品質マネジメントシステムに関する用語

noImg

4Mとは

4Mとは、品質に影響を与える経営資源のことで、具体的には以下の4つのこと。 Man(人) Material(材料) Machine(機械) Method(方法) なお、この4Mに基づいた品質管理のことを4M管理と呼ぶ。

続きを見る
noImg

QC7つ道具とは

QC7つ道具とは、クオリティ・コントロール――つまり品質を改善するために用いられる7つ(8つ)のツールのこと。 もともとは、以下の7つがQC7つ道具と呼ばれていた。 パレート図 特性要因図 グラフ チェックシート ヒストグラム 散布図 層

続きを見る
noImg

QMS(品質マネジメントシステム)とは

QMSとは、品質マネジメントシステム(Quality Management System)のこと。製造物やサービスの品質を改善するために管理するシステムであり、ISO9000シリーズはQMSに関する規格である。その本質は品質を高め、顧客満足

続きを見る
noImg

品質方針とは

品質方針とは、トップマネジメントによって表明された品質に関する全体的な意図及び方向付けのこと。 ISO9001では、次のことを明確にしなければならないとされている。 a) 組織の目的に対して適切である b) 要求事項への適合及び品質マネジ

続きを見る
noImg

品質目標とは

品質目標とは、その企業が顧客のために実現するべき品質を数値化して定量的に判断することができるようにしたもの。具体的には工場内不良率99.8%、納期遵守率95%などというもの。品質目標を定めることで、その達成率との差を見ることができるため、P

続きを見る
noImg

クオリティ・コントロール(QC)とは

QC(クオリティ・コントロール)とは、顧客に提供する商品やサービスの品質を向上するための製造部門の一連の活動のこと。製造部門以外を巻き込んだQCはTQC(全社的品質管理)やTQM(総合的品質経営)と呼ばれる。 特に先進国においては、エンドユ

続きを見る
noImg

TQC(全社的品質管理)とは

TQC(Total Quality Control)とは、QC(品質管理)を営業部門、設計部門などの製造部門以外に適用させ、体系化させた全社的品質管理とも呼ばれる概念。近年では、TQCという概念が品質管理だけに限らず様々な分野で活かされるよ

続きを見る
noImg

GMP(正製造規範)とは

GMP(Good Manufacturing Practice)とは、製造業者および製造販売業者に求められる適正製造規範のこと。原材料の入荷から検品・出荷管理・製品保管など製造・流通の過程で適正な品質管理が行われ、不良品が出ないような規範(

続きを見る
noImg

CS(顧客満足)とは

CSとは、Customer Satisfactionの略称で、日本語では「顧客満足」という。企業が提供するサービスや商品によって「どれだけ顧客が満足するか」を表す指標として使われる。主に先進国では、モノは充足しており、画一化された一定品質の

続きを見る