危害要因分析 キガイヨウインブンセキ

著者:ISOプロ担当者
投稿日:
更新日:2019年08月12日

危害要因分析とは、HACCPにおいて食品に残存する可能性がある危害要因をすべて洗い出す作業のこと。

HACCPは危害要因分析(Hazard Analysis)と重要管理点(Critical Control Point)の頭文字をとったものであるが、基本的な考え方は重要管理点を適切に運用することで分析の結果得られた危害要因を除去・低減するというものである。この中で重要になるのが、危害要因分析である。

記事に戻る
インタビュー

自社リソースはお客様のために!ISO取得のアウトソーシングという選択

ISOプロ講座 HACCPプロ講座 HACCPセミナー マンガで分かるISOプロ お電話での問い合わせ コンサルタント募集
WEB相談