【ISO45001】安全衛生計画書とは

投稿日:

ISOプロ担当者

最終更新日: 2019年10月17日

cyber-security-2765707_960_720 (1)

ISO45001のマネジメントシステム認証を取得する上で、安全衛生計画書を作成することがありますが、記載のルールが細かくてなかなか作成することができないという方も多いかもしれません。

今回は、安全衛生計画書とはどのようなもので、どのように作成していけば良いのかということについて解説していきたいと思います。

安全衛生計画書とは?

安全衛生計画書とは、労働者が安全に働くことができる職場環境を構築する上で欠かせない書類の一つです。安全衛生計画書には、主に以下のような内容を記入していきます。

  • 安全衛生方針
  • 安全衛生目標
  • 安全衛生上の課題及び特定したリスク
  • 安全衛生計画
  • 作業所共通の重点施策・実施事項
  • 安全衛生行事
  • 安全衛生管理体制

上記をご覧いただくとわかるとおり、安全衛生計画書には労働安全衛生マネジメントシステムを構築する上で軸となる部分を記入していくのです。

この書類の目的は、「労働安全衛生水準の向上」や「労働安全衛生上のリスクの把握」以外にも、「労働者の安全意識の向上」、「労働者への周知」、「マネジメントシステムの運用の円滑化」があります。

では、この安全衛生計画書に記入する内容はそれぞれどのようなものなのでしょうか?

安全衛生方針

安全衛生方針は、労働安全衛生マネジメントシステムが「どのような役割を持つのか」ということを記入します。マネジメントシステムの構築には現場や管理者の協力が不可欠ですが、現場の管理者や全ての従業員がこの方針を念頭において労働することをイメージすると良いでしょう。

具体的には、

  • 設備の安全化を図るとともに、労働者及び関係者にとって快適な職場環境を形成する
  • 労働安全関連法令及び当社の安全管理規程を全従業員が遵守する

といったことを記入します。

安全衛生目標

安全衛生目標とは、ある特定のリスクに対してどのような取り組みを行い、どのような数値目標を達成するのかということです。安全衛生目標はマネジメントシステムを評価する基準にもなりますので、達成度合いを計測するために具体的な数値目標を設定して記入する必要があります。

具体的には、

  • 安全帯の不使用率を0%にする
  • 重機使用時の周囲立ち入りを0にする
  • 労働災害の発生件数を前年比の10%以下にする

といったことを記入します。

安全衛生上の課題及び特定したリスク

安全衛生上の課題及びリスクとは、前年度の工事状況や過去の労働災害事例から課題を抽出し、そこから明らかになったリスクについて記入します。

具体的には、

  • 作業手順が労働者に周知できておらず、リスクアセスメントが十分に実施できなかった
  • 足場からの墜落による事故が多かった。

といったことを記入していきます。

安全衛生計画

安全衛生計画では、安全衛生目標で定めた目標を達成するために行う具体的な施策を設定します。安全衛生計画には、具体的には以下のような項目を記入していきます。

重点施策

重点的に管理を行い、実施する施策

実施事項

重点施策について、具体的な行動にまで落とし込んだもの。

管理目標

重点施策に関する数値的な目標。施策実施後の確認や改善の基準となるもの。

実施担当

重点施策の実施を行う責任者

実施スケジュール

実施事項を行うスケジュール

評価スケジュール

実施した内容とその結果を評価・確認するタイミング

実施上の留意点

実施にあたって心がけておくべき留意点

作業所共通の重点施策・実施事項

全作業所における共通の重点施策と実施事項。それぞれの書き方は、上記の安全衛生計画と同一です。

安全衛生行事

安全衛生行事とは、交通安全運動や火災予防などの業界全体で取り組む安全衛生関連の行事や安全協議会などの自社内で行う行事について月ごとに記載します。

安全衛生管理体制

安全衛生管理体制には、安全衛生に関する担当者や管理者の役職名や氏名を記載します。人選については自社の労働安全衛生マネジメントシステムを運営する上で適切だと思われる人物で良いでしょう。

まとめ

安全衛生計画書は労働安全衛生マネジメントシステムを構築する上で基幹となる書類です。マネジメントシステムを構築するためには、トップマネジメントだけでなく労働者の協力が不可欠であるため、安全衛生計画書は現場に提示されることも多くなるでしょう。

安全衛生計画書が自社の安全衛生のカギを握っていると考え、しっかり書類作成に取り組むようにしましょう!

ISOプロでは月額4万円から御社に合わせたISO運用を実施中

ISOプロではISO各種の認証取得から運用まで幅広くサポートしております。

また、マニュアル作成など御社に合わせたムダのない運用を心がけており、既に認証を取得しているお客様においてもご提案しております。
サポート料金においても新プランを用意し、業界最安級の月額4万円からご利用いただけます。

人気記事( コラム)

1 693
2 1612thum
3 4af6023ff2cf415feeab37f12c15bfa6_s

ISO9001継続の費用について

2017年07月10日

36,668 Views

4 businessman-3300907_1280 (1)
5 study-2208047_1280 (1)

OPRPとは?PRPと何が違うの?

2019年05月01日

15,907 Views

6 6613abb71ce6138c6a828f5bdc38eda1_s
7 haccp-course_5-1
8 391

関連するおすすめ記事