NSS株式会社 サービスサイト

各種ISO取得、運用サイト【ISOプロ】

Yahoo検索ランキング1位 イプロスカタログランキング1位

建築業がISO14001取得で実現できる環境マネジメントとは

ISOプロ担当者

ISO14001はISO9001に続き登場した規格であり、一言で言えば環境マネジメントです。環境の規格なので、一見すると利益に結びつかないような規格に見えます。

しかし環境へ配慮し実現していくと、長い目で見ると会社にとってメリットがあり、利益にも結びついていきます。

環境負荷を減らすことができる

ISO14001は環境マネジメントであり実現すると、その企業は環境に優しいシステムを作り運用していきますので、環境負荷を減らすことが出来ます。

大規模な建築物を造る建築業界は、同時に廃棄物も多くなっていき、利益が出ても自然を破壊しては環境に良くありません。最近になり第三者から環境への関心が高まり、取得すると外へのアピールにもなります。

環境への配慮を行ない業務を行なうことで、余分な出費も減らせますので、利益にも繋がります。環境への負荷を減らして、コストダウンするための規格と言っても過言ではありません。

利益を追求したい会社にとっては、導入して損はないはずです。

ただ環境負荷を減らすということは、省エネに力を入れたりなどと、環境活動のことばかりでなく、結果と同時に過程も重要です。つまりは、最初から環境に配慮した業務プロセスを構築することが重要となります。また取得するには、環境に関する法律にもそって業務が行なわれる必要があり、法律を無視してまでの対策は、本末転倒となります。

廃棄物排出の削減ができる

ISO14001を実現するとなると、廃棄物排出削減が行なえます。これは紙などの目に見えるものばかりでなく、電気などのエネルギー削減にも繋がります。たとえば省エネを実践すると、光熱費削減が行えます。会社の規模が大きいと社内の照明設備だけでもかなりのコストがかかります。これを効果的に省エネ実践を行なうと、電気使用量を減らしコストダウンに繋がります。

エネルギー使用を削減すれば、コストダウンのみならず、地球温暖化防止にも貢献でき、環境へのアピールにもなります。

物品の廃棄物削減というと、たとえばコピー用紙があります。会社では毎日大量の紙を使用しますので、片面のみならず両面も使用するという工夫を行なうと、単純に使用量は半分に減らせます。これに加えてパソコンなどを使用して文書はデジタルにするなど行なうと、さらに削減効果は高いです。

紙の使用量削減は、もちろんコストダウンにも繋がり、環境への貢献にもなります。紙の原料は木なので、使用量を減らすと森林伐採を減らすことにも繋がります。

他にも社内の車を燃費の良い車種にするなどして、ガソリンの使用量を減らすなども環境への貢献です。

ISO14001はこのようにして、環境に貢献しながら、コストダウンも出来るような規格であり、業務全体を通して環境への配慮を考えていくのです。ただ、無理に排出物削減を行ない、企業経営に逆に悪影響を与えるようなシステムでは、それは環境への貢献とは言えませんので、そのようなことにならないように考えないとなりません。

企業体質の改善ができる

ISO14001は、コストダウンにもつながる規格ですが、そればかりでなく、企業体質改善と利益改善にも繋がります。無駄が省かれますので、日々の業務はより簡潔になり、仕事がしやすくなり、社内にとってメリットが生まれます。無駄を省けますので、余計な労力も減り、社員への負担も減ります。

ISO14001は入札への条件とすることも検討されていますので、純粋に受注できる仕事が増える可能性もあります。環境に配慮した業務システムを採用しているということは、顧客などへのアピールにもなります。

環境のことを考えた企業と取引することは、取引先としてもイメージが良く取引先側にもメリットがあります。

もちろん取得するとなると、企業経営のトップのみならず、社員全体で意識改革をしていかないとなりません。このような部分はISO9001と同じです。社員全員で環境に対する意識を改革すれば、企業体質改善ともなり、社員の仕事への意欲アップにもなります。コストダウンにも繋がり、ひいては利益にも繋がりますので、社員にも良い影響となることは間違いありません。

他社との差別化にも繋がり、ISO14001を取得していない企業と、取得している自社とでは、第三者や取引先などからの見方も違ってきます。競合他社との差別化にもなり、社外への良いアピールにもなります。

ISO4001は環境マネジメントと言われており、環境負荷を減らして業務を行なうための規格です。それは廃棄物を削減して環境に貢献できる、そしてそれがコストダウンに繋がり利益にも繋がるような規格です。

取得すると社外へのアピールともなり、社内および社外へメリットのある規格でもあります。特に昨今は消費者などが環境への関心を高めていますので、取得すると大いにメリットがあるのです。ちなみに基本的な部分はISO9001と変わりはありません。

ISOプロでは月額3万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額3万円からご利用いただけます。

関連する記事・ページ

TOP