総合衛生管理品造過程とは

総合衛生管理製造過程とは、HACCPの概念を取り入れた食品衛生管理であり、日本では総合衛生管理製造過程承認制度としてこの管理方法を自主的に事業者に促す仕組みを導入している。

2018年6月にはHACCP義務化法案とも呼ばれる改正食品衛生法案が可決されたため、原則2年以内(2020年6月)に食品の製造・加工・調理・販売などを行う全ての事業者がHACCPに基づく衛生管理(基準A)又はHACCPの考え方を取り入れた衛生管理(基準B)を実施できるようにしておく必要がある。


記事に戻る

関連するおすすめ記事

記事はありませんでした