汚染の予防とは、油類、薬品類、自然環境の破壊などによって発生する環境汚染(公害)を予防すること。つまり、環境破壊や公害の原因になる「環境負荷」を低減するという意味。