NSS株式会社 サービスサイト

各種ISO取得、運用サイト【ISOプロ】

Yahoo検索ランキング1位 イプロスカタログランキング1位

建築業でのISO14001取得の必要性について

ISOプロ担当者

建設業は、さまざまな環境への影響も伴うことから、ISO14001取得は特に重要となってきます。ところが現状を見てみると、そこまで普及しているわけでもありません。多くの有効性に期待できるにもかかわらず、なぜそのような状況ができあがっているのでしょうか。現在の状況から、状況を生み出している原因、そして状況を打開してでも取ることのメリットなどについて、詳しくまとめました。

建築業でのISO14001取得の現状

国際水準で作られた環境マネジメントシステムのISO14001には、後述で詳しく紹介しますが、多くのメリットが伴います。そのため、普通に考えれば取るに越したことはないといったところです。ですが現状を見てみると、普及度はそこまで高くありません。

同系列のISOとしてよく挙げられるものに、ISO9001があります。こちらは品質マネジメントシステムとなっており、同じく建設業をはじめとしたあらゆる企業のメリットになります。にもかかわらず、14001の普及度は、9001の約半数程度にしか至っていないのが実際のところです。品質向上に合わせて、環境保護への取り組みも率先して実現できれば、効率的な事業が実現できるだけでなく、世間的な印象アップまでもが期待できます。

なぜ、9001と比べ差が出てしまっているのでしょうか。次項にて、詳しく掘り下げていきます。

敬遠される原因

ISO9001に比べ、なぜ14001が敬遠されるのか、そこには国際基準のハイレベルな規格だからこその理由があります。順序的に多くの会社では9001を先に取り、プラスして14001も導入しようと考えます。なぜなら、品質マネジメントシステムの方が利益やクオリティに直結しやすい規格であるため、優先順位的に重要視されるからです。さらに建設業や土木建築の分野となれば、顧客や取引先、行政などが発注条件としてISO9001の提示を求めるといったケースも少なくありません。すなわち、現代において9001は、会社を存続させる上でなくてはならない存在となっているのです。

14001も同様にそうした条件として挙げられますが、重要度的には9001の方が高いです。

さて、9001取得後に14001導入を検討する際、まずつきつけられるのが導入にかかる労力です。9001の条件を維持するだけでも、会社には大きな負担がかかります。

既存の業務やルールに加えて、さらに多大なプログラムを実践していかなければならないためです。これにより特に負担を被るのが、規模の小さい会社です。

規模が小さくても、認証条件は変わらないため、その分大変になってくるのです。そこへきて、ISO14001の規格もさらに導入し、業務やルールへの圧迫に拍車をかけるわけです。

これでは、ISOによるメリットを踏まえた上でも、デメリットの方が大きくなってしまいかねません。仮に実際そうならなかったとしても、9001導入時にその大変さなどを知っているようであれば、二の足を踏んでしまうのは自然な考え方です。

こうした理由こそが、9001に比べ14001が敬遠されがちとなっている原因なのです。

ですが、かならずしもそうしたマイナスへ繋がるわけでもありません。9001、14001双方を取得している会社は事実多数存在しているわけですから、やり方、注意点さえ押さえておけば必要性の大きい存在となります。

例えば、規格要求事項をしっかり理解できていないケースです。取得の事実を得るために、ただただ条件を満たすためだけに実践してしまえば、本来の効果は得られにくいです。それどころか、負担ともなってしまいます。

内容やその真髄、さらにはメリットについてもしっかり理解した上で取り入れるべきです。

次に、重要性や内容の社内共有がおこなわれていないケースです。ISOの規格は、組織、会社全体で取り組む存在であるため、各要職から、末端の働き手までもが把握しておく必要性があります。これを実践するには、ISOの14001を特別なもの、別格の存在などと考えず、自然に社内ルールへと盛り込むことです。

特別意識に負担を感じることなく、自然に要求事項を満たしていけることへと繋がるので、よりスムーズです。こうした各部への工夫によって、本来のメリットを色濃く感じられやすくなります。

ISO14001取得のメリット

まず何といっても外せないのが、事業運営に伴う環境リスクを抑えられるということです。特に自然保護への意識高まる現代において、とても重要といえます。そしてこのリスクが抑えられることにより得られるのが、コストダウンというメリットです。廃棄物を減らすためには、不要な物を減らします。そうすると、不要な資材や備品購入を避けることにも繋がります。

その他、電気・ガスや自動車燃料などに関しても同じことがいえます。そして忘れてはいけない、入札・受注時の有利性、海外展開に視野を広げられる、世間への印象アップが期待できる点なども大きなポイントでしょう。

ISOの14001は、9001に合わせて取るといった形が多いです。そのため、既存の業務やルールを圧迫する存在にもなりかねず、何かと敬遠されがちです。ですが、ポイントを押さえることで効率的な導入も可能となります。

多くのメリットを得ることに繋がるので、検討して損はありません。

ISOプロでは月額3万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額3万円からご利用いただけます。

関連する記事・ページ

TOP