先進事例に学ぶISO14001の活用研修の内容

01abf86438839a01b97ba423838a88ad_s

ISO14001の改定は日本における企業の環境問題への取り組みのさらなる効率化や意識の向上を見込める規格として注目を集めています。建築や建設業界、土木関係の仕事に受持する企業にとってはこの規格取得の有無は企業イメージを向上させることに貢献するだけでなく、それ以外のISO規格との連携によって更なる企業としての成長を期待できるものとして注目されています。しかし、一方でISOを取得したものの、それを企業としての活かしきれていない場合もあるようです。そこで、ISO14001を取得して企業としての成長に取り入れている企業の先進事例を踏まえ、この規格の活用法を理解しておきましょう。

組織改革に乗り出す企業にとっての重要性

ISO14001は組織を改革したいと願う企業にとって重要なISO規格となりえます。先進事例として、ある企業では、各事業所の現状に見合わないマネジメント体制から管理体制もとても構築されているものとはいえず、企業としてのモチベーションも低下傾向にありました。そこで、活用するよう思い立ったのがISO14001です。環境に特化した国際規格でありながら、ほかのISO規格とも共通の基準を持つこの企画を取得することで、企業としてのマネジメント体制の根本的な見直しが図れると踏んだからです。その一つのポイントとして、この企画を用いて各社内組織の活動範囲と責任の範囲が明確化されました。また、今後の企業の態勢を根本から見直すうえで大きな変革が求められるとしても、この新しい企画に準ずるならば、かなり柔軟に組織改革が行えるという期待もありました。こうしたベースとして利用できるISO規格であることがISO14001の大きな魅力の一つといえるでしょう。

具体的な施策

ISO14001によってより具体的なコスト制限や、対策を図ることが可能となります。特に改正後は事業計画の達成によって生じるリスク評価のシステムや、PDCAリサイクルの実施などが要求事項に組み込まれていることによって、企業としては本来当たり前の事として行うべき基本的な事柄がはっきりと明記されるようになったため、より明確に意識付けすることに成功しています。目標達成のための具体的な施策や、リスクの分析、様々な支援体制は企業の発展のためになくてはならない要素でありながらも、日々の業務に追われてしまうとあと回しになってしまう分野でもあるかもしれません。そうした企業の命綱ともいえる事柄に対する明確な基準と要求は起業としてのマネジメントの品質の保持や改善において不可欠なものといえるでしょう。

こうした具体的な方法を用いて、それまでは責任や役割が分散されてしまい、結局は中途半端な状態でやりくりしていた様々な業務を、明確な責任所在と具体策を実行するための役割分担によって組織を一本化することに成功しました。このような組織としての抜本的な意識の改革と、問題の克服は、それぞれの役割におけるレベルの向上にも大きく貢献しています。また、環境に関する取り組みを、問題が生じる前に徹底的に予測して事前に対策を講じる方法によって、経営上もメリットとなる資源の節約や、必要経費の削減等、利益追求する企業としても十分な成果を上げることができました。こうした一本化された組織構造によって、それまでは上長にまで伝わらずに現場レベルでうやむやにされてしまっていた問題も、報告されるようになり、企業としてはより現場の状況を知ったうえで必要な措置を講じることができるようになりました。さらに、事前によくシミュレーションをして企業全体の今後の発展を考えるため、潜在的なリスクにも目が留まりやすくなりました。潜在的なリスクは、深く考えないと気づくことも難しく実際にそのリスクが問題として表面化した際には予想外の人件費や時間、労力が消費されることになります。そのような危険を事前にふさぐ役割も果たすこの規格を取得することは今後ますます企業にとって大切なこととなるでしょう。

こうした企業内の意識改革は結果として組織改革に柔軟に対応できる人材の育成にも貢献しています。また、企業としての財産ともいうべき長年にわたる経営経験、専門的な知識などを効率よく確実に次の世代にも継承できるようになっています。ですから、この規格の取得は今だけでなく、今後何十年にもわたり企業の成長を支えるものとして期待できるのです。

活用の仕方は研修で学ぶ

こうした先進事例におけるISO14001の活用方法は、社内における十分な研修によって企業全体で共有することができます。特にこの規格には、社内のコミュニケーション戦略の策定も追加されており、矛盾することなく一貫して互いに自分の役割や責任を認識したうえで様々な取り組みを行うようにも促されているため、先進事例における適正なISO規格の活かし方を共有することは企業発展のために不可欠な要素といえるでしょう。

このようにとりわけ改定されたISO14001は企業にとって大きなイメージの向上となるだけでなく、経営上の無駄を省き利益を上げることや、より有用な人材の育成にも貢献する優れた規格として注目されているのです。

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

関連するおすすめ記事