【建設業必見】絶対得する!ISO14001取得のメリット

著者:ISOプロ担当者
投稿日:
更新日:2020年04月24日

  • ISO14001を認証取得することは、環境保護に加え企業の利益に繋がってくる
  • 省エネ実践することで、光熱費や社用車の燃料費、消耗品購入費を削減することができる
  • 入札や受注における必須条件として提示でき、仕事量を増やせる

建築・建設業にとってISO14001を認証取得することは、企業の利益に繋がってくるのです。ISO14001は環境対策に適した国際規格と言われていますが、実は環境保護の貢献の作用によって大きなメリットが生まれます。
具体的には、省エネ実践による光熱費削減、消耗品購入や社用車燃料費のコスト削減、顧客や取引先の増加などです。

ISO14001認証取得によるこれらのメリットを詳しく紹介します。

ISO14001は省エネ・コストダウンの仕組み作りのための規格

ISOの14001を導入することで、会社はより環境にやさしい運営をすることができます。建築・建設においては、大規模な建造物を生み出すと同時に、多量の廃棄物を出すのもまた事実です。事業により利益が発生しても、同時に自然を乱すきっかけとなっているともなると、あまり理想的とはいえません。

こと環境保護への注目が高い昨今に至っては、顧客や第三者からマイナスな印象を持たれることにも繋がりかねません。14001を取得して、社員全体で規格を理解し、環境にやさしい取り組みがおこなえれば、そうしたリスクも大きく軽減できます。

ですが、ISO14001の根本的な目的はそれだけでもありません。

14001による企業にとっての大きな有効性として、環境保護への取り組みをおこなうことで、余分な出費を低減できるといった部分が挙げられます。強いていえば、環境への影響はさておき、コストダウンするための規格といっても過言ではないのです。そう考えれば、利益が最大の目的である会社としては、導入しない手はないといったところです。

環境への理解・興味が高い会社という評判に繋がり、さらにはコストダウンして余分な出費を抑えられる、効率的な国際規格なのです。

ISO14001のコストダウンの効果

まず一つに、省エネ実践による光熱費削減が挙げられます。規模の大きい会社ともなると、社内の基本的な照明設備のみでも費用はかなりのものです。ですが、14001の規格に従い効果的に省エネ実践することで、コストダウンへと繋げられます。

エネルギー使用が抑えられれば、使用料の節約に加え、地球温暖化防止という環境貢献も期待できます。温暖化防止が、自然に社内の光熱費削減に繋がる。これぞまさに、ISOの14001ならではの嬉しいメリットにおける代表例です。

次に、消耗品購入費を抑える効果です。例としては、印刷用紙が挙げられます。社内では、毎日多量の紙が使用されるかとおもわれます。

ですがこのとき、紙の裏面も使用するといった工夫もおこなうと、用紙購入費は単純計算で二分の一に抑えられます。さらには、紙そのものを使わず、資料等はすべてパソコン上閲覧に統一するといった策も盛り込めば、コストダウン効果はさらに増します。

そしてもちろん、こちらも環境貢献の効果が期待できます。紙の原料は木なわけですから、森林伐採を少しでも減らすことに繋がり、それはある種、緑を守ることとも言い換えられます。緑を守ることが、消耗品購入費やコピー機維持費削減に繋がるという、わかりやすいメリットといえます。

またその他、社用車の燃料費を抑えることも、コストダウンに繋がります。現在使用している車を、環境に優しい高燃費車に切り替えることで、毎月使用する燃料代が抑えられます。排ガス低減と同時に、燃料も効率的に使用できます。もちろん、建築・建設の現場では重機なども多数使用するわけですから、そちらに関してはある程度目をつぶる必要もあります。

とはいえ、少なからずのコストダウンに繋げられていることに変わりはありません。実施して損のない省エネ策といえるでしょう。

ISO14001で実現できる利益改善

さて、前述ではコスト面を抑える効果をご紹介しましたが、14001が会社にとって有意義に働く部分はそれだけでもありません。実は、利益そのものを改善する効果にも期待できます。

例えば、入札や受注における必須条件として提示できることです。近年はISOの重要性や認知度の高まりから、仕事を依頼する上で、取得の事実がなければならないといった条件設定をしている顧客や取引先、行政も少なくありません。

ISO9001がその条件として知られていますが、14001もまた同様に扱われることが少なくありません。

すなわち、純粋に取れる仕事量を増やせるというわけです。また、世間に対する印象がアップするという部分も利益へと繋がります。顧客となる人に良い印象を持ってもらう、また世間体の良い会社と取引することは、依頼側にとってもメリットとなります。利益を向上、改善する上でも、取得検討して損のない存在となっているのです。

ISO14001は、環境貢献をおこなうと同時に、コストダウンや利益改善といった有益な効果も期待できます。既存の業務にプラスして理解、実践することは容易でないかもしれませんが、その価値は十分にあります。

特に、建築・建設業界を存続していくにおいてなくてはならない付加価値ともなっている昨今においては、取らない手はないといったところです。

状況を判断した上で、効果的に導入してみてはいかがでしょう。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

ISO14001入門

【ISO14001入門】規格の詳細から要求事項・取得のノウハ…

ISO取得・運用ガイド

ISOを初めて取得する方や運用中の方のお悩みを基礎知識から実際の取得・構築・運用・継続や更新についてステップ形式で解説していきます。気になる費用などの情報も満載です。

こんな方に読んでほしい

  • ISOを初めて取得する方
  • すでにISO運用中の方

自社取得、自社運用、アウトソーシングをするための基礎知識や流れをご説明します。

インタビュー

【コニカミノルタジャパン】ITソリューション事業の積極展開へ向けISO取得

ISOプロ講座 HACCPプロ講座 HACCPセミナー マンガで分かるISOプロ お電話での問い合わせ コンサルタント募集
WEB相談