クオリティ・コントロール(QC)とは

QC(クオリティ・コントロール)とは、顧客に提供する商品やサービスの品質を向上するための製造部門の一連の活動のこと。製造部門以外を巻き込んだQCはTQC(全社的品質管理)やTQM(総合的品質経営)と呼ばれる。

特に先進国においては、エンドユーザーの品質に対する要求水準は上がっており、「品質はよくて当たり前」という状態になっている。このため、品質は最低限守られるものであり、その上の概念CS(顧客満足)に取り組む企業も増加してきている。


記事に戻る

関連するおすすめ記事

記事はありませんでした