HACCPシステム構築の手順 第10講座 是正処置の実施と有効性の確認

著者:清水正敏
投稿日:
更新日:2020年06月23日

ISOの規格では苦情から生じたものを含め,不適合が発生した場合,次の事項を行わなければならないとしています。

  • a) その不適合に対処し,該当する場合には,必ず,次の事項を行う。
    • 1) その不適合を管理し,修正するための処置をとる。
    • 2) その不適合によって起こった結果に対処する。
  • b) その不適合が再発又は他のところで発生しないようにするため,次の事項によって,その不適合の原因を除去するための処置をとる必要性を評価する。
    • 1) その不適合をレビューし,分析する。
    • 2) その不適合の原因を明確にする。
    • 3) 類似の不適合の有無,又はそれが発生する可能性を明確にする。
  • c) 必要な処置を実施する。
  • d) とった全ての是正処置の有効性をレビューする。

是正処置 は,検出された不適合のもつ影響に応じたものでなければならない。 そして次の事項の証拠として,文書化した情報を保持しなければならなりません。

  • a) 不適合の性質及びそれに対してとったあらゆる処置
  • b) 是正処置の結果

CCP の許容限界を逸脱した場合、またはオペレーションPRPの管理が損なわれた場合、影響を受けた最終製品を特定し、その使用及び出荷を確実に管理し、不適合の修正を実施します。すべての修正は承認を受けて実施し、また不適合の性質、不適合の原因及び結果は、不適合ロットのトレーサビリティ のために必要な情報を含めて、記録し、維持します。

是正処置は、許容限界を逸脱した場合、またオペレーションPRPの不適合があった場合に開始します。検出した不適合の真の原因を明確にし、除去し、再発を防止し、さらに不適合が発生した後に工程またはシステムを管理下に戻すための処置を実施します。

修正と是正処置は違います。修正は発生した不適合状態、または不適合製品に対処することで、現場を管理下に戻し、製品を再加工するか隔離することです。一方、是正は発生した不適合の原因を除去して、同じ原因で再発しないようにすることです。

⑫FSMS不適合是正処置報告書

ISOプロからのお知らせ:セミナー開催!

今回ISOプロではHACCPをはじめとした食品安全マネジメントシステムのセミナーの開催を予定しております。

消費者の食品に対する安全・衛星への要求が高まってきている現代で、厚生労働省が食品製造業を対象にHACCP導入の義務化の動きが出てきています。今のうちからできる事や費用感であったり、セミナーを通じてHACCPの導入のあれこれを細かく解説していきます。

この記事の著者情報
清水正敏 ( シニア クオリティ & フードセーフティ プロフェッショナル )
シニアクオリティ&フードセーフティプロフェッショナルとして、健康食品や茸生産、パスタ、味噌、加工フルーツ、大量調理、水産加工、食品パック、チーズ、洋和菓子、畜肉、漬物、中卸、容器包装などの食品関連施設にてFSMS(食品安全マネジメントシステム)の構築指導を担当。また、QMS(品質管理システム)の審査員としても活動しており、食品に対するQMS構築指導にも従事。コンサルタント及び研修講師、審査員を勤める傍ら、取材・文筆など多方面で活躍。主な著書は『竹輪の頭はどっち?!』(メタブレーン)『ISO 審査革命』(オンブック)など。

HACCPの構築・義務化対応のご相談受付中

HACCP義務化が叫ばれる中、「何から始めたらいいのか」「保健所から連絡が来るまで待ってて問題ないのか」など、お悩みの方からのご相談をよくいただきます。ISOプロではHACCPの初歩的なご相談から実際の構築などの専門的なご相談まで受け付けています。ぜひご活用ください。

HACCP入門

【図解】ISOとは?サルでも分かるISO入門

ISO取得・運用ガイド

ISOを初めて取得する方や運用中の方のお悩みを基礎知識から実際の取得・構築・運用・継続や更新についてステップ形式で解説していきます。気になる費用などの情報も満載です。

こんな方に読んでほしい

  • ISOを初めて取得する方
  • すでにISO運用中の方

自社取得、自社運用、アウトソーシングをするための基礎知識や流れをご説明します。

インタビュー

信頼度アップを実現!老舗ファクタリング会社の新たな取り組み

ISOプロ講座 HACCPプロ講座 HACCPセミナー マンガで分かるISOプロ お電話での問い合わせ コンサルタント募集
WEB相談