基準Bとは

基準Bとは、HACCP義務化に基づいて2段階に分けられたレベルの一つで、小規模事業者向けに適応されるHACCPの考え方を取り入れた衛生管理のこと。基準AがHACCPで定められる7原則12手順に基づく衛生管理を求められるのに対して、基準Bでは基準Aに比べて導入がしやすいような衛生管理手法となっている。


記事に戻る

関連するおすすめ記事

記事はありませんでした