HACCPシステム構築の手順 第8講座 検証プランの実施

投稿日:

ISOプロ担当者

最終更新日: 2019年08月02日

検証プランの実施

検証プランの実施においては、検証の目的、方法、頻度及び責任を規定し、検証の目的、方法、頻度及び責任を文書化します。
検証プランの実施では、システムを一定期間運用して、構築したHACCPシステムが決められた通りに実施されて有効で、食品安全を担保できているのか、運用の全てを検証しなければなりません。
検証プランの実施で下記の5項目について検証します。

  • a) PRPが実施されているか。
  • b) ハザード分析へのインプットが継続的に更新されているか。
  • c) オペレーションPRP及びHACCPプランの要素が実施され、また効果的であるか。
  • d) ハザードレベルが、明確にされた許容水準内にあるか。
  • e) 組織が要求しているその他の手順が実施され、効果的であるか。

検証の記録は文書にして、食品安全チームの分析のためのデータとして提供されます。

この検証プランの実施は食品安全システムの有効性と改善のために重要なことです。しかしながらISO22000の内部監査とは違い、検証は現場の食品安全システムだけを対象として規定文書に従って運用しているかがポイントですが、内部監査の対象は組織のシステム全般わたり、組織の役割を果たしているかという点も関連してくるところです。

⑪検証プラン 実施 結果 対策書

この記事の著者
清水正敏(ISO マネジメントシステム構築運用コンサルタント /ISO 品質システム&食品安全システム審査員)
平成15年ISO品質システム審査員登録、平成20年からQMS 審査員としていくつかの審査機関の審査に従事。システム論と問題解決技法とを統合したマネジメント手法によるマネジメントシステム構築と運用の支援を標榜し、コンサルタント及び研修講師、審査員を勤める傍ら、取材・文筆など多方面で活躍。主な著書は『竹輪の頭はどっち?!』(メタブレーン)『ISO 審査革命』(オンブック)など。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

人気記事( HACCPプロ講座)

1
2
3
4
5
6
7
8

関連するおすすめ記事


ISOプロ講座
HACCPプロ講座