ISO14001の2004年版から2015年版へ移行を考えている企業へ

ISOプロ担当者

Rf9habLu75SeSeq1539308611_1539308623

ISO14001の2004年版から2015年版への移行を検討している企業も少なくないでしょうし、2004年版から新たに2015年版に改訂したISO14001の認証取得に向けて動き出そうとしているという企業も多いでしょう。そこで、ここではISO14001の認証取得を考えている企業、2004年版から最新版への移行を考えている企業に向けてポイントをいくつかお話します。

ISO14001とは

そもそもこれが理解できていないと問題です。ISO14001とは環境マネジメントシステムのことを指しており、英語だとEnvironmental Management Systemと表記します。その企業をとりまく人やものに対して組織がどのような影響を与えているかを明確にし、もし悪影響を与えているような部分があればそれを改善して解決に導くためのシステムを構築します。主に建設や建築、土木などの事業を行っている企業がこのISO14011の認証取得をしていますが、現在ではこれらの業種に関わらずさまざまな業界の企業が認証取得に向けて動いています。

ISO14011の認証を取得することによってどのようなことが起きるのかということですが、簡単に説明すると「環境保全に貢献し地球環境への配慮をしっかりと考えている企業」と認識してもらえます。地球環境への取組はさまざまな企業が行っていると思いますが、現在では日本だけでなく世界規模で地球環境保全に向けた動きが活発になっています。日本でも政府の働きかけによってさまざまな取り組みが行われてきましたが、これからはすべての企業が環境への配慮を考える必要があるのです。

一消費者として、環境に対する配慮をきちんとしている会社とそうでない企業だと前者のほうが信頼できる企業だと感じます。企業が成長を続けていくためには組織のイメージを良くすることも重要ですし、企業によっては対外的なアピールとしてISO14001の認証取得に向けて動くケースも珍しくありません。

組織と現状の理解とリーダーシップ

ISO14011の2004年バージョンから2015年バージョンへの改訂が行われたわけですが、規格改定に向けてどのようなポイントを押さえておけばいいのか分からないという企業も少なくないでしょう。まずするべきは組織と現状についての理解です。ISOのシステム構築を審査のために構築するというのは褒められた話ではありませんし、あくまで自社のために構築することを考えるべきです。組織としての戦略や目的を明確にしたうえで組織内外の課題を明確化することが求められています。

リーダーシップについても変化があります。環境経営促進を続けるためのリーダーシップ機能に関する責任を割り当てる新しい条項が追加されていますからきちんと確認しておかねばなりません。トップマネジメントについての定義に大きな変更は見られませんが、細々とした変化は見られますからきちんと把握しておきましょう。リーダーシップ機能の役割や責任が変化したという規定はありません。

その他のポイント

リスク及び機会への取り組みにも変化があります。組織としてのリスクに対する取り組みを決めることを要求していますから理解を深めておきましょう。2015年バージョンにおいては組織環境におけるリスクやこれまで以上に広い観点からリスクについて考えることを要求されています。リスクの取り組みについて明確にし、組織としてどういった方向に進んでいくかということを明らかにしておかねばなりません。

そのほか、力量やパフォーマンス評価などに若干の変化が見られます。大した変化はないだろうとタカを括って見逃してしまうとシステム構築に大きな影響を及ぼしてしまいますし、自社の進むべき道を明確にすることができません。いい加減なシステムを構築してしまうとiosの審査に通らないのはもちろんですが、自社にとってもあまり良いこととは言えません。

2015年バージョンではISOのための運用はやめるべきという意図が見え隠れしています。そこをしっかりと理解することも大切ですし、あくまで自社のためのISO運用が求められているのです。ISOのための運用だと形ばかりのシステムになってしまう可能性もありますし、そのようなシステムだとやがて外に露呈してしまうことでしょう。運用可能で規格に合ったルールを作り、しっかりと運用を継続させていくことが大切ですからそこを頭に入れておかねばなりません。

まとめ

ISO14001について述べてきましたが、これから認証を取得したいのなら専門家の意見を聞くというのもおススメです。また、2004版から移したいという企業にとっても変更点などがいまいちよく分からないということはあると思いますから、専門のコンサルタントに相談しながら決めるというのも良い判断と言えるのではないでしょうか。

ISOプロでは月額3万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額3万円からご利用いただけます。

関連する記事・ページ