製造業でISO9001の規格を正しく理解することの大切さ

投稿日:

ISOプロ担当者

最終更新日: 2018年10月29日

9e9a73a6b423a0ee9d6015b8663640de_s

9001は、ISOこと「International Organization for Standardization」の中でも特によく見かけることのできる規格です。

製造業と一口にいっても、種類は多種多様です。その中においても、多くの業態にあてはまる存在であるためです。ISOを取得することは、同時に世界的信用を得られることともなります。

日本国内でも認知度は高く、業者間や世間に対する信用を高める上で効果的な存在ですが、そもそもこれは世界基準の国際的規格であるためです。国にとらわれず通用するシステムに沿って製造しているということは、グローバル視点においても信頼できる製品が作られているともいえます。

世界に展開できる製品を作る製造企業という肩書きは、仮に実際そうしていなくても魅力的な付加価値を与えます。特徴、さらには本質をしっかり把握して、自社価値を向上させる武器として取得検討してみてはいかがでしょう。

ISO9001の目的は顧客満足

ISO9001は、品質マネジメントシステムです。業態にとらわれず、あらゆる製造企業での品質維持、向上に繋げられる。これこそが、冒頭でも触れたISOの中でも特にこのシステムが多く見られる理由です。

品質と名が付くからには、やはり製造する製品そのものの質をマネジメントすることに役立てられます。ですが実際のところ、このシステムが機能するのは製品そのものでなく働く人間に向けてです。組織や計画を整理し、立場や権限を明確化することで、効率的に会社組織を回すことができます。これにより、生み出す製品の品質もまた維持に繋げるというものです。

とはいえ、これにより達成すべき目的は、社内のクオリティのみと考えてはいけません。重要なのは、組織や製品の品質を維持・向上させることにより、顧客満足実現に繋げられる点です。製造業において、また他業種を含めても、ビジネスを成立させる上で顧客の存在は不可欠です。

ISO9001を導入していれば、不適合製品の流通を水際で阻止し、また万が一そこからクレームが発生した場合でも、スムーズに対処するための準備を心得ることができます。品質そのもののマネジメントに留まらず、顧客満足までも管理する。これこそが、9001というシステムの大きなポイントです。

理解しないといけないことは規格の本質

ISOは、あくまで規格であり、目に見えない存在です。ここでポイントとなるのが、システム内容、さらに前項のような本質面を、しっかり理解しておかなければならないということです。これは会社のトップや重役のみに留まりません。管理職、さらには一線で動いている作業員もまた、共通して理解しておくことが大切です。9001で管理する部分は、大部分が組織です。そのため、一人でも意識を共有できていなければシステムの効果的な機能には至れません。

社員全体での本質共有の方法としては、マニュアルや社則に要点を組み込むことはもちろん、やはり常日頃から意識のすり合わせを重ねることが大切です。特に、目の前の作業へ没頭している作業員としては、組織的な観点からの考え方を維持することは難しいです。

リーダーや重役が効果的にアナウンスすることで、常にISO9001の本質を意識づけておくべきです。

自社のルールに規格を応用していくことが大切

ISO9001実践のために何かをしなくてはならない。そうした指示の仕方は、ある意味有効でないかもしれません。ISOという名称は、冒頭の通り製造業界の人間から、一般人にまで浸透しているわけですが、こと、それが何かをしっかり把握している人ともなってくると、かなり少数派でしょう。そこへきて、ISOという存在を強く押されたところで、把握するのは難しいです。

大事なのは、自社で確立しているルール内に自然に盛り込み、通常作業の流れで実践できるような環境を構築することです。あくまでISO9001というのは、それ自体が重要なわけでなく、このシステムを自社システムに応用し、最適な形で実践できるかというのが大切です。そのため、9001という型枠は一旦取り去り、ルールにフィットする形へと置き換える方が効果的となります。

システムにとらわれすぎることなく、理想的な形に変えて組織へと浸透させていく。これもまた、製造企業をまとめる人間、取り仕切る人間の手腕といえるでしょう。

ISO9001は、数あるISOの中でも広く知られた存在です。また、あらゆる業態で導入できる種類に属するため、いかに自社に見合った形で浸透させていけるかがポイントとなります。重要なのは、品質マネジメントシステムではあるものの、あくまで「顧客満足」を目的とした規格であることの共通認識です。これが社内全体で共有できていなければ、システムの良さを最大限に発揮できないかもしれません。

社内ルールへ自然に盛り込み、働く人間が無理なく実践できる、そんな存在へと柔軟に形状を変化させるべきです。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

人気記事( ISO9001コラム一覧)

1 4af6023ff2cf415feeab37f12c15bfa6_s

ISO9001継続の費用について

2017年07月10日

37,102 Views

2 businessman-3300907_1280 (1)
3 6613abb71ce6138c6a828f5bdc38eda1_s
4 black-and-white-cogs-gears-159298 (1)
5 328d2fd3e17d618b21ef8d780b5976f9_s

ISO9001取得企業のメリットとは?

2016年11月14日

4,385 Views

6 board-3695073_1280 (1)
7 2-1-600x203
8 mark-516279_1280 (1)

関連するおすすめ記事