• 品質目標とは、組織が達成すべき、品質方針と整合した、計測可能で具体的な目標である。
  • 品質目標は定期的に見直しを行いレビューする必要がある。
  • 品質目標は組織内部に伝達され、その目標の達成に向かって組織が進んでいるかを監視する必要がある。

ISO 9001を取得するにあたっては、トップマネジメント品質 目標というものを設定し、組織内部にそれが伝達されるように努める必要があります。

ISO9001 を取得しようとする企業は、どうしても 認証 取得が目的となってしまい、「規格 のための マネジメントシステム 構築」を行ってしまいがちでありますが、より良いマネジメントシステムを構築して高い顧客満足を目指すためには品質目標 の設定を決して軽んじてはいけません。

今回は、品質目標の役割とその重要性についてご紹介していきたいと思います。

品質目標とは

品質目標とは、組織が自社の提供する製品やサービスの品質に対して掲げる、経営理念や品質方針と整合した測定可能な目標のことです。あるいは、「顧客満足」という抽象的な大目標を実現するための具体的な目標とも言えるでしょう。

品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001では、品質目標は以下のようなものである必要があると定義しています。

a)品質方針と整合している。
b)測定可能である。
c)適用される要求事項を考慮に入れる。
d)製品及びサービスの適合,並びに顧客満足の向上に関連している。
e)監視する。
f)伝達する。
g)必要に応じて,更新する。

これら一つひとつの意義について、品質目標の役割とともに解説していきます。

品質目標は品質方針と整合している必要がある

品質方針とは、組織が達成することが可能な品質に対する指針です。品質目標を小さな目標と捉えるなら、品質方針は目的と言えるでしょう。この品質方針と品質目標の間にズレがあってはいけません。

なぜなら、目標というのは目的を達成するために設定されるべきであり、目的に関係のない目標は目標としてふさわしくないからです。野球の試合で「リーグ優勝」という目標を掲げているチーム内で、一人の選手が「三振の数がナンバーワンの選手になりたい!」と言い出したら、チームの目標と個人の目標に整合性がないと言えますよね?

品質目標は測定可能である必要がある

品質目標は、PDCAサイクルを回す上で非常に重要な役割を担っています。なぜなら、品質目標は計画であり、指標となるものであるからです。例えば、「不良品をできるだけ少なくする」という目標よりも「不良品率1%」という目標のほうが、「達成したかしていないか」ということを明確に判断することができますし、その目標を達成するために何が足りないのかということを検討することができるからです。このため、定量的で数値的な目標を掲げることが望ましいです。

適用される要求事項を考慮に入れる

ISO9001は品質マネジメントシステムに対する規格ですから、その規格が求める事項――つまり要求事項を考慮する必要があります。
当然、顧客要求事項や、法規制等で求められることも考慮に入れる必要があります。

品質目標は顧客満足向上に関連している

ISO9001における品質マネジメントシステムの目的は「顧客満足」に最終的につながるものとして規格は考えています。このため、顧客満足につながらない品質目標や品質方針は規格の意図に逆らったものとしてみなされてしまいます。

監視し、伝達する

品質目標とは、ただトップマネジメントによって考えられて、彼らの頭の中にしまっていては意味がありません。組織が何らかの目的を達成するためには、その組織の構成員の協力が必要不可欠です。彼らに協力してもらうためには、品質目標に向かって組織が正しい方向に進んでいるか監視し、そして彼らに目標を伝達する必要があります。

品質目標は必要に応じて更新する

時代の流れは非常に流動的で、顧客の要求もそれに伴って変化していきます。このため、「顧客満足」を達成するためには、品質目標を必要に応じて変更していく必要があると言えます。

品質目標をいつまでも変えなければどうなるでしょうか? 某家電メーカーが顧客が求めていないレベルの高画質にこだわり、経営破綻に至ったことは我々の記憶には新しいですよね。

顧客が求めるものは、「高画質テレビ」ではなくなっていることに気づかずに、企業の舵取りができなければ、決して顧客を満足させることはできません。
また、世界的な不況や、パンデミックなど、自社のみではどうすることもできない影響で、市場が変化している際にも目標を変更することで、従業員が積極的に取り組むことができるようになるかもしれません。

――もちろん、品質目標を頻繁に変更するのが良いというわけではありませんが、必要に応じて目標を変更することもこの時代では求められることになるでしょう。

まとめ

今回は、品質目標の重要性について解説してきました。品質目標は、組織が品質の向上を目指し、顧客満足を得て持続的な事業の継続の助けとなる重要なツールです。

しっかりと品質目標を設定した上で、その目標を正しく運用することができるように、マネジメントシステムに組み込んでいきましょう。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。