコンテンツ一覧

ISO審査機関の選び方と注目すべき3つのポイント

マネジメントシステムの構築、内部監査、マネジメントレビューと進み、マネジメントシステムのブラッシュアップが終われば、次はISO審査機関による審査が始まります。 ISO審査機関は日本に約70社あり、その中から審査をしてもらうISO審査機関を…

ISOの取得はゴールではない!!

ISO取得の目的は、構築したマネジメントシステムに沿った会社運用をすることで継続的に改善をしていくことです。つまり、ISOを取得することはゴールではなく、企業価値を向上させていくためのスタート言えます。
マネジメントシステムは最初の構築が最も重要であり、最初からキチンとした方向性で進めることが必要です。それぞれの目的を果たすことで企業価値が向上していきます。そのため、ISOコンサルティング会社の選び方は重要と言えるのです。

ISOコンサルティング会社のサポート内容によっては、ISO取得後もお付き合いするものであり、ISO継続でもサポートが行われるので、ISO取得からISO継続と長期的な目線からISOコンサルタントを選びましょう。