NSS株式会社 サービスサイト

各種ISO取得、運用サイト【ISOプロ】

Yahoo検索ランキング1位 イプロスカタログランキング1位

建築業でのISO14001取得の難易度とは

ISOプロ担当者

建築業でもISO14001を取得しようと考えている会社は多いでしょう。

こちらはISO9001とは違い、環境面を前面に出しているので、利益には直接繋がりませんが、長い目で見ると会社にメリットがあります。

実際に取得を目指す場合、難易度はどれぐらいなのでしょうか?

一般的なISO14001の難易度

まず、ISO14001は目標設定してシステム構築さえすれば取得できるものではありません。認証取得は大変だという声を聞くこともあるかもしれません。

以下のようなことは最低限行なわなければならず、決して簡単ということではないですが、取得が出来ないということでもありません。

  • 取得にかかるコスト
  • 文書作成などの事務担当者の確保
  • 共有意識を全社員に徹底する

やはり取得するには何をすれば良いかを調べ、それに対処すれば取得は可能です。

取得費用に関しては、以前と比べると、かなり安く取得できるようになってきており、コンサルタントを使うと少し費用は跳ね上がります。

事務関連の負担も、関連する書籍を参考にするなど、環境は整ってきています。やはり一番難しいのは、トップが取得の意義や目的を明確にして、それを社員全員で共有できるかということになります。

これには社員の意識改革が必要なので、書類を作るなどのことよりも難しい面があります。

 

ISO14001取得を目指す時のポイント

ISO14001とは、環境に負荷をかけない事業を継続的に行なうことを定めた規格です。

大量廃棄や環境破壊など経済の発展に伴い問題が出てきましたので、環境に配慮して事業を行なうことを目的に作られました。

取得するときには認証機関による審査を受けないとなりません。

そこでの審査では、規格要求事項に適合しているかのみならず、業務プロセスも重視して審査されます。

業務プロセスは正しいかはもちろんのこと、環境に配慮した業務になっているかも見られます。そして審査は、その業務に適した形で行なわれます。

仕事の現場を重要視されますので、業務の中で環境マネジメントがなされているかもポイントです。

業務プロセスのシステムでは、継続的な環境への配慮が求められますので、継続的な改善を実現するためのシステムになっているかも見ます。

全体的にトータルで見て、総合的なパフォーマンス向上に結びつくように、審査は行なわれます。

このようなことから、取得を目指すなら、まずは業務内容が環境に配慮しているか、そして業務が継続的に環境に配慮して行えるか、と言う点に注意して取得の準備をしていくと良いでしょう。

ただ取得のために、試験に合格するような感じで書類を作りシステムを作るようなことは、認証機関はあまり快く思いません。

試験に合格するためでは不十分であり、会社組織と環境に有益なシステムを構築することが望まれるのです。

 

ISO14001取得でコンサルは必要?

ISO14001の取得では、コンサルタント会社を使うべきかどうか、ということで言えば、コンサルタントは必要であると言えます。

これは取得するには、自社内で努力しても取得は出来ますが、かなりの労力と専門的な知識が必要となるので、取得のための勉強をしていかないとなりません。

場合によっては、取得までに行なわなければならないことが多く、自社のみで取得を目指すと、途中で挫折する可能性もあります。

まずは、ISO14001についてよくわかっていないならば、セミナーなどに参加して基本的な知識を学ばないとなりません。

本格的に取得に向けて動き出す場合は、コンサルタント会社を選んで契約しましょう。各段階でいくつかのコンサルタント会社を使う可能性もあります。

コンサルタント会社を選ぶときには、早めに担当者と顔合わせをする、取得ではどこまでの範囲を手伝ってくれるのか、どれぐらい費用がかかるのか、確認しないとなりません。

失敗しないコンサルタント会社を選ばないとなりませんので、事前に情報収集は必要です。

コンサルタント会社を使う場合は、最後の文書まで作成をお願いすると200万円を超えることも少なくないので、途中までコンサルタントを使い、最後の文書作成は自分たちで行なうというところも多いです。

コンサルタントをきちんと受けていれば、各段階で文書にする内容はわかりますので、あとは自分たちで文書化するだけです。

予算と合わせて、コンサルタントと相談しながら、どこまで行なってもらうかを決めていくと良いです。

ISO14001は、消費者が環境に関心を持つようになり、それに答えるべく取得する会社も増えてきています。取得すると社内のみならず、対外的にアピールが出来ます。

取得には審査が行なわれますので、審査のための書類や、社内システムを整えていくと、審査に通り取得も出来ます。

ただ専門的な知識が必要なことも多いので、難しい部分はコンサルタント会社を利用すると良いでしょう。

ISOプロでは月額3万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額3万円からご利用いただけます。

関連する記事・ページ

TOP