ISO9001の目的とは?ISOの考え方から見る取得のメリット

投稿日:

ISOプロ担当者

最終更新日: 2019年04月17日

board-3695073_1280 (1)

海外への進出、競合企業との差別化、官公庁の入札案件が欲しい——。様々な理由でISO9001を取得しようとする企業は増えています。しかし、そういったマーケティング的なメリット以外にもISO9001を取得するメリットというものは存在します。

今回は、ISO9001の考え方から見た時に、その規格を導入することでどのようなメリットがあるのかということについてまとめてみましたので、ISO9001の導入を検討している方は是非参考にしてみてください!

ISO9001規格の目的とは?

そもそもですが、ISO9001とはどのようなものなのでしょうか。

ISO9001とは?

ISOとは国際標準化機構(International Organization for Standardization)のことで、この非営利団体が策定する規格の9001番という番号がついたものがISO9001です。

ISO9001は品質マネジメントシステム(QMS)に対する規格で、製品やサービスが提供されるまでの工程を管理する仕組みを対象とした規格のこと。——簡単に言えば、一定以上の水準の製品やサービスを継続して提供していくことで顧客満足の維持・向上を目指すことを目的とした規格のことです。

「規格」というとわかりにくいかもしれませんが、「規格」と「マネジメント(管理)システム」日本国によって定められる「法律」と会社のルールである「就業規則」のような関係にあります。法律では「法定労働時間を超えての残業には、割増賃金を支払う必要がある」と決められていますので、就業規則にて「法定労働時間を超えても、残業代は支払わない」というルールを定めてはいけません。

ISO9001でも、「こういうルールにしてください」ということが指定されており、ISO9001の取得を目指す企業はその規格に則ったマネジメントシステム(ルール)を策定する必要があります。

ISO9001の目的

ISO(国際標準化機構)は世界の「標準化」を推進する非営利団体です。例えばネジもISOにて規格定められているものです。インターネットショッピングで、アメリカの家具を購入した場合でも、組み立てにこまることがありませんよね? これは、ネジの規格が標準化されているためです。

例えば皆さんがドイツの家具を購入した場合、「ドイツ専用のドライバーが必要だから、ドイツまで買いに行かなければ…。」みたいな手間が発生しないのは、「標準化」がされているためです。

このように、世界共通にしたほうが良いことを共通化することを「標準化」と言いますが、ISO9001は先に申し上げた通り「品質マネジメント」の標準化に対する規格です。

規格には要求事項というものが存在し、ISO9001では

  • 組織における役割と権限を明確にしましょう
  • 記録を残しましょう
  • 問題が発生すれば改善しましょう

といった要求事項がありますが、この要求事項に従っていれば、どのような業態であっても自然と品質が改善してくように規格が策定されています。ISO9001という規格が目指すものは、マネジメントシステムを共通化することで、より良い社会を実現していくというものです。

つまり、ISO9001を導入することで、事業を継続するために必要なマネジメントシステムを構築することができるため、冒頭でご説明したようなマーケティング的なメリット以外にも、「不良品率が下がる」「品質が向上する」「クレームが少なくなる」というメリットを得ることができるのです。

ISO9001のマーケティング的なメリット

ISO9001の導入の本来のメリットというのは、上記で解説したような「不慮湯品率の減少」や「品質の改善」にあります。しかし、こういったメリットがあるだけでは企業は抜本から構造を変えるようなことはなかなか取り組みません。

例えば、「ここはエクセルの関数を入れて自動化したほうが、仕事が早く終わるよ。」などとアドバイスしても「関数を覚えるのが面倒だ」などと言い訳をして、いつまでも電卓で計算する人がいるように、効率的だとわかっていてもなかなか導入しようとしないのが、人間というものです。

このため、世界の標準化を進めるためにISOは「規格認証」という形で威厳を保つことで、マーケティング的なメリットを企業に与えてくれるような仕組みになっているのです。

例えば、以下のようなメリットが考えられます。

信頼感や安心感の向上

ISO9001を取得している企業はISOが定めるマネジメントシステムを導入しているということになります。つまり、「品質を高めるためにしっかりルールを構築していますよ」という証明ができるわけですね。

例えば外食をした場合、「保健所が定めるルールに基づいて食の安全を保っています」と公表するレストランと、「うちの店独自の方法で食の安全を守ります」と公表するレストランでは、前者のほうが安心できると思います。

それと同じで、「ISOが認めているのであれば信頼できる」というブランディングをすることができるのです。このため、官公庁からの入札条件や加点対象として「ISO規格の導入」という項目があるのです。

顧客満足度の向上

ISO9001に限らずISOのマネジメントシステムに対する規格というのは、PDCAサイクルを回し、継続的な改善を実施していくという特徴があります。このため、ISO9001を取得していると「この会社の製品・サービスは安心できる」とみなされるのです。

継続的に品質を改善していくことは顧客満足の向上にも繋がりますし、それがISOによって約束されているというのは顧客からの期待感にも繋がります。

まとめ

今回は、ISO9001の規格としての目的から見た時の認証取得のメリットについてご紹介してきました。実は今回ご紹介したメリット以外にも、マネジメントシステムを見なおすことで作業手順が明確になり、生産性がアップするなどのメリットもあるのですが、それはまた別のページでご紹介していければと思います。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

人気記事( ISO9001コラム一覧)

1 businessman-3300907_1280 (1)
2 4af6023ff2cf415feeab37f12c15bfa6_s

ISO9001継続の費用について

2017年07月10日

39,285 Views

3 6613abb71ce6138c6a828f5bdc38eda1_s
4 black-and-white-cogs-gears-159298 (1)
5 328d2fd3e17d618b21ef8d780b5976f9_s

ISO9001取得企業のメリットとは?

2016年11月14日

4,812 Views

6 mark-516279_1280 (1)
7 2-1-600x203
8 questions-4027963_1280 (1)

関連するおすすめ記事