我が国日本でも食品の衛生管理システムであるHACCPが、全ての食品関連事業者に対して義務として課せられることが制度化しました。2020年の6月から義務化は開始し、猶予期間1年を経て全面的に義務化が開始することになるのですが、そんなHACCPに関する資格は多数あります。

今回は、HACCPの資格とはどのようなものか?また、どのような種類があるのかということについてご紹介していきましょう。

HACCPの資格とは

HACCPの資格とは、主にHACCPを導入したいと考えている企業に対してサービスを提供する人、あるいはその企業に所属する衛生管理の担当者を対象とした資格が多いです。よく勘違いされる方もいらっしゃいますが、HACCPの資格は企業に対して与えられるものではありません。企業に対して与えられるHACCPの認可は、「認証」と呼ぶことが一般的です。

「第三者機関によってHACCPを導入しているということを認められること」を認証といい、HACCPに関する知識を有する人に与えられるものを資格というのです。

また、こちらも勘違いが多いことですが、2020年からのHACCP義務化とは、「認証取得の義務化」ではありません。HACCPの義務化とは、「HACCPの考え方に基づいた、あるいはHACCPに則った衛生管理の実施」であるため、義務化に対応することだけを考えている場合、食品関連事業者はわざわざ資格を取得したり第三者機関から認証を取得したりする必要はないのです。

ただ、「HACCPに基づく衛生管理を強化し、リスクを少しでも減らしたい」と考える事業者や「対外的に自主的な衛生管理に取り組んでいることをアピールしたい」という事業者にとっては、HACCP関連の資格や、認証は大いに意義のあるものであります。

HACCPに関連する資格にはどのようなものがある?

さて、そんなHACCPの資格にはどのようなものがあるのでしょうか?以下でチェックしていきましょう。

HACCP(ハサップ)管理者

HACCP管理者資格は、日本食品保蔵科学会が認定する資格で、HACCP 管理者の知識と技術の向上を促すことを目的にある制度のことです。資格を取得しようとする場合、基礎科目認定とワークショップ認定の2段階の試験を受ける必要があるため、より実践的なHACCPの資格と言えるでしょう。

HACCPリーダー

HACCPリーダーは、一般財団法人日本規格 協会が認定する組織においてHACCPの構築やその衛生管理システムの運営を中心となって行うことができる者に与えられる資格です。資格取得のためには一定期間以上の実務経験が必要となる資格であるため、取得難易度は高いといえるでしょう。

HACCP(ハサップ)普及指導員

HACCP普及指導員は、公益社団法人日本食品衛生協会が認定するHACCPに関する知識を有し、HACCPの構築や検証を行うことができます。中小事業者のHACCP導入のニーズに応えられる人材に対して与えられる資格です。

当該資格は厚生労働省の施策などを踏まえてスタートした資格であるため、「HACCP義務化」のニーズに応える最適な資格であるといえるかもしれません。

HACCPの資格は必要なのか?

さて、HACCPに関する資格は様々なものがありますが、こういった資格は実際に求められるものなのでしょうか?ーー確かに、一定水準のHACCPの知識を有することを証明するものであるため、転職活動や食品衛生コンサルタントとして活動していくためには一助となることはあるかもしれません。

ーーしかし、実際に求められているのは「資格」ではなく「HACCPを構築・運用することができる知識や能力」なのです。HACCPの構築や運用は資格がなくても知識とノウハウさえあればできる仕事ですし、義務化に向けて様々な企業が四苦八苦している現在、求められるのは資格よりも実績や経験ではないでしょうか?

資格取得を目指す場合は、この点についてよく検討すると良いかもしれません。

ISOプロからのお知らせ:セミナー開催!

今回ISOプロではHACCPをはじめとした食品安全マネジメントシステムのセミナーの開催を予定しております。

消費者の食品に対する安全・衛星への要求が高まってきている現代で、厚生労働省が食品製造業を対象にHACCP導入の義務化の動きが出てきています。今のうちからできる事や費用感であったり、セミナーを通じてHACCPの導入のあれこれを細かく解説していきます。