2015年版のISO14001持っている建築業者と持っていない業者の違い

5cb79fc4ca05f0160714b0a2939cb8b7_s

最近日本では近隣諸国の環境問題がニュースになることが多く、近くの国が環境に配慮しない産業やり方をしていて、その悪影響を受ける可能性があると考えると、非常に不安な気持ちになっている人が大勢いらっしゃいます。しかし考えてみると日本も数十年前には様々な公害が発生しており、産業廃棄物の問題など環境に関する認識が非常に甘かった時代があったことも事実です。それがこの数十年で非常に環境に配慮する感覚や認識が培われてきたのは喜ばしいことと言えます。

どのような企業でも環境に配慮そ示すことは重要ですが、わたしたちの身近な企業としては建設関係や建築業者、土木業者なども普段から環境を考えて仕事をすることが求められている職種です。環境に配慮した企業の取り組みというものは第三者から見るとなかなか形として見えにくいものですが、かなりの企業にとっては2015年版ISO14001を取得することが環境への取り組みをアピールする方法ともなっています。

■建築業者のISO14001

建築業者でISO14001を持っている業者と持っていない業者ではその仕事の仕方にかなりの違いが出てきます。建築の世界では資材に関しても廃棄物に関しても非常にムダが出やすかったりという背景があるので、ISO14001を正しい認識で実施することによって省エネ、コストダウンの仕組みを作り出すことが可能になります。建築業界においてコストダウンが可能かどうかというのは顧客にとっては価格の変化や工期の長短を左右するものともなりますので大きな違いが出てきます。

建設関連の企業においてはISO14001の取得は難しいという印象を受ける企業も多かったようですが、多くの場合信頼できるコンサルティング会社を見つけることによってそのような悩みは解決します。審査費用も安くて信頼できる審査会社を見つけることも重要です。環境マネジメントシステムの導入が自分たちの仕事を難しくすると考えるのではなく、省エネ、コストダウン、さらにはビジネスチャンスにもつながることを意識する必要があります。認証取得の費用を下げる方法としていくつかの建設業者にて合同でISOのコンサルティングを受けるという方法もありますので、同じ意識を持つ仕事仲間と共同でこの認証の取得を目指すというのも良いでしょう。

■環境マネジメントシステムの取り組み

建設関係で環境マネジメントシステムの取り組みをする場合具体的にどのような目標を設定して取り組んでいる方たちがいるのでしょうか。例えば工事の手戻りや工期の遅れという問題に取り組み、それを減らすという目標を設定している企業があります。本来の工期で終えていれば使わなかった資源やエネルギーを守るという意味で環境マネジメントシステムの目標として設定することができます。他にも事故件数の削減なども環境に関係してくるのでISO14001の目標として掲げることができます。

公共事業において縫う札の条件としてISO取得を加える動きがあるために、ISO取得に動き出している建設業の企業も増えているようです。ただしISOの導入は各種手続きに加え、その意識付けが非常に難しい場合があり、せっかく取得しても従業員の間に認識として植え付けられないということもありますので、ISO規格取得に関するコンサルを開いてもらったりと、全員の意識や知識を高める努力が必要になるでしょう。また環境マネジメントシステムを導入することが会社にとって、個々にとって、社会にとってどんな意味を持つかを皆が理解し共有することも必要になってきます。

■ISO社内セミナーを利用する

ISO社内セミナーを開催しているコンサル会社などではISOとはそもそもどのようなものかからはじめて、建設の世界でどのようにこのマネジメントシステムが取り組まれているか現在の状況などを専門分野別に説明してくれます。そして企業としてISOの取得をどのように営業の戦略として活かせるか、実際にどのような取り組みが必要になって、費用対効果はどのようなものかなどもセミナーで教えてくれます。

こうした取り組みが増えて認知されればされるほど、ISOを持っている建設業者と持っていない業者の違いが明確になってきたり、依頼する企業を選ぶ時のユーザーや元請け業者の判断基準としてこうした要素が考慮されることにもなりますので、今企業の管理体制を強めるためにも環境マネジメントシステムに関する知識を取り入れておくことが必要になります。

建設業はどうしても資材やエネルギーを大量に用いる職業の分野になりますので、中小企業は特に真剣に環境問題への取り組みを実施していることをアピールするためにもこうした公の認証を得ることに注意を向けるのは良いことです。ISO9001と合わせて取得することを考えている企業も多いと思いますので、まずは内容をしっかり理解するための合同研修などに参加してみるのはいかがでしょうか。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

関連するおすすめ記事